ホーム > 新着情報一覧 > トピックス > 本学学生と教員がトルコ共和国大使館を訪問しました

トピックス


本学学生と教員がトルコ共和国大使館を訪問しました

公開日:2018年11月16日
10月26日に、本学の学生と教員がトルコ共和国大使館(東京都渋谷区)に招待され、本学とイズミル経済大学との交流事業「産学共同国際デザインワークショップ」の成果報告を行いました。
成果報告会にて、学生が発言している画像
大使館を訪問したのは、以下の学生3名と教員2名です。
  • デザイン学部 4年 杉山 雅教さん
  • デザイン学部 3年 増子 葉月さん
  • デザイン学部 3年 増田 梨沙さん
  • 文化政策学部 国際文化学科 Edward Sarich准教授(英語教育)
  • デザイン学部 デザイン学科 高山 靖子教授(プロダクトデザイン)
報告会には、ハサン・ムラット・メルジャン駐日トルコ共和国特命全権大使、ハーカン・オズデミル公使参事官をはじめ、大使館の職員の皆さまが同席して下さいました。教員からは、本学とイズミル経済大学とのこれまで5年間に渡る交流活動について、また学生からは、「富士山静岡空港における静岡の食プロモーション」をテーマに今夏行われたワークショップの成果(ビジネス企画とそのための具体的なデザイン提案)を報告しました。

メルジャン大使からは、両大学のすばらしい交流がさらに発展するよう支援していきたいと、激励のお言葉を頂きました。今回の訪問は学生にとって大変貴重な経験であると同時に、大いなる励みとなりました。この経験を生かし、今後の本学とイズミル経済大学との交流の更なる発展につなげていきたいと思います。

ご報告とともに、関係者の皆さまに心より感謝申し上げます。

報告会参加者の集合写真
写真(左)から
ハーカン・オズデミル公使参事官、高山 靖子教授、杉山 雅教さん、ハサン・ムラット・メルジャン駐日
トルコ共和国特命全権大使、増子 葉月さん、増田 梨沙さん 、Edward Sarich准教授、文化広報参事官室 デフネ・オズアルプさん
報告会参加者の集合写真
[発行部署:地域連携室]