ホーム > 研究活動 > 重点目標研究領域 > アートマネジメント > アートマネジメント実践ゼミナール

アートマネジメント実践ゼミナール


文化庁マークと大学を活用した文化芸術推進事業のシンボルマークの画像

文化庁事業
「文化施設・実演芸術団体のためのアートマネジメント実践ゼミナール」

平成25年度文化庁「大学を活用した文化芸術推進事業」の採択を受けて、「文化施設・実演芸術団体のためのアートマネジメント実践ゼミナール~中長期の計画策定を通じたアートマネジメント人材育成~」(略称アートマネジメントセミナー)を実施しました。

このセミナーは、展覧会や公演などの事業を継続的に実施することで公的な使命を達成するための「非営利(公立を含む)の芸術組織」の中長期的なマネジメントのあり方を学ぶ実践的な講座です。

本学大学院文化政策研究科の本格的なプログラムを全国の実務家向けに展開するとともに、本学の文化・芸術研究センターが平成23年度から進めている包括的な芸術経営統計に関する基礎研究の成果を教材として取り込み、受講者自らの団体の経営状況を客観的に分析できるようにすることを目的として実施しました。

講座は平成25年度から平成27年度にかけて実施され、平成25年度は講義形式の入門講座、平成26年度は、実際に中長期計画の策定に向けた経営分析に取り組んでいただく、演習(ゼミ)形式の講座、平成27年度は実際に中長期計画の策定に取り組むための演習(ゼミ)形式の講座を開講しました。
 
アートマネジメント実践ゼミナールの詳細は、下記のリンクからご覧いただけます。
ページの先頭へ戻る