ホーム > 新着情報一覧 > 学生・卒業生の活躍 > 本学卒業生の漫画家・まるかわさんが来学し最新刊を献本されました

学生・卒業生の活躍


本学卒業生の漫画家・まるかわさんが来学し最新刊を献本されました

公開日:2020年3月27日
漫画家のまるかわさん(文化政策学部芸術文化学科卒)が本学を訪れ、著書「よろずの候(こう)」第3巻を横山学長へ献本しました。
最新刊を献本するまるかわさん

今回で「よろずの候」は最終巻。まるかわさんは第1巻刊行のときから学長への献本を続けており、学長からは「絵のタッチがだんだんとやわらかくなってきましたね。キャラクターの笑顔が素敵」とコメントがありました。

浜松市遠州地方を舞台にしている「よろずの候」は、まるかわさん自ら取材をしオリジナルのストーリーに仕上げているそう。第3巻では水窪地区が登場し、毎年10月に兵越峠で開催されている「峠の国盗り綱引き合戦」のようすが取材をもとに描かれています。

まるかわさんは、「方言を盛り込んだり、現地の風景や町なみを忠実に描いている。この漫画を読んで、今は遠くで暮らす人が懐かしい気持ちになってくれたら」と話していました。
献本するまるかわさんと学長
本を手に取る横山学長
まるかわさんと片桐教授
「よろずの候」第3巻表紙
「よろずの候」は、遠州地方を舞台に人間と妖怪、神様が織りなすのどかな日常を描いた作品。最終巻である第3巻は2020年3月25日より好評発売中です。

【書籍情報】
「よろずの候」第3巻
著:まるかわ

本体価格:670円(税抜)
[発行部署:企画室]