ホーム > 新着情報一覧 > 学生・卒業生の活躍 > 地域連携演習「引佐耕作隊」が「第17回オーライ!ニッポン大賞」を受賞しました

学生・卒業生の活躍


地域連携演習「引佐耕作隊」が「第17回オーライ!ニッポン大賞」を受賞しました

公開日:2020年3月31日
本学学生が2016年4月から取り組んでいる浜松市北区引佐町の久留女木(くるめき)の棚田での米作りプロジェクト「引佐耕作隊」が、今年度の「第17回オーライ!ニッポン大賞」で、グランプリ(内閣総理大臣賞)、大賞に次ぐ「審査委員会長賞」を受賞しました。
この「オーライ!ニッポン大賞」とは、「オーライ!ニッポン会議(都市と農山漁村の共生・対流推進会議)」が主催し、毎年、都市と農山漁村の交流を盛んにする活動に積極的に取り組んでいる組織団体や個人を表彰するものです。
今回は93件のエントリーがあり、民間企業や法人団体が表彰されるなか、唯一の学生組織として受賞しました。
静岡県内に限って言うならば、2016年度に浜松市天竜区の熊地区の「NPO法人夢未来くんま」が大賞を受賞して以来、4団体目になります。
今後も、引佐耕作隊では、久留女木の地域住民の方々の協力のもと、米作りを通じて棚田の文化的価値や歴史的価値を発信していきたいと考えています。

オーライ!ニッポン大賞パンフレット[PDF:1.7MB]

PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です(無償)。Adobe Readerをインストールすることで、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。「Get ADOBE READER」のボタンからダウンロードしてください。
Get ADOBE READER(別ウインドウで開く)
[発行部署:地域連携室]