ホーム > 新着情報一覧 > トピックス > 第18回特別公開講座薪能「求塚」を開催しました(10月3日・4日)

トピックス


第18回特別公開講座薪能「求塚」を開催しました(10月3日・4日)

公開日:2018年10月16日
静岡文化芸術大学では10月3日(水曜日)、4日(木曜日)に本学講堂にて、第18回特別公開講座薪能「求塚」を開催いたしました。

3日(水曜日)の能講座では、愛知教育大学 教育学部 教授の鷹巣純氏をお招きして講演「室町人の見た地獄」を開催しました。4日(木曜日)は雨天のため講堂にて、新作狂言「忠犬ハチ公」(作・種村公誠/芸術文化学科1年)、能「求塚」を上演いたしました。

本公演は本学学生の「薪能プロジェクトチーム」が主体となって企画・運営をし、チラシ・ポスターデザインや出演者のアテンド、当日の受付などは学生が行いました。
両日合わせて600名近くのお客様にご来場いただきました。ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。
10月3日(水曜日) 能講座 講演「室町人の見た地獄」
会場全体の様子
多くのお客様がご来場されました
 
学生が「求塚」の解説をしている画像
学生による能「求塚」の解説
講演を行う鷹巣純教授の画像
鷹巣純教授の講演
10月4日(木曜日) 新作狂言「忠犬ハチ公」/能「求塚」
会場前に並ぶ来場者の列の画像
開場前から長蛇の列が出来ました
 
受付の画像
受付も学生スタッフが対応しました
 
「忠犬ハチ公」の上演の様子
新作狂言「忠犬ハチ公」
 
「忠犬ハチ公」の上演の様子
解説を行う泉嘉夫氏の画像
泉嘉夫氏による解説
 
挨拶を行う横山俊夫学長の画像
横山俊夫学長による挨拶
 
能「求塚」上演の様子 以下3枚
能「求塚」
[発行部署:地域連携室]