ホーム > 新着情報一覧 > トピックス > 浜松市楽器博物館のイベントに本学教員が登壇いたします(8月4日、8月8日、11月17日)

トピックス


浜松市楽器博物館のイベントに本学教員が登壇いたします(8月4日、8月8日、11月17日)

公開日:2018年7月20日
浜松市楽器博物館で開催をされる「館長対談~この人に聴く~」に、本学の奥中康人教授、梅田英春教授、峯郁郎教授が登壇いたします。
この企画は、本学の文化・芸術研究センター主催で開催いたしました平成29年度「ビチャラ会」において、浜松市楽器博物館の嶋和彦館長が話題提供者としてお話してくださったことがきっかけとなり設けられた、新しいイベントです。
第一線で活躍中の研究者や音楽家等を招き、その仕事と人生観について、興の向くまま気の向くままにおしゃべりする新企画、ぜひお越しください。

イベント概要

「館長対談~この人に聴く~」
時間:午後2時から
場所:浜松市楽器博物館天空ホール
※楽器博物館入館者はどなたでもお聴きいただけます。
 

本学教員登壇回(浜松市楽器博物館 嶋和彦館長との対談)

8月4日(土曜日)
「ガーン!と仰天、浜松まつりのラッパ」
奥中康人(静岡文化芸術大学文化政策学部芸術文化学科 教授)

8月8日(水曜日)
「バリから学ぶ芸能の未来」
梅田英春(静岡文化芸術大学文化政策学部芸術文化学科 教授)

11月17日(土曜日)
「人をつなぐデザインの力」
峯郁郎(静岡文化芸術大学デザイン学部デザイン学科 教授、文化・芸術研究センター長)
 
[発行部署:地域連携室]