ホーム > 新着情報一覧 > トピックス > 本学学生デザインによるレディースウェアが 「遠州織物 Spring Collection」で紹介されました

トピックス


本学学生デザインによるレディースウェアが 「遠州織物 Spring Collection」で紹介されました

公開日:2019年3月25日
3月21日、遠鉄百貨店にて開催されたファッションショー「遠州織物 Spring Collection」にて、本学学生のデザインによる遠州織物を使用したレディースウェアが披露されました。

遠州織物の魅力発信を目的に静岡県繊維協会により開催された同コレクションのなかで、遠州織物を使用した女性用シャツ5着と、2018年にパリで開催された文化芸術イベント「ジャポニスム2018:響きあう魂」のためにデザインしたブラウス&スカートの計6着が披露されました。

これらは、地域との連携により地域課題の解決を図ることを目的とした授業を通してデザインされたものです。学生達は、浜松市内の織物・染め物の生産者への訪問や生産現場の見学によって技術や伝統を理解したうえで、イメージに合った生地を選び、プロのファッションデザイナーの力を借りてデザインを進めました。また、今回のショーではデザインのプレゼンテーションに加えて一部のウェアのモデルもつとめました。
学生デザインによるレディースウェアを着てランウェイを歩いている学生の画像3点
レディースウェアを着てポーズをとっている4人の学生と、マイクを持って話している学生1人が並んでいる画像
【←写真左から】
  • 増田梨沙さん(デザイン学部3年)
  • 安江朱音さん(デザイン学部3年)
  • 岸上 梢さん(デザイン学部3年)
  • 田頭里咲さん(デザイン学部2年)
  • 高木早紀さん(文化政策学部1年)
[発行部署:企画室]