ホーム > 新着情報一覧 > トピックス > 「春のJDP(自助具デザインプロジェクト)展」を開催しました

トピックス


「春のJDP(自助具デザインプロジェクト)展」を開催しました

公開日:2019年4月22日
作品展示の画像
JDP(自助具デザインプロジェクト)は、2006年より続いているデザイン・ボランティア活動で、現在は地域実践演習として活動を行っています。
その成果を過去の作品も含め、4月15日から4月19日まで本学中央ホールで展示しました。
学生や教職員、大学に立ち寄った方々などに、作品を手に取りながら見ていただくことができました。
  • 日程 2019年4月15日(月曜日)から4月19日(金曜日)
  • 時間 午前9時から午後6時
  • 場所 静岡文化芸術大学 北棟1階 中央ホール

ごあいさつより

JDPの活動も今年で14年目を迎えました。今回の展示では、新入生の皆様にJDPがどんな活動をしているかを知ってもらおうと、過去の作品を主に展示しています。JDPの活動だけでなく、自助具とは何なのか、どんな作品を展示しているのかを少しでも知っていただけたらと思います。

活動の特徴といたしましては、一般的な自助具の世界で見失われがちなデザインに配慮し制作を行っているということがあります。美しいデザインをすることによって、使う方の生活や心がより豊かになると考えているからです。

現在、JDPはヒアリングを通じた自助具の制作、展示会の開催などメンバーが力を合わせて活動しています。展示会を通して、より多くの人に関心を持っていただけることを願っています。
展示の一部
展示の様子
展示会場の画像
片手で髪を結びことができる自助具
展示会場の画像
片手で菓子袋を開けることができる自助具
展示会場の画像
JDPメンバー(一部)
[発行部署:企画室]