世界とつながる   ※この他にも多数、交流があり、その一部を掲載しています

pickup

Brazil

Italy

China

English

France

Korea

Indnesia

India

Bangradish

Nepal

USA

Canada

New_Zealand

Philippines

Australia

Thailand

新カリキュラムの特徴  ※指向に対応した受講の履修モデルを紹介しています。赤枠の授業名にロールオーバーすると概要がご覧になれます。

To acquire the ability to think, act and transmit information in English    PDFアイコンPDF download

|      
1年次 2年次 3年次 4年次
Specialized areas of interest
  • Global Studies : Culture and Society A
    This course will introduce important aspects of global culture and society through a survey of western classical music history. By drawing on historical examples of significant pieces of western classical music basic principles of rhythm, melody, and form will be analyzed. An overview of the historical context of the important periods in classical music, from the Medieval period through to present, will be presented. Particular attention will also be paid to demonstrating to how both the global and local cultural and political circumstances of each period exerted an influence on how much of western classical music was composed.
  • Global Studies : Culture and Society B
    This course will review Western cultural themes and how they are reflected in Western film. Important cultural and social themes as represented in western film will be introduced and discussed. Iconic films and characters will be explained in terms of how they reflected or foreshadowed changes in society. Specific focus will be placed on commonly held Western cultural norms and beliefs. Themes expected to be covered include democracy, war, technology, multiculturalism, the breakdown of the traditional family, love and spiritualism in modern times. The goal of the course is for students to become knowledgeable with the cultural themes explored in western films and how they reflect the values of western culture.
Seminar in International Culture I Seminar in International  Culture III
History of English and American Literature
  • Global Studies : Global Issues
    As a leading developed country with an aging population and declining birthrate, Japan’s future truly depends on its youth, its future leaders, being aware of significant global issues. Similarly, as globalization continues its unstoppable advance good language skills, particularly English skills, are becoming ever more necessary as well. This course offers students a survey of some important global issues including climate change, migration, food and water security, multiculturalism and volunteerism among others. The goal of the course is to deepen students’ knowledge and understanding of some of the critical issues affecting the entire world today. Issues will be examined in terms of the political, economic, social and cultural relationships affecting us all.
Seminar in International Culture II Seminar in International  Culture iV
Japanese-English Contrastive Linguistics Introduction to English  Linguistics I Ancient Greco-Roman Culture and Society Graduation Thesis
Cultural Studies in Western Europe and North America Introduction to English  Linguistics II    
Ethnicity in Multicultural Society
  • Survey of British Literature
    This course will survey the trajectory of British literature by focusing on the historical, cultural, and literary significance of works by British writers from the foundational texts to the postmodern era. Major periods to be covered will include: the Old English (or Anglo-Saxon) Period, the Middle English Period, the English Renaissance, the Neoclassical Period, the Romantic Period, the Victorian Period, the Modern Period and the Postmodern Period. Through lectures, discussions, audio-visual resources and presentations students will develop a greater appreciation of English language, literature and culture.
   
Introduction to International Culture A
  • Survey of American Literature
    This course will analyze the most significant American post-war literary and visual works or art with an emphasis on the historical background of the United States and particular focus on American culture and regional social issues such as immigration and intercultural issues among others. Students will be expected to do research into original sources, video material and other literary materials and report on their results in a group presentation. Oral presentations will be followed by question and answer sessions in which comments, thoughts and impressions of the literary works discussed will be exchanged.
   
History of Western Europe and North America    
History of Renaissance Culture    
British Cultural Studies  
Modern History of Western Europe    
Deepening knowledge ※General education courses ■ Cultural Exchange European  Union  
※Faculty courses ■ International Labor Migration History of Western Art I  
History of Italian Culture History of Western Art II  
French Cultural Studies  
Pracatical skills training Research Project A Seminar on Practice A Seminar on cooperation with the local community A  
       
