ホーム > 新着情報 > トピックス > 小堀勇介さん 「メリー・ウィドウ」に出演します

トピックス


小堀勇介さん 「メリー・ウィドウ」に出演します

公開日:2021年6月17日
第7回静岡国際オペラコンクール(平成26年開催)で三浦環特別賞に輝き、飛ぶ鳥を落とすがごとく活躍をされている小堀勇介さんが、7月16日18日21日24日に兵庫県立芸術文化センター(兵庫県西宮市)で、レハール作曲「メリー・ウィドウ」にカミーユ・ド・ロシヨン役で出演します。
「メリー・ウィドウ」とは、「陽気な未亡人」という意味。オペレッタの名曲です。舞台は爛熟のパリ。莫大な遺産を相続した未亡人は、果たして誰と再婚することになるのやら。小堀さんはパリジャンのプレイボーイという役どころ。その甘い歌声で、相手役ばかりでなく、観客をも魅了すること請け合いです。この上演は日本語で行われるということで、初心者にも安心。また、関西特有のノリの良い舞台演出も楽しみの1つ。狂言回しのニエグシュ役には、あの桂文枝さんが扮するとか。乞うご期待!
※公演の詳細は兵庫県立芸術文化センターのHPを御覧ください。
http://www.gcenter-hyogo.jp/merrywidow/
小堀勇介さん
小堀勇介さん
ページの先頭へ戻る