ホーム > 新着情報一覧 > 学生・卒業生の活躍 > イタリア・ボローニャ大学留学の報告会が開催されました。(11月20日開催)

学生・卒業生の活躍


イタリア・ボローニャ大学留学の報告会が開催されました。(11月20日開催)

公開日:2019年11月22日
昨年9月から1年間、イタリア・ボローニャ市にあるボローニャ大学に留学した学生による報告会が開催されました。
報告したのは、児玉幸音さん(芸術文化学科4年)と太田沙耶さん(国際文化学科3年)の2人です。授業や生活、それぞれの活動についてパワーポイントを使用して紹介しました。

児玉 幸音さん(芸術文化学科4年)

ボローニャ大学での留学経験を報告する児玉さん

もともとオペラや舞台芸術に興味があった児玉さん。オペラ発祥の地で学びたいと、イタリア留学を決めました。

児玉さんが在籍したのはボローニャ大学総合芸術学科(DAMS, Discipline delle Arti, della Musica e dello Spettacolo)で、大学附属の語学学校(CLA, Centro Linguistico di Atene)でイタリア語を学んだ後、19世紀音楽史や音楽劇における作劇法などの講義を受講しました。ボローニャ大学での学びは、その土地柄もあり、授業で扱う作品や劇場建築などを実際に現地で観ることができ、出演者の息遣いや会場の熱気を体感しました。
ボローニャ大学での留学経験を報告する児玉さん

課外活動としては、ボローニャ大学附属合唱団(Collegium Musicum Almae Matris, The Choir)で活動。半年の研修期間を経て、オーディションを受け正団員となりました。教会やホールなどでの公演に出演するほか、ドイツなど他大学とのコラボレーションやソリストとの共演も果たしました。

そのほかにも、美術家・烏丸由美さんのもとでインターンシップも経験。ボローニャに来ている他の日本人留学生とともに、ボローニャ市とボローニャ近現代美術館が主催したアートイベントで、烏丸さんが自身のアトリエで企画したアート・パフォーマンスに主要メンバーとして参加しました。その後も児玉さんは烏丸さんのアトリエで研修生として、木枠パネル制作や、カンバスの下地作り、作品梱包や、アーカイブの整理などに関わり、アーティストの作品への思いを間近に感じることができたといいます。
様々なことを経験し、学び、吸収した1年という児玉さんは、今回の留学で人との出会い、学びへの情熱を得ることが出来たと話していました。未知の世界へ飛び込むのは怖いものですが、小さな勇気を大事にして、これからも一歩踏み出すことを大事にしたいと締めくくりました。

太田 沙耶さん(国際文化学科3年)

ボローニャ留学の報告をする太田さん

太田さんは大学入学前から、地元の静岡県伊東市と姉妹都市提携を結ぶイタリア・リエティ市に関心があり、イタリア留学を目指しました。
2年後期から3年前期まで、ボローニャに留学しました。

ボローニャ大学は総合大学として市内に校舎が点在しており、その中で太田さんが通う校舎は13世紀に建てられた元修道院という歴史的な建造物でした。総合芸術学科(DAMS)で建築や芸術に関する科目を履修し、「中世・近世建築史」と「ヨーロッパ比較芸術史」の単位を取得しました。

 

ボローニャ留学の報告をする太田さん

ボローニャ大学での試験は、教員との一対一での口頭試験が中心で、ただ暗記をして臨む試験とは違い、講義内容が自分の知識として身について自信を持つことができたといいます。「ヨーロッパ比較芸術史」のテストでは2ヶ月かけてイタリア語の本を読み、中世を中心に教会の壁画や装飾に用いられている技術、画家や彫刻家の生涯とその影響、社会的な背景について準備しました。

また、ボローニャ大学の学生がアルバイトをせず、講義に集中し、図書館で長時間勉強に取り組む様子に感動して、いっしょに遅くまで勉強したという太田さん。美術史や建築史は、座学だけでなく、街に出て行き実際に作品を見ながら講義を受けることもあり、イタリア・ボローニャだからこそできると感じたそうです。

大学やCLAでの授業のほかに、実践的なコミュニケーション力をアップするため「毎日イタリア語で誰かと話す」ことを目標とし、毎朝バール(BAR、イタリアのカフェテリア)に通って地元の人たちと会話を交わしました。さまざまな世代の人と交流して、街や旅やイタリアの社会について情報を得たということです。

帰国後は卒業論文のテーマとして、伊東市とリエティ市の友好関係の強化と姉妹都市交流について調べています。今後も日本とイタリアの友好の架け橋として活躍したいと話していました。
ボローニャ大学留学の報告をした児玉さんと太田さん
ボローニャ大学留学の報告をした太田沙耶さん(左:国際文化学科3年)と児玉幸音さん(右:芸術文化学科4年)
ボローニャ大学(イタリア)について

1088年の創立で「世界最古の大学」とも言われる国立の総合大学です。イタリアのエミリア・ロマーニャ州の州都であるボローニャ市にあり、在籍学生数は8万人を超えています。2014年に本学と交流協定を締結し、留学生の派遣を開始しました。

本学の国際交流について
[発行部署:教務・学生室]