Basic skills training
(Common & Faculty undergraduate subjects)
◎Experiential Seminar in Art and Culture Global Career Design  
◎Basics of Arts and Sciences      
◎Introduction to International Studies    
◎Basic Research Methods in International Studies      
◎Information Literacy Basic  
International Relations Ecological Design Non-profit and Non-governmental Organizations  
Comparative Culture Music and Society Cultural Policy and Law  
Introduction to Philosophy Arts and Society Education in Different Cultures  
Cultural Anthropology Information literacy application A Social Psychology  
Contemporary International Society Information literacy application B History of Social Thinking  
Law and Society Presentation Methods Culture of Music  
Human Rights Cultural Policy Multicultural Community Building  
Society and Statistics Arts Management Civil Society
Foreign languages English I A (Conversation) English III A (Conversation) Business English I  
English I B (Reading and Writing) English III B (Reading and Writing) Business English II  
English II A (Conversation) English IV A (Conversation)  
English II B (Reading and Writing) English IV B (Reading and Writing)    
Multimedia English I Multimedia English III  
Multimedia English II  
  • Basic English Composition
    The purpose of this course is to introduce the basic patterns of various registers of English writing from academic essay writing, business writing and e-mail communication to casual online chatting. Students will learn how to organize their thoughts and express their ideas by following the basic patterns and formulas used when writing in English. Understanding the basic patterns necessary when writing in English, and being able to use them appropriately, is an important goal of this writing course. Weekly assignments will require students to practice writing over the entire semester. Students will be expected to develop a functional level of mastery allowing them to organize their ideas and communicate their meaning appropriately in all registers covered in class.
 
  • Advanced English (Tourism)
    Students will acquire the practical skills necessary to serve as both domestic and international English tour guides and tour conductors. As Japanese go abroad ever more easily and frequently both the national and prefectural governments in Japan have been focusing increasingly on the tourism industry. As such, it is imperative to have the ability to effectively handle the variety of situations we may encounter while traveling, as well as important tourism-related terms and expressions. With an eye on life post-graduation, this course should be a part of the career path of anyone aspiring to a future job using English.
 
  • Advanced English (Conference)
    International conferences and meetings are increasingly using English as the medium of communication and there is a real need for people with both the language skills and the leadership ability to serve as chairpersons, moderators and masters of ceremonies of these events. The focus of this course will be on teaching the skills necessary to successfully carry out these jobs. Specific areas to be addressed include: opening remarks, introducing participants, addressing the audience, explaining the agenda, ensuring proper event flow, summarizing the opinions of speakers and even making jokes when appropriate. In order to develop the required language skills, events will be simulated and students will be expected to practice by role-playing in class. Students will also learn how to explain positions and opinions in writing and further develop their ability to negotiate with others through question-and-answer sessions.
 
  • Advanced English (Interpretation)
    This course is an important one on the career path of the student who hopes to be a professional interpreter, a volunteer interpreter or to work for a multinational company in our increasingly internationalized society. Areas to be covered include interpreter training principles, shadowing, sight translation, paragraph-by-paragraph summary and translation and the ability to quickly switch from Japanese to English and vice versa. As the number of foreigners living in Japan continues to increase community interpreters can play important roles as bridges between languages and cultures. As such, the fields of judicial, medical, school, and administrative interpretation will also be covered.
 
  • Advanced English (Translation)
    This is an introductory course on the career path for anyone hoping to pursue a career as a translator in the future. It is often said that translation is best learned by the experience of doing it. However, being able to learn translation theory and methods, actually practicing translation in class and learning the importance and difficulty of translation in the classroom are skills that will serve anyone well as they prepare for their future career. Having a knowledge of English grammar and a dictionary are necessary but not sufficient conditions to be able to do translation. Students will learn translation theory and then be expected to do extensive practice translating in various fields including expository writing, commentaries, essays, novels, picture books, comics, subtitles, song lyrics, manuals, catalogs, business letters, contracts and advertising statements.
 
French I A
French I B
French II A
French II B
Study abroad & Language training   External Foreign Language Tests A・B
  Intensive Language Study Abroad Programs A・B
  Semester/Year Study Abroad Programs A・B
※ Credits earned at a partner institution will be accepted as SUAC credits upon consideration and approval by the Faculty Committee.
 
Note ※ English names are unofficial.

