カテゴリー別アーカイブ: 森山 一郎

曽根ゼミと合同で浜松市中区にあるトリイソースの工場見学に行きました(森山ゼミ)

 トリイソースは地産地消を目指し、原材料である野菜や砂糖、香辛料にこだわり続け、創立から90年経った浜松の老舗企業です。
オイスターソースや中濃ソースといったスタンダードなものはもちろんのこと、酢飯用のお酢やみかんを使用したポン酢、オムライスソースやカレーのスパイスソースといった様々な種類を取り揃えています。テレビ番組で紹介された反響もあって、一部生産が追い付かないほどの人気ぶりだそうです。

 今回の工場見学では、実際に商品を作っている過程を見学させて頂き、ソースの瓶詰、ラベル貼りの体験をやらせていただきました。
ほとんどの作業工程を人の手で行っており、働いている社員の方々はとても生き生きとしています。「ここのソースじゃなきゃいやなんだ」、そんな地域の方々の声が仕事へのモチベーションに繋がっているそうです。

 人の温かみあふれる素敵な職場で貴重な体験ができたこと、とてもうれしく思いました。

(文章:3年 村井 季里子)

ゼミ活動報告(森山ゼミ)

後期の森山ゼミでは、身近な企業の研究をしようということで話し合った結果、浜松市民に愛されるドラックストアである杏林堂薬局の研究を行いました。

はじめに、杏林堂人事部人財採用教育課長の木下様にお話を伺ったところ、杏林堂がより成長するためには私たち大学生世代に向けた施策を強化する必要があると考えたため、「学生にとって理想的なドラッグストアとはどのようかものか」について調査を行いました。

調査内容は、下記の通りです。

◆店舗見学(ファミリー向けの郊外型店舗である新津店と通勤通学者向けの都市型店舗であるエキマチ店に行き、店舗の違いや特徴を調査しました)

◆文化政策学科男女学生数名に理想のドラッグストアについて聞き取り調査(アンケート調査の評価項目選定のため、大学生のドラッグストアの利用実態や期待を把握)

◆アンケート調査(男女大学生約100名のドラッグストアに対する満足度を調査、学生にとって効果的なプロモーション方法等も探る)

これらの調査分析を行い、1月24日(水)に木下様へプレゼンテーションを行いました。
鋭い質問や、私たちでは気付かなかった視点でのご意見を頂き、大変有意義な時間となりました。

私たちのプレゼンテーション資料は杏林堂さんの社内で回覧されると仰っていたので、私たちの研究が、大学生にとってより理想的な店舗づくりへの助けになると良いなと考えています。
まだまだ力不足な点も実感できたので今後の研究に生かして行きたいと思っています。

(文章:3年 佐野杏佳)

ゼミ旅行で金沢に行きました(森山ゼミ3年)

森山ゼミの3年生は、9月28、29日に金沢にゼミ旅行に行きました。

1日目は、近江町市場を訪問した後、ひがし茶屋街を散策しました。この日は気温が低く寒かったのですが、金沢に来たということで金箔ソフトクリームを食べました。(1個891円)。
金箔が1枚貼り付けられている、豪華なソフトクリームでした。
夜には、のどぐろなど、金沢のおいしい食事を楽しみました。
のどぐろは初めて食べるという人がほとんどで、脂が乗っていて、とてもおいしかったです。


2日目には、金沢21世紀美術館と兼六園に行きました。
金沢21世紀美術館ではずっと憧れだったレアンドロのスイミング・プールに行くことができました。このプールは、透明のガラスの上に水が張ってあり、ガラスの下は空間になっています。
上から見ても下から見ても不思議な光景で、プールの中に行くとまるで水の中にいるような気持ちになりました。
とても楽しくて、わくわくする時間でした。


金沢では充実した楽しい時間を過ごすことができました。
今回はメンバーの1人が体調不良で欠席してしまったので、今度は全員で出かけたいと思います。

(文章:3年大島瑠莉)

