学生・卒業生の活躍

2021年09月29日

インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)に本学が初めて参加しました

インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル2021(ICAF2021)とは、全国の大学や専門学校などの教育機関で制作された作品を一堂に集めた日本最大級の学生アニメーション映画祭です。本年度、本学はICAFに初めて参加し、デザイン学科で選抜された卒業生4名の作品が出品されています。

イベント概要

【期間】2021年9月18日(土曜日)から2021年10月3日(日曜日)
【場所】オンライン

ICAF2021の会期は3つの時期に分かれます。

  • [プレオープン期間]9月18日から9月22日

「観客賞」の対象となる「各校選抜プログラム」が公開されます。
各校の教員が1本ずつ推薦する作品をまとめた選抜プログラムです。
ICAF2021サイトでAからEの5つのプログラムに分けられた各作品を視聴後に、サイト上の投稿画面で視聴した作品に評価を入力し、最も高い評価を得た上位5本が「観客賞」に選ばれます。

  • [メインイベント期間]9月23日から9月26日

全25校の全ての作品が公開されます。また特別イベントとして、ICAFの歴代優秀作と出品者を紹介するトークセッション「ICAFとらのみち」や、持ち込み上映講評会「ICAFとらのあな」、観客賞の授賞式等が行われます。

  • [アーカイブ期間]9月27日から10月3日

全ての上映プログラムとイベント記録が観られます。

本学からの出品作品

Deep in Blue
櫻木葉月
USAGORAS
安谷庸佑
LOTOPO 
杉屋泰誠
キス・ミー‼
落合桃子
推薦教員:
ブルべス・ジェローム教授
池田泰教講師
面高さやか非常勤講師

発行部署:企画室