ホーム > 新着情報一覧 > トピックス > Festa Julina na SUAC 2018(フェスタ・ジュリ-ナ・ナ・スアック 2018)を開催しました(7月7日実施)

トピックス


Festa Julina na SUAC 2018(フェスタ・ジュリ-ナ・ナ・スアック 2018)を開催しました(7月7日実施)

公開日:2018年7月10日
多文化共生分野の研究における地域貢献イベントとして、ブラジルの伝統的なお祭り(6月の祭り)になぞらえた「Festa Julina na SUAC」(7月の祭り)を本学3階の学生食堂で開催しました。
日本人、ブラジル人、フィリピン人、インドネシア人など、各国の人々約300名が集まり、ブラジルやフィリピンの軽食と飲み物、ゲームを楽しみました。
本学のフェスタ・ジュリーナの特色は、日本で育ったブラジル人やフィリピン人の学生による多言語キャンパスツアー。ブラジル人学生によるポルトガル語ツアーやフィリピン人学生によるタガログ語ツアーには、大学に進学したい気持ちを持つ外国人の子どもやその保護者が参加し、学内を見学して回りました。
フェスタ・ジュリーナのクライマックスはもちろん、楽しいダンスです。手を取って踊り交わすクアドリーリャ、各自が色とりどりのリボンの端を持って棒の回りを踊りながらたくさんのリボンを棒に巻き付けてゆくリボンダンスは、国籍を超えた交流の機会となりました。

 

クアドリーリャ
 
リボンダンスの様子
リボンダンス
 
タガログ語キャンパスツアー
タガログ語キャンパスツアー
学生実行委員会
学生実行委員会
[発行部署:地域連携室]