イベントレポート

2021年11月16日

学校祭「碧風祭2021」開催(11月6日から11月30日まで)

毎年11月に開催している学校祭「碧風祭」。今年度は、新型コロナウイルスの影響により、対面開催の中止を余儀なくされ、初めてのオンライン開催となりました。運営に関わった学生達は、例年にない試みに苦労しながらも、協力し合い、開催に辿りつくことができました。 企画のコンテンツやステージの映像は11月30日(火曜日)まで公開されています。学生達の活躍を是非ご覧ください。
 
「碧風祭」ポスター画像
碧風祭2021 開催概要

【日時】11月6日(土曜日)から30日(火曜日)
注)ステージの演目は7日(日曜日)に生配信を実施。

【閲覧方法】
企画(作品の展示、ゲーム等)
オンライン碧風祭特設サイト

ステージ(演奏、ダンス等)
碧風祭ステージアーカイブ配信(youtube)

注)いずれも11月30日24時までの限定公開。

 

ゴスペルサークルの出演画像
ステージ(ゴスペルサークル)
軽音楽部の出演画像
ステージ(軽音楽部)
よさこいサークルの出演画像
ステージ(よさこいサークル)
碧風祭運営委員会のメンバーの画像
碧風祭運営委員会の皆さん
碧風祭運営委員会 橋本さんの画像
碧風祭運営委員長 橋本成美さん(文化政策学科3年)

様々な想いや状況、制約があるなかでこうして第22回碧風祭が形となったこと大変嬉しく感じております。一度決まったことが、白紙に戻り、判断をする時間も迫り、また決めても白紙に戻り・・・と、学生を含め関係者の方々も私たちも二転三転と状況が変わる中で碧風祭開催のために試行錯誤して参りました。 オンライン開催となり、出演団体はいるのか、うまくいくのかと不安でしたが、出演してくださった学生の皆さまの企画・ステージを見て、オンラインでも開催してよかったと思いました。今年度の企画やステージは11月30日(火曜日)までご覧いただけます。オンラインでしか味わえない碧風祭を楽しんでいただければ幸いです。最後に今回の碧風祭開催に至るまで、多くの方々の多大なるご尽力をいただきましたこと、この場をお借りして感謝申し上げます。

パッチコード 中村さんの画像
音響照明技術研究会P@tch-code代表 中村優里さん(デザイン学科3年)

私達P@tch-codeは、碧風祭ではメインステージの音響・照明を主に担当しています。碧風祭は年に一度のとても大掛かりのステージのため、碧風祭委員会の方々や、外部の業者さん、出演団体さんなどとのやり取りが多くあります。加えて今年は前例のないオンラインのため、今まで以上に様々なところに気を配り、一つ一つを確認していく必要がありました。 私達の中でも、碧風祭に関して中心となってくれたメンバー達が先導してくれたおかげで、トラブルもひとつずつ解決していくことが出来ました。オンラインという新しい形の碧風祭を経験し、オンラインならではの問題点なども見つかり、技術的にも考え方的にも、非常に学びの多い機会となりました。この経験を活かし、今後の活動も精進していきたいと思っています。

軽音楽部 須佐さんの画像
軽音楽部 須佐寛太さん(文化政策学科2年)

今回、軽音学部の5人でバンドを組み、カバー曲とオリジナル曲を披露させていただきました。我々2年生にとっては初めての碧風祭であった上に、途中からオンライン開催に方針転換されたため、練習時間の確保やライブの構成など、多くの困難に直面することもありました。しかし碧風祭運営委員会とP@tch-codeのみなさんの熱意を感じ、我々も負けてはいられないという思いで本番に臨みました。結果、やはり無観客の配信ステージというのは少し寂しさも感じましたが、それ以上に楽しんでパフォーマンスをすることができました。関係者の皆様、配信をご覧頂いた皆様、本当にありがとうございました。来年は熱気あふれる野外特設ステージでお会いしましょう!

発行部署:教務・学生室