グローバル・キャリア教育によるキャリアサポート   PDFダウンロードこの表をPDFでダウンロード

1年次 2年次 3年次 4年次
関心のある専門分野の追究 Global Studies:Culture and Society A
  • 国際協力論
    グローバル社会には、貧困、差別、紛争といった多くの課題があり、これらの課題は複雑な様相を呈しています。課題をかかえた多くの国をどのように支援し、発展に導くのか、その上で発生する様々な問題や葛藤をどのように解決するかを考えていく科目です。地球上の相互扶助システムをはたしてどのように確立していくのか、考えていきます。
国際文化演習 I 国際文化演習 III
ナショナリズム論 国際紛争論 国際文化演習 II 国際文化演習 IV
国際関係論 文化交流論 グローバルビジネス論※ 卒業論文
比較文化論 国際労働力移動論 メディア文化論※
多文化とエスニシティ Global Studies:Global Issues 社会起業論※
都市経営論 Global Studies:Culture and Society B
  • NPO・NGO論
    人々の幸せ、社会の正義は、これまで国家が考え、責任を果たすことだと考えられてきました。しかし、20世紀後半から、市民の自発的な発言や活動が社会に大きな影響を与えています。公益のために市民がつながる組織をNPO、時にはNGOと呼ぶようになりました。NPOやNGOは国家に代わりどのような役割を果たすことができるのか、また課題は何なのかを学んでいきます。
中国経済論 ※他学科科目
知識・思考力の深化 イスラーム概論 東南アジアの文化と社会A EU論
日本文化史 東南アジアの文化と社会B 古代ギリシア・ローマ文化と社会
西欧近現代史
西欧・北米の歴史
※全学科目は■ ドイツの思想と社会
※学部科目■ 韓国社会文化論
東南アジアの歴史
実践力養成 テーマリサーチプロジェクトA
  • テーマ実践演習A
    自分が実践を通して学んでみたい活動を科目として履修できます。たとえば、NPO、市民団体での長期ボランティアでもいいですし、研究のための長期フィールドワークも可能です。海外での活動になると、休学手続きが必要になりますが、こうした活動を希望する学生も徐々に増えています。
テーマ実践演習B
  • テーマリサーチプロジェクトB
    多文化共生、地域の課題解決などの領域を中心に、政策策定やプロジェクトの企画、立案のプロセス、合意形成や情報発信の手法を学び、卒業後に社会で活躍するためのキャリア形成につながる実践的な知識やスキルが身につく演習です。
地域連携実践演習B
  • 地域連携実践演習A
    まずは地域の活動に飛び込んで、頭と体を動かしながら、地域の課題について話し合い、問題解決の活動を体験します。頭だけで考えがちな社会課題を、人間関係や社会空間の中で実践的に学ぶ場です。
文章表現技法
ディベート技法
会計学
フィールドワークの手法
ファシリテーション技法
基礎力養成
(全学共通・学部共通の科目)
◎文化芸術体験演習
  • グロ−バル・キャリア・デザイン概論
    平成24年から、文部科学省は「グローバル人材育成推進事業」を推進しています。「グローバル人材」とは、グローバル社会で積極的に挑戦し、世界で活躍できる人材のことです。そのために必要なことは何か、どうやって実現するのか、いつまでに何を準備すればいいのかを、経験者の豊富な事例をもとに具体的に学び、将来のキャリアを学生時代から構築するためのサポートをします。
◎学芸の基礎
  • ◎国際文化概論
    国際文化とは何か。言語と文化、地域と文化の関係とはどのようなものか。文化と文化の関係から生じる様々な変化・軋轢・発展は人間にどのような影響を与えるのか。こうした国際文化の多様な局面について、学科の教員が交代で講義をして伝えていきます。また留学、インターンシップ、ボランティアを体験した多くの先輩たちの体験談、就職にかかわる準備と学びなど、学科での4年間の学びのイメージをこの科目では展望します。
◎国際文化基礎論
◎情報リテラシー基礎
哲学 文化政策概論
歴史学 非営利セクタ−の経営
文化人類学 多文化共生論
日本文化論 市民社会論
情報リテラシー応用A 社会思想史
現代の国際社会 情報リテラシー応用B
法と社会 プレゼンテーション技法
社会学概論
情報社会論
憲法 NPO・NGO論
文化政策と法
外国語 英語コミュニケーション I A 英語コミュニケーション III A
  • 英語上級 会議英語
    グローバル社会では、英語が実質的な公用語として使われる場が増えています。そのためには、英語力だけでなく、会議マナーやルール、習慣をよく知り、より実践的な英語を身に付ける必要があります。自分の意図を相手にしっかり伝え、しっかりと調整していく実力がグローバル社会で通用するのです。
英語コミュニケーション I B 英語コミュニケーション III B ビジネス英語 I
英語コミュニケーション II A 英語コミュニケーション IV A ビジネス英語 II
英語コミュニケーション II B 英語コミュニケーション IV B
備考 国際社会、ビジネス界で通用する語学力、基礎知識やリテラシー能力、応用実践力を備え、さらに国際社会を見据える多様な価値観を身に付けていくようにしています。

