ホーム > 新着情報一覧 > トピックス > 地域連携実践演習「引佐耕作隊」が全国棚田(千枚田)連絡協議会の機関紙『棚田ライステラス』に紹介されました

トピックス


地域連携実践演習「引佐耕作隊」が全国棚田(千枚田)連絡協議会の機関紙『棚田ライステラス』に紹介されました

公開日:2018年5月2日
地域連携実践演習「引佐耕作隊」が、全国棚田(千枚田)連絡協議会の機関紙『棚田ライステラス』の第74号(2018年3月発行)に紹介されました。
『棚田ライステラス』に掲載された「引佐耕作隊」の記事
『棚田ライステラス』に掲載された「引佐耕作隊」の記事
 
「全国棚田(千枚田)連絡協議会」は、環境保全や国土保全から「棚田(千枚田)」の役割を考えるために、1995(平成7)年に設立されました。現在、この協議会は、棚田(千枚田)を有する市町村や個人会員などによって組織されています。
今回の記事では、「地域連携実践演習」という授業の一環として学生有志で結成した「引佐耕作隊」の取り組みと狙いが紹介されています。 今後も、本学による棚田保全の活動として「引佐耕作隊」を全国に発信していきます。

全国棚田(千枚田)連絡協議会の機関紙『棚田ライステラス』第74号[PDF:33.3MB]

PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です(無償)。Adobe Readerをインストールすることで、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。「Get ADOBE READER」のボタンからダウンロードしてください。
Get ADOBE READER(別ウインドウで開く)
[発行部署:地域連携室]