カテゴリー別アーカイブ: 加藤裕治

K-MIX見学をしました!(加藤ゼミ)

5月29日、加藤ゼミの3年生はFMラジオ放送局「K-mix」(静岡エフエム放送株式会社)を訪問しました。
K-mixは今年で開局して36年。長年地域に根差したメディアとして活動するK-mixの方針や会社の概要、現在の自社制作プログラムについてお伺いし、ラジオ局の見学をさせて頂きました。
K-mixは局のロイヤリティが高く、そのシェア・聴取率は、他の放送局を抜いてダントツでトップです。特にメインターゲットである12歳~39歳は、38期連続でシェア・聴取率1位を獲得しています。それだけ多くの人々に、静岡ラジオの「定番」として受け容れられているんですね。
そんな見事な聴取率を得る秘訣としては、その放送スタイルを”変えない”ことによります。何時ラジオをつけても同じ人の声がする。いつものスタイルで、変わらずそこに在りつづけるラジオ空間が、高い聴取率のカギになっています。

そんな定番スタイルを貫くK-mixですが、この春から新番組「Double Eyes」が、2013年より放送していた人気番組「おひるま協同組合」に代わってスタートしました。ちょうど私たちが見学させて頂いた日には、水・木担当の新井翔さんがパーソナリティを務め、絶賛生放送中でした。ラジオ収録の現場を初めて見ましたが、収録室にはパーソナリティがおひとりなのに、防音ガラスの向こう側から和気あいあいとした雰囲気が伝わるようでした。

その傍らではコンピューター上で最新ニュース、気象情報、地震速報が逐一管理されていて、緊急のニュースや速報にもすぐ対応できるようにされていました。私自身ラジオを聴いているときに気象情報や交通情報を耳にはさんだりすることはありましたが、その情報がどのようにまとめられているのか、実際どのように台本がつくられているのか、というラジオ放送の裏側に立ち会うということはゼミ生の殆どが始めての事でした。

担当の日吉さんを始め、K-mixの皆様、貴重な体験をさせていただきありがとうございました!この機会に、私自身も生活にラジオを取り入れてみようと思います。
(文章:瀬戸芽以)

今年もK-mixを訪問しました(加藤ゼミ3年生)

6月7日、加藤ゼミの3年生はFMラジオ放送局のK-mix(静岡エフエム放送株式会社)を訪問しました。

一昨年、昨年も同時期にご訪問させていただき、今回で3度目になります。

K-mixのご担当は日吉さん。冒頭でK−mixの紹介ビデオを視聴させていただき、会社概要、番組編成やラジオ広告のお話などを伺いました。

その後、ラジオ局内を見学。オフィスやスタジオを見学させてもらったり、放送のテクノロジーについてお話をお伺いしました。終始、ラジオ局内独特の爽やかな雰囲気を感じながら話を聞くことができ、改めてラジオの魅力を感じることができました。

最後に、イベントスペース・Space-Kで局内を回った上での質疑応答を実施しました。

1時間半ほどの見学でしたが、大変貴重なお話をお伺いすることができ、ゼミ生の今後のメディア研究にも大変、役立つのではないかと思います。


K-mixを訪問しました(加藤ゼミ)

6月22日、加藤ゼミはFMラジオ放送局のK-mix(静岡エフエム放送株式会社)を訪問しました。

K-mixは1983年から放送を開始した浜松に本社を置く放送局です。『K−mix おひるま協同組合』をはじめ、多くの人気番組を放送しています。ゼミ生にはラジオ好きも多いため、今回、会社訪問を実施しました。

訪問の冒頭はまずK−mixの紹介ビデオを視聴。K−mix会社概要を把握したのち、ご担当の方から番組編成やラジオ広告のお話などを伺いました。学生からは、ラジオ局の経営面からパーソナリティのことまで、多くの質問がなされました。

その後、ラジオ局内を見学。オフィスやスタジオを見学させてもらったり、緊急放送の仕組みを聞いたりしましたが、一番盛り上がったのは、アーティストのサイン入り写真が一面に飾ってある壁面を見た時でした。

最後に、イベントスペース・Space-Kで局内を回った上での質疑応答を実施しました。

1時間半ほどの見学でしたが、ゼミ生はこれまで聴いていたラジオ局の内部を見学でき、大変有意義な時間を過ごせたようです。また改めてラジオ放送の魅力を確認したようでした。

DSC03767
DSC03780

「アクティ森」で研究会を実施しました(加藤ゼミ)

5月30日(土)、加藤ゼミは森町にあるアクティ森を訪問しました。
アクティ森は草木染や、陶芸、和紙作りなどの創作体験、またカヌーやテニス、川遊び、そしてバーベキューなども行なえる複合型の体験施設です。場所は天竜浜名湖鉄道の遠州森から車で10分ほど。周囲を緑豊かな山に囲まれ、のんびりした時間が流れるとても快適な場所です。

今回は、アクティ森さんと協力して、大学生から「この施設がどう見えるか」という研究会を開催しました。到着後、施設をご案内していただき、各自お昼へ。ゼミ生は本施設の名物である、大きな鶏肉を炭火で焼いた「がんこ焼き」や、地元の食材も利用した「季節のかわせみ御膳」に舌鼓をうっていました。

昼食後は本格的に議論をはじめました。最初にアクティ森さんから、施設の印象、サービスや食事、情報発信メディアの評価についての質問が提起され、ゼミ生がそれに返答するかたちで議論をすすめました。また静岡県立遠江総合高等学校の松田先生が討論にご参加くださり、さらに昨年、アクティ森のイベントで提供された高校生の方々が焼いたパンを頂きました。とても食感がよく、ゼミ生みんなでおいしく頂きました。

その後も議論を続け、最後に会の進め方や議論の内容を整理して会を終えました。1時ごろから議論を開始し、4時半近くまで議論し充実した一日となりました。今後は具体的なテーマを設定し、実際の活動を開始していきたいと考えています。

施設をご案内して頂く

施設をご案内して頂く

研究会の様子

研究会の様子

3年生ゼミ論のテーマぎめ(加藤裕治)

  新3年生を迎え、いよいよゼミがスタートです。
  本年はポピュラー文化と地域おこしをテーマにした調査をおこない報告書にまとめていこうと考えています。
  アニメやドラマといったポピュラー文化を利用した地域おこしは、これまで大きな話題となってきました。
  現在、おそらくブームとして話題になった時期から、それぞれの地域に定着していくのかどうか、という次のステップに移りつつあると私は考えています。
  今年のテーマは、これまで話題となった地域の現状と今後に向けた取り組みや課題を、具体的なフィールドワークで明らかにしていく予定です。
  現在は、調査に向けてポピュラー文化に関わる入門書や論文を読んでいます!

IMG_0405