「はままつ染め織りマーケット」の報告会に参加しました(森山ゼミ3年)

6月26日の月曜日、森山ゼミの3年生は、5月に行われた「はままつ染め織りマーケット」の報告会に参加させていただきました。

報告会では、イベントで配布したアンケートの分析結果を出展者の方や市役所の方に向けて発表しました。
アンケートでは今回のイベントの満足度や回答者の購入品、過去の遠州織物の使用・購入歴の有無などを調査しました。これらをクロス集計や相関分析を使用して分析し、このイベントの長所や短所を私たちなりに考えて発表しました。

報告会の後は全体での親睦会に参加させていただきました。
出展者の方や市役所の方から大変興味深いお話を伺うこともでき、楽しい時間を過ごすこ
とができました。
今回のはままつ染め織りマーケットに関する取り組みは、アンケートの設計から分析までどの段階においても大変なものでした。
しかし、実際のイベントでアンケート調査を実体験するという大変貴重な経験ができたと思います。今後も今回の経験を様々な活動に活かしていきたいです。

(森山ゼミ3年 大石茉由)

はままつ染め織りマーケットのお手伝い(森山ゼミ3年)

森山ゼミは、5月20日と21日の2日間、浜松市などの主催で開催された「はままつ染め織りマーケット」というイベントのお手伝いをさせていただきました。
ご来場くださった皆様ありがとうございました。

プログラムの1つ、浜松注染そめ実演では、職人技を見させていただきました。
1枚の布を作るのに、とても手間暇がかかっているのがわかり、大切に使わなくてはという気持ちにさせてくれました。

また、はままつシャツ部ファッションショーでは、何人かのメンバーがモデルデビューを果たしました。とても着心地が良く、普段使いしやすい良い製品であることが分かりました。ショーを見ていた方に少しでも印象付けられたら幸いです。

そして今回のイベントに当たり、アンケートの設計・配布に携わりました。アンケートの設計がはじめてのメンバーが多くいましたが、良いものが出来たのではないかと思います。これから、集まった約300枚のアンケート票を集計・分析し、6月にはその結果を浜松市の方々などに発表する予定です。次回のイベントにつながる良い提案ができればと思っています。(文章:3年 堀 果南美)

トリイソースの工場見学に行きました(森山ゼミ)

森山ゼミは1月19日に、曽根ゼミと合同で、浜松市中区にあるトリイソースの工場見学に行ってきました。

トリイソースは大正13年(1924年)創業の老舗企業で、現在は家庭用のソースのほか、ブルーベリーやみかんなどの果実を利用した果実酢やポン酢も製造しています。カレー専用やオムライス用など、料理に合わせたソース造りをしており、他社製品では見たことのない珍しいソースも見ることができました。

工場では、機械による自動作業はなく、野菜切り、煮込みといった工程のほか、ソースの瓶詰めから包装までを、わずか7人という少ない人数で、全て手作業で行っていると聞きとても驚きました。大変な仕事にもかかわらず、従業員の方々の雰囲気がとても明るかったのも印象的でした。

工程の説明を受けた後は、実際に瓶詰めと包装作業をやらせていただき、貴重な体験をすることができました。

短い時間でしたが、地元企業の良さを知るとても貴重な工場見学ができたと思います。

文責:疋田悠真(3年)


ゼミ旅行に行きました(森山ゼミ)

8月17、18日の2日間、森山ゼミは東京へゼミ旅行に行きました。一日目は、ライオン株式会社とアドミュージアムを訪れました。

ライオン株式会社は、東京に本社があり、ハミガキや洗剤、薬品などを取り扱っている企業です。今回は、薬品事業部の方に薬品市場の現状や、新商品のマーケティングについてお話を伺いました。

