ホーム > 新着情報一覧 > トピックス > 室内楽演奏会2018 レクチャー&コンサート「サロンへようこそ~貴族の愛したバロック音楽~」を開催しました(11月17日)

トピックス


室内楽演奏会2018 レクチャー&コンサート「サロンへようこそ~貴族の愛したバロック音楽~」を開催しました(11月17日)

公開日:2018年11月29日
平成30年11月17日(土曜日)、静岡文化芸術大学自由創造工房において、室内楽演奏会2018 レクチャー&コンサート「サロンへようこそ~貴族の愛したバロック音楽~」を開催しました。
(主催:静岡文化芸術大学 文化・芸術研究センター/後援:浜松市)

本公演では、青島由佳氏(フラウト・トラヴェルソ)、櫻井茂氏(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、戸﨑廣乃氏(チェンバロ)をお招きし、バロック音楽のレクチャー&コンサートを行いました。

前半は上山典子准教授(本学 文化政策学部芸術文化学科)より、バロック時代・音楽やサロンとはどういったものなのか、サロンと音楽にはどんな関わりがあるのかといった内容で、レクチャーを行いました。
後半は、演奏者による楽器紹介を交えながら、バロック時代の音楽のコンサートを行いました。

当日は多くのお客様にご来場いただきました。お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

(本公演の広報、準備、運営等は、全て本学の「室内楽演奏会チーム」が担当しています。)
マイクを持って話している上山准教授の画像
上山准教授によるレクチャー
 
演奏している3人の画像
バロック時代の音楽を演奏
 
楽器の紹介をしている演奏者らの画像
演奏者による楽器の紹介もありました
会場全体の画像
たくさんの方にご来場いただきました
[発行部署:地域連携室]