ホーム > 新着情報一覧 > トピックス > グローバル人材&企業交流会が盛況のうちに終了

トピックス


グローバル人材&企業交流会が盛況のうちに終了

公開日:2018年2月19日
後期試験期間が終了したその翌日の2月14日(水曜日)午後4時30分から午後8時まで、本学の3階学生食堂にて、グローバル人材(外国人留学生、および留学経験や語学力を活かしたい日本人学生)&グローバル企業(海外ビジネスに取り組む静岡県企業)の交流会が開催されました。
交流会で飲食しながら話をしている参加者たちの画像

本学を会場に実施されるのは今回がはじめてで、1年前から企画をあたためてきました。参加費は無料で、学食には美味しい料理がたくさん並びました。

主催は公益社団法人ふじのくに地域・大学コンソーシアム、実施は公益社団法人静岡県国際経済振興会(SIBA=シーバ)、そして浜松市役所と浜松商工会議所が共催し、静岡文化芸術大学が後援しました。

諸団体のご協力により、学生65名、企業21社(社員31名)、関係スタッフ約15名と、総勢約110名の交流会となりました。学生は静岡英和学院大学、静岡県立大学、静岡産業大学、静岡大学&大学院、静岡文化芸術大学、日本大学国際関係学部、浜松学院大学、浜松日本語学院(五十音順)の学生たちで、遠方からの参加者も多くみられました。この交流会は、年齢も出身国も、得意言語も問わない会であるため、参加学生は学部の1年生から大学院生まで幅広く、非常に魅力的な会となりました。

プログラムとしては、SIBAの生嶋仁さんからPPを用いての全体説明のあと、企業21社からのプレゼンがありましたが、企業によっては英語でプレゼンをされたところもありました。学生さんは午後8時の終了時刻まで多くの企業のブースを訪れていました。

SIBAの水野さんによりますと、「お蔭様で盛況な会となり、企業のアンケートからも、今後つながりを持ちたい学生の名前が多く挙げられていました。今後は会社見学やインターンシップ等を通して、学生と企業が互いに時間をかけてマッチングを行っていく予定です」とのこと。

また、次年度も本学で開催されるようですので、みなさん奮ってご参加ください。
報告: 鈴木元子教授
会場全体の画像
歓談する参加者たちの画像
参加者たちがグループで話している画像
[発行部署:企画室]