トピックス

2021年08月26日

「SUAC×SCUコラボレーションプロジェクト成果展覧会」が開催されています

成果展覧会パネルの画像

現在、本学デザイン学部、専門科目「総合演習Ⅱ」の学生8名・デザイン研究科1名と、聖隷クリストファー大学リハビリテーション学部、学部科目「入門リハビリテーション英語」の学生33名によるコレボレーションプロジェクトの成果展覧会が行われています。

聖隷クリストファー大学の学生が実習などを通して感じた医療や福祉現場の課題を共有し、本学の学生が課題解決のための作品デザインと制作を担当しました。プロジェクトは今年の4月から始まり、新型コロナウィルス感染症防止のため遠隔会議ツールや共有ファイル、SNS等を活用して協働研究をを進め、一度も対面をすることなく展覧会を迎えました。

作品はADHD児童のための食事を運ぶ練習ができる「レベルアップで成長おぼん」、自閉症患者のための「歯磨きサポートグッズ」、認知症高齢者のための「ユニットバスルームデザイン」など作品8点が展示されました。

静岡文化芸術大学 デザイン学部 専門科目「総合演習Ⅱ」担当:高山靖子教授
聖隷クリストファー大学 リハビリテーション学部 学部科目「入門リハビリテーション英語」担当:高瀬奈美准教授

SUAC×SCUコラボレーションプロジェクト成果展覧会

【会期】2021年8月23日(月曜日)から9月1日(水曜日)
【会場】静岡文化芸術大学 北棟1階 中央ホール
 
展覧会の様子
学生が作品の解説をしている画像
作品自閉症患者のための「歯磨きサポートグッズ」

発行部署:企画室