また、9月発売の目薬「スマイルホワイティエ」の若い世代へのプロモーション戦略の提案をし、担当者の方から様々な意見を頂きました。

ライオン株式会社への企業訪問により、授業やゼミで学んでいることが、企業のマーケティング活動で使われていることを実感しました。

アドミュージアムは、日本初の広告とマーケティングのミュージアムです。マーケティングのプロモーションには欠かせない広告について、歴史や、最新の広告を学びました。

2日目は、サンシャインシティ60展望台に行きました。サンシャインシティ60展望台は体験型展望台となっていて、ゼミ生の親交を深めることができました。

2日間のゼミ旅行で、企業の経営を学ぶとともに、ゼミ生の仲も深めることが出来ました。これらの経験は、今後のゼミ活動にも生かされると思います。

(文章:3年佐々木智帆)

ゼミ旅行① ゼミ旅行②

長坂養蜂場を訪問しました(森山ゼミ)

6月26日に、森山ゼミの三年生で長坂養蜂場さんを訪問しました。長坂養蜂場さんは、浜松市北区三ヶ日町にある、昭和10年創業のはちみつ専門店です。今回は三代目社長の長坂善人さんにお話を伺いました。

長坂社長は、「ぬくもりある会社をつくりましょう」という経営理念をもとに、お客様はもちろんのこと、会社や従業員とその家族も大切にするべきであるということを強くおっしゃっていました。まずは、人を想いやる気持ちや細やかな心づかいを大切にし、社内にぬくもりの心を育て、そのぬくもりをお客様や取引先の方々、地域へと広げていくことを目指していることがよく分かりました。

取り扱っている商品は、はちみつ、はちみつを使ったスイーツやドリンク、コスメなど様々です。どの商品も品質には徹底的にこだわっており、健康的で安心なものを届けたいという強い思いが伝わってきました。

今回、長坂養蜂場さんを訪問させていただき、会社における組織のあり方や、消費者との関わり方について学ぶことができた良い機会になりました。
(文章:3年 大場ゆきの)

ウェルカムボード のコピー

社長講義 のコピー

養蜂場入口 のコピー

奥浜名湖駅 のコピー

ゼミ旅行に行きました(森山ゼミ)

9月30日、10月1日に1泊2日で東京にゼミ旅行に行ってきました。

1日目には、東京駅のすぐ近くにある日本郵便が初めて手がけた商業施設「キッテ」の見学と虎ノ門ヒルズにある日本ビジネスシステムズ株式会社に企業訪問をしました。日本ビジネスシステムズ株式会社はMicrosoft製品を中心にITシステムを提供するBtoBの企業です。今まで、長坂養蜂場、トリイソースなど私たち消費者と接点のある企業訪問はしてきましたが、BtoBの企業を訪問したことはなかったので、今回はBtoBの企業の様子を知ることができ、貴重な経験になりました。やはり、BtoCの企業とBtoBの企業では、経営の仕方が異なるのだと改めて感じることができました。

2日目には、花王に工場見学に行き、化粧品工場、花王ミュージアムを見学しました。肌チェック、食生活診断をするコーナーもあり、ゼミ生一同施設を満喫しました。

1泊2日と短い中で、ゼミ生の仲も深まり、充実した時間を過ごすことができました。今後のゼミの活動もより一層、充実させていきたいと思います。
(文章:3年岩田愛海)

写真① 写真②

トリイソースの工場見学へ行ききました(森山ゼミ)

7月15日(水)、森山ゼミではトリイソースの工場見学へ行ってきました。トリイソースは、大正13年の創業以来続く伝統の木桶熟成による、こだわりのソース作りを行っています。ソースの製造過程を説明していただいた後、実際に工場の見学へ。半日かけて野菜を煮込む工程や創業以来使用している木桶など、普段見られない製造の様子に、ゼミ生一同興味津々でした。丁寧に解説していただいたほか、実際にソースのびん詰めも体験し、とても楽しく見学させていただきました!
トリイソースは、工場の従業員が8名という小さい会社だからこそ、和気藹々とした雰囲気があり、どの従業員さんも生き生きと働いているのが印象的でした。一人一人がいろんな仕事を積極的にこなし働く姿勢を、私たちも学んでいきたいと思います!
(文章:3年 今泉有)

