ホーム > 新着情報一覧 > 学生・卒業生の活躍 > 文化政策学科 舩戸ゼミが今年も東海社会学会主催の「社会調査インターカレッジ発表会」に参加します

学生・卒業生の活躍


文化政策学科 舩戸ゼミが今年も東海社会学会主催の「社会調査インターカレッジ発表会」に参加します

公開日:2019年10月23日
東海地方の社会学研究者で主に構成される「東海社会学会」では、毎年、「社会調査インターカレッジ発表会」を開催しています。これは、大学の授業やゼミで社会調査を実施した学生による調査発表会です。

「第13回社会調査インターカレッジ発表会」ポスター[PDF:721.2KB]

「第12回社会調査インターカレッジ発表会」ポスター画像

今回の「第13回社会調査インターカレッジ発表会」は、10月26日(土曜日)に金城学院大学で開催され、本学をはじめ名古屋大学・名古屋市立大学・中京大学・愛知大学・岐阜大学など8大学が参加します。

本学からは、文化政策学科の舩戸ゼミが参加し、「浜松市の中山間地域(天竜区佐久間町)における〈他出子〉をめぐる意識調査」というタイトルで、現在、ゼミで取り組んでいる浜松の中山間地域の集落調査の結果について発表します。

発表日時:10月26日(土曜日)午後2時15分から午後4時20分
発表場所:金城学院大学 W2 号館 1階 106号室

今回の発表会は、申込みならびに参加費は不要です。

ご興味のある方は、是非、ご来場ください。

昨年の「第12回社会調査インターカレッジ発表会」の様子

ゼミ学生が発表を行う会場の光景の画像4点
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です(無償)。Adobe Readerをインストールすることで、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。「Get ADOBE READER」のボタンからダウンロードしてください。
Get ADOBE READER(別ウインドウで開く)
[発行部署:地域連携室]