舩戸ゼミが「日本村落研究学会」の大会で学会発表しました(舩戸修一)

農山漁村についての研究者で構成される「日本村落研究学会」では、毎年、地方で大会を開催しています。この大会では、学会員による研究発表やシンポジウムなどが行われます。

今年の第66回大会は、昨年10月27~28日(土~日)、宮崎県西臼杵郡高千穂町で開催されました。

舩戸ゼミでは、昨年に引き続き大会に参加し、2年生の中野七海さんと3年生の鈴木晴香さんが「『他出子』本人の帰郷意識の揺らぎ―浜松市天竜区佐久間町を事例として―」というタイトルで、天竜区佐久間町の集落調査の結果について学会発表しました。

発表内容は、現在、ゼミで取り組んでいる浜松市天竜区佐久間町のある集落から転出した子ども――これを「他出子」と言います――の帰郷意志をめぐる調査結果です。昨年度の調査では、集落に居住する親たちは「他出子」に帰郷意志の有無については尋ねることはほとんどなく、他出子も帰郷については親たちに伝えていないことも分かりました。今年度の調査では、他出子が帰郷意志の有無にかかわらず、親たちにその意志を伝えにくい理由があることを他出子本人への聞き取り調査から分かってきました。

今回の学会大会では、村落研究者から質問をいただき、活発な議論ができました。

今後も、このような学会大会においてゼミ活動で得られた知見を発表していきたいと考えています。