ホーム > 新着情報一覧 > トピックス > 地域連携実践演習「引佐耕作隊」が「平成29年度学生ビジネスコンテスト」で「努力賞」を受賞しました

トピックス


地域連携実践演習「引佐耕作隊」が「平成29年度学生ビジネスコンテスト」で「努力賞」を受賞しました

公開日:2018年2月13日
学生の活動を支援する一般社団法人学生サポートセンターでは、毎年「学生ビジネスコンテスト」を開催しています。

「平成29年度学生ビジネスコンテスト」において、120件を超えるビジネスプランの応募の中から、本学の授業の地域連携実践演習で棚田での米作りに挑戦している「引佐耕作隊」の活動が「努力賞」を受賞しました。

受賞プラン名は「耕作放棄地再生プロジェクト-「引佐耕作隊」による浜松久留女木・棚田米の商品化-」です。

その表彰式が2月7日(水曜日)、東京にあるナジックセミナーホール(渋谷区神宮前5-52-2青山オーバルビル15階)において開催され、代表者の文化政策学科2年の鈴木晴香さんが出席しました。

今回の受賞を踏まえ、次年度も、浜松・久留女木の棚田でのお米作りに励んでいきます。

 
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です(無償)。Adobe Readerをインストールすることで、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。「Get ADOBE READER」のボタンからダウンロードしてください。
Get ADOBE READER(別ウインドウで開く)
[発行部署:地域連携室]