ホーム > 地域連携・交流活動 > 地域貢献・連携事業 > SUACエグゼクティブ・プログラム アートマネジメント&芸術文化政策コース

アートマネジメント&芸術文化政策コース


「SUACエグゼクティブ・プログラム(SUAC-EP)」及び関連する調査研究活動の終了と外部移管について
 

静岡文化芸術大学大学院文化政策研究科は、2004(平成16)年設立の実務家養成を目指した大学院です。特にアートマネジメント分野においては、日本の大学院として初めてAAAE(Association of Arts Administration Educators)の正会員となり、国際的基準にそった教育プログラムを実施しています。修了生は、文化施設、行政、非営利団体、文化・情報産業等の第一線で活躍しています。

本学では、こうした実務家教育の実績をもとに、2013(平成25)年度から2015(平成27)年度にかけ、文化庁「大学を活用した文化芸術推進事業」の採択を受け、3年間にわたって「文化施設・実演芸術団体のためのアートマネジメント実践ゼミナール」を全国7都市で開講し、文化施設等で働く実務家のために、ゼミ形式の実践的な講座を展開してきました。2016(平成28)年度からは、文化庁補助事業を継承し、大学院文化政策研究科に「SUACエグゼクティブ・プログラム(SUAC-EP):アートマネジメント&芸術文化政策コース」を開設し、本学及び、東京都、静岡市、奈良県等で講座を開講するともに、人材育成・キャリア開発に関する調査研究を行ってきました。

しかしながら、近年の公立大学が置かれている財政状況、大学が立地する地域の需要等の状況、及び、2013(平成25)年度から始まる文化庁補助事業3年間及び、それに続くSUAC-EPの実践により、教育プログラムを開発し普及するという一定の成果をあげたという判断から、SUACエグゼクティブ・プログラム(SUAC-EP)のすべてのプログラムは、2017(平成29)年度末で終了することになりました。

これらを継承した実務家教育プログラム及び関連する調査研究については、2017(平成29)年10月に設立された一般社団法人文化政策経営人材研究所(東京都港区)が継承して実施していきます。
 
関連リンク
ページの先頭へ戻る