ホーム > 新着情報一覧 > 学生・卒業生の活躍 > 文化政策学科・舩戸ゼミが天竜区佐久間町のイベント「フェスタ佐久間」において喫茶店「おもいで kissa はなさくま」を企画しました

学生・卒業生の活躍


文化政策学科・舩戸ゼミが天竜区佐久間町のイベント「フェスタ佐久間」において喫茶店「おもいで kissa はなさくま」を企画しました

公開日:2019年12月12日
喫茶店「おもいで kissa はなさくま」チラシ画像

浜松の中山間地域の集落について研究している文化政策学科・舩戸ゼミでは、11月10日(日曜日)、天竜区佐久間町のイベント「フェスタさくま」において、地元出身の若者と一緒に「おもいで kissa はなさくま」という喫茶店を企画しました。

この喫茶店では、佐久間に帰省する佐久間出身者に来場していただき、佐久間町の思い出を持ち寄ってもらい、それを付箋に書き込んで「佐久間おもいでMap」を作成しました。当日は多くの来場者がおり、付箋いっぱいのマップを作成することができました。また懐かしい昔の写真を持ってくる佐久間出身者もいました。

舩戸ゼミでは、中山間地域の出身者である子どもが実家に頻繁に帰省し、実家に居住する親への生活を支援し続ければ、人口が減少しても集落存続の可能性が高まるのではないかと考えています。今後は、この地図を活かしながら、故郷への思いを共有した佐久間出身者のネットワークを作り、佐久間の地域づくりに貢献できればと考えています。
このイベントの様子は、2019年11月14日の静岡新聞でも紹介されました。
[発行部署:地域連携室]