150715_トリイソース(写真)

長坂養蜂場へ企業見学に行きました(森山ゼミ)

森山ゼミでは、5月8日(金)に浜松市三ヶ日町にある長坂養蜂場に企業見学に行ってきました。80年ほどの歴史ある長坂養蜂場では、転地式養蜂という今では珍しい手法で養蜂したハチミツを加工・販売しています。各自で事前に下調べをし、お店に着くと、外装・内装から、商品、従業員の方々の丁寧な対応などへの“こだわり”がいたるところで感じられました。
当日は社長である長坂善人さんに直接お話をうかがうことができました。お客様への柔軟な対応でぬくもりを届けることや、“こだわり”を生み出すための社内での環境づくりなど、経営のひとつのあり方を学べました。
また、試食を通してたくさんのハチミツにふれることができ、ゼミ生一同勉強以外でも貴重な一日になりました。
(文章:3年 福島万里江)
150508_長坂養蜂場

くまモンプレゼン大会(森山ゼミ)

11月28日、29日に熊本県で行われたプレゼン大会に参加してきました。
プレゼンのテーマは、くまモンのこれからについてです。私たちは、くまモンをキーとして国内外の熊本県にかかわりのある人たちをネットワーク化するという「くまもとホームグラウンドプロジェクト」の提案を行いました。
夏休み明けから準備を進めてきたこのプレゼン大会。浜松市役所を訪れ、ゆるキャラの現状を聞いたり、自主ゼミを何度も開いたりして話し合いを進めてきました。
プレゼン大会では、同じように経営やマーケティングを学んでいる他大学生との違いがわかり、自分たちの強みや改善点を再確認することができました。
プレゼン大会の後は、他大学と合同で懇親会に参加し、翌日は福岡県の太宰府天満宮などを訪問。ゼミ生の仲もより一層深まり、充実した学外研修になりました。
(文責:3年中島梨菜)

プレゼン 表彰式

東京への研修旅行(森山ゼミ)

森山ゼミ(経営・マーケティング)では、8月7(木)~8日(金)の2日間、東京への研修旅行にでかけました。
東京到着後は、まず日用雑貨品の大手企業「ライオン」を訪問しました(写真)。対応してくださったのは、メディカルケア(薬品)事業部長の松木さん。事前に頂いていた研究課題についての意見交換が行われました。第一線で事業の指揮をとられている松木さんからのお話にゼミ生も感激。自分たちの未熟さがわかった、と納得でした。

会社訪問のあとは、新しい商業施設やアド・ミュージアムなどを見学し、マーケティングや消費行動に関する理解を深めました。第一日目の終了後は懇親会。飲んで食べて楽しく一日を振り返りました。
森山ゼミでは、研究報告のために11月末に熊本にでかけます。次回はそのときの様子をレポートします。

20140807_ゼミ生写真

ゼミの近況報告です(森山一郎)

今年から始まった森山ゼミ(経営分野)では、6人のゼミ生が経営・マーケティングの研究を行っています。3年次の前期は、戦略・企画立案のための基礎づくりとして、資料の分析やまとめ、報告・討議などに取り組んでいます。
これまで取り上げた題材は、エンターテイメントと経営、キットカットの製品戦略、企業における女子力の活用など多岐にわたります。現在は、ある企業の決算報告資料と悪戦苦闘しています(汗)。
前期を通じて、読む力、考える力、まとめる力、話し合う力、これらをしっかりと身につけ、後期からの戦略・企画の立案練習へとつなげていく予定です。
また、夏休みにはゼミ合宿(東京)を行う予定です。企業訪問や歴史・文化施設の見学、懇親会など盛りだくさんのスケジュールが予定されています。
合宿の様子はまた報告したいと思います。

20140613_森山ゼミ