ヤマハ株式会社・イノベーションロードに行きました(曽根ゼミ)

7月25日、曽根ゼミ3年生・4年生合同で、ヤマハ株式会社のイノベーションロードで見学をしました。
同月の3日にオープンしたばかりの新しい施設ということで、ゼミ生一同とても楽しみにしていました。

12のエリアから構成されているフロアの展示は、どれも驚きと発見に満ち溢れていました。
時代を感じる昔の機種から現在の最新機種まで、数多くの楽器がずらりと展示されていました。
作業工程の説明を読むだけではなく、実際の素材や部品に触れることができたので、細部まで洗練された技術に感銘を受けました。

音楽にまつわる展示品を通して、ヤマハの過去、現在、未来という進化の変遷を垣間見ることができたと思っています。
歴史と技術を重ねてきた、浜松の大企業の偉大さを感じることができました。

イノベーションロードの見学によって、ヤマハという企業について、そして企業史の重要性について学ぶことができました。
今後も企業の歴史や技術に関する研究を通して、学びを更に深いものにしていきたいです。
ありがとうございました。

(文章 宮本優佳)