多文化共生社会を推進する人材の育成   PDFダウンロードこの表をPDFでダウンロード

1年次 2年次 3年次 4年次
関心のある専門分野の追究
  • 多文化とエスニシティ
    外国人と日本人の「当事者の視点」からの問題提起を受けて、互いの理解を図ります。浜松市在住の外国人の中で最も多いのはブラジル人(日系ブラジル人)です。その歴史的背景に焦点を当て、国際移動に伴う社会的適応とエスニシティの形成過程を学びます。さらに、外国人第二世代の教育と受け入れ社会への適応の実態、それらの問題点についても考察します。
国際協力論 国際文化演習 I 国際文化演習 III
Global Studies:Culture and Society A 国際紛争論 国際文化演習 II 国際文化演習 IV
文化交流論 卒業論文
  • 国際労働力移動論
    国際化する労働市場と多文化化する社会の理解を目指します。国際移動に関連する概念、移動の背景や歴史を踏まえて、日本を含む諸外国の事例や動向を紹介します。また、国境を越えた人の移動が受け入れ国と送り出し国にどのような影響を与えているのか、そして、相互にどう関連するのかについて考察します。多文化社会の中で人々はどのように生き、新たな環境に適応するためにいかなる挑戦をしているのかを論じます。
イスラーム概論
Global Studies:Culture and Society B
Global Studies:Global Issues
知識・思考力の深化 ※全学科目は■ 東南アジアの文化と社会A EU論
※学部科目■ 東南アジアの文化と社会B 古代ギリシア・ローマ文化と社会
東南アジアの歴史 韓国社会文化論
西欧・北米文化論
フランス文化論
 
実践力養成
  • テーマリサーチプロジェクトA
    テーマリサーチプロジェクトは教室で行う演習形式の授業です。数人でチームを組み、チームごとに異なる課題に取り組みます。ここでは多文化共生を推進するための地域課題を取り上げ、課題発掘、データの裏づけ、課題解決策の提案を行います。
  • 地域連携実践演習B
    2年次は、地域連携実践演習Bで、小学生を対象とする異文化理解ワークショップのメンバーとして活動します。
  • テーマ実践演習A
    3年次には、それまでの経験を踏まえて、テーマ実践演習Aのプロジェクトとして、日本人と外国人の若者が交流するイベントを企画し、その実行委員長として多文化共生の推進を図ります。
  • 地域連携実践演習A
    地域連携実践演習Aでは、高校進学を目指す外国人の子どもたちを対象とした学習支援活動に従事します。
基礎力養成
(全学共通・学部共通の科目)
◎文化芸術体験演習 グロ−バル・キャリア・デザイン概論
◎学芸の基礎
◎情報リテラシー基礎
◎国際文化概論
◎国際文化基礎論
国際文化入門A
国際文化入門B
国際関係論 歴史学 文化政策概論
比較文化論 文化人類学 非営利セクターの経営
ユニバーサル/インクルーシブデザイン論 日本文化論 生涯学習と文化
芸術と社会
  • 多文化共生論
    多様な文化的背景を持つ人々からなる社会を、どのように構築していくとよいのでしