ホーム > 新着情報一覧 > トピックス > 「春のJDP(自助具デザインプロジェクト)展」を開催しました

トピックス


「春のJDP(自助具デザインプロジェクト)展」を開催しました

公開日:2018年4月27日
JDP(自助具デザインプロジェクト)は、2006年より続いているデザイン・ボランティア活動で、現在は地域実践演習として活動を行っています。
2017年度は「片手で使える自助具」をテーマに、モニターの方とのヒヤリングや料理会などを通じてアイデアを練り込み制作しました。

その成果作品を4月24日から27日に中央ホールで展示。通りかかった人たちから、興味を持って見ていただくことができました。

  • 【日程】 平成30年4月24日(火曜日)から4月27日(金曜日)
  • 【時間】 午前9時から午後6時
  • 【場所】 静岡文化芸術大学 中央ホール

ごあいさつより

JDPの活動も今年で13年目を迎えました。今回の展示会では”片手不自由の方に向けた自助具”をテーマに昨年度後期をかけて制作してきた作品と、過去の作品を展示しています。JDPの活動やどんな作品を制作しているのか、皆さんに少しでも知っていただけたらと思います。
JDPの活動の特徴として、一般的な自助具の世界で見失われがちなデザインに配慮し制作を行なっているということがあります。美しいデザインをすることによって、使う方の生活や心がより豊かになるからです。
現在JDPはヒアリングを通した自助具の制作、展示会の開催などメンバー14名が力を合わせて活動しています。展示会を通して、より多くの人に関心をもっていただけることを願っています。
 
[発行部署:企画室]