ホーム > 新着情報一覧 > トピックス > 留学経験談セミナーを開催しました

トピックス


留学経験談セミナーを開催しました

公開日:2020年12月17日
台湾留学報告会のようす

本学の海外協定校である国立台湾師範大学(台湾)に留学し、帰国した学生3名が留学報告会を行いました。

学生たちは留学先での学習研究内容、現地学生との交流、留学生の支援体制などについて報告。今回留学した3名は、本学が国立台湾師範大学と協定を結んで初めての交換留学生で、2019年に出発し、2020年に帰国しました。
国立台湾師範大学は、台湾・台北市にある国立大学で、国際的に語学教育分野で評価が高く、世界中から留学生が集まる大学です。本学は2016年に交流協定を締結し、語学研修の派遣や交換留学を通して交流を深めています。

報告者

学科・学年 氏名 留学期間
国際文化学科4年 前田 倫実  2019年9月から2020年6月  
国際文化学科3年 浅野 美咲 2019年9月から2020年1月 
国際文化学科3年 小澤 佳穂  2019年9月から2020年6月

報告会に参加した学生の感想

国際文化学科2年 山本一聖香さん
色んな人と友達になれるということがとても印象深く残りました。台湾語学研修で語学や文化の勉強だけではなく、色んな国の人と触れ合う機会や台湾の地域の人関わる機会などが出来るということが分かりました。台湾の美味しい食べ物も食べて、素晴らしい環境の中で勉強してみたいと思いました。

国際文化学科2年 匂坂朱里さん
中国本土だけでなく、台湾においても十分に中国語を学ぶことができ、また台湾の文化も知ることができると分かりました。先輩方の楽しそうな留学生活を聞き、さらに留学で何をしたいか考えることができました。新しい選択肢が増えて今後の留学を考える上で大変参考になりました。

国際文化学科2年 高橋遥菜さん
台湾留学は中華圏だけでなく、様々な国籍の方と一緒に学べることが魅力的だと感じました。学校の様子を写真や動画で見せていただくことができ、師範大学での生活のイメージがしやすかったです。先輩方の経験を共有していただいたことで、以前よりも台湾への興味が深まりました。
[発行部署:教務・学生室]