ホーム > 新着情報一覧 > トピックス > 中国・浙江省杭州文暉中学校の生徒が本学を訪問しました

トピックス


中国・浙江省杭州文暉中学校の生徒が本学を訪問しました

公開日:2019年7月17日

7月10日、中国・浙江省杭州市にある杭州文暉中学校の生徒34名と教員が本学を訪問しました。

講堂で大学概要の説明があった後、創造の丘(屋上庭園)へ移動し、本学学生との交流の場をもちました。中国語の習得に取り組む本学の学生たちは、中国語での会話を生徒と楽しむなど、つかの間の時間を楽しみました。
杭州文暉中学校の皆さんは本学訪問のほか、県内中学校訪問や富士山観光、日本文化体験など、6日間の旅程を過ごしました。
杭州文暉中学校訪問のようす
杭州文暉中学校と本学学生交流のようす
昭和57年(1982年)4月に静岡県が友好提携を結んだ浙江省の省都が杭州市であることから、浜松市と杭州市は平成24年(2012年)4月6日に友好都市協定を締結。以降、企業間や文化・観光、教育の分野での交流を進めてきました。
両市とも湖(浜名湖と西湖)があることや、浜松市特産のお茶とみかんの故郷が浙江省と言われているほか、杭州市はシルクの製造が盛んな都市であり、浜松市の繊維業とも共通点があります。
杭州文暉中学校訪問の集合写真
[発行部署:企画室]