facebooktwitterGoogle+静岡文化芸術大学

ホーム > 碧風祭について

文化の創造と発信

碧風祭は学生たちにとって様々なイベントの企画立案や運営を通じて、社会貢献や国際交流の可能性を追及する場です。文化政策・デザイン両学部の特徴を活かし、プロジェクトとして地域の企業・団体と積極的に交流をはかり、世界に向けての文化・芸術の発信地を作ります。駅・中心市街地に近い立地条件を利用し、浜松のひとつの「顔」となるような存在感のある大学祭を目指します。

 

碧風祭の由来

スクールカラーの鮮やかな青(碧)と浜松の風をイメージして命名しました。SUACから浜松、世界、未来に、新しい風を起こすような碧風祭を創り出していこうという思いが込められています。

 

今年のテーマ「凛」

今年も学生の皆様からテーマを募集し、テーマは「凛」に決定しました。大学生活で将来の目標に向かって凛と進んでいくという意味が込められています。

今年のポスターは、乗松咲那(デザイン学部3年)さんがデザイン!

身の引き締まるような カッコいい凛を追求するのではなく「凛としていないものを凛とさせる」ことで遊び心のある学祭らしい表現をしようと考えました。凛としていないもの=普段曲がっているもの、という発想から、 腰の曲がっているエビをぴんと立たせたらおもしろそうだし、しゃんと胸を張って立っている感じが学祭に合うのではないかと思い立ち、このポスターができました。

 

 

第19回 静岡文化芸術大学 碧風祭

平成30年11月3日(土) 4日(日) 10:00~17:00