ホーム > 新着情報一覧 > トピックス > 浜松学院中学校の生徒と本学学生による英語ワークショップが行われました

トピックス


浜松学院中学校の生徒と本学学生による英語ワークショップが行われました

公開日:2019年7月19日
本学英語・中国語教育センターの地域交流事業の一環として、浜松学院中学校3年生の生徒を対象にした英語ワークショップを行いました。(担当:国際文化学科・エドワード・サリッチ准教授、英語・中国語教育センター・上村明英特任講師)
学院中生徒と学生の英語ワークショップのようす
同中学校3年生は、今年11月に10日間のカナダ(バンクーバー)でのホームステイ研修を控えており、そのための準備を進めています。今回は、カナダ滞在中に役立つ実践的な英会話を楽しく学ぶため、本学学生が趣向を凝らしたワークショップを展開しました。

ワークショップでは、生徒が手作りのパスポートを持ち、5つのグループ別にテーマに分かれたテーブルを回ります。各テーブルでのミッションを終えると、パスポートにスタンプが押されていく仕組みです。

テーマは、「Customs(税関)」「Giving Directions(道案内)」「Homestay(ホームステイ)」「Japanese Culture(日本文化)」「Ordering Food(食事の注文)」の5つ。学生たちがそれぞれのテーマについて、英単語や英文を書いたカードや模造紙を用意したり、折り紙で実践してみたりと、わかりやすく楽しく学ぶための工夫がされていました。
英語ワークショップのようす
英語ワークショップのようす
英語ワークショップのようす
この取り組みは平成26年(2014年)から始まり、今回で6回目の開催です。浜松学院中学校の生徒の皆さんはもちろん、本学学生にとっても貴重な学びの場となっています。
英語ワークショップ参加者の集合写真
Have a good trip!
[発行部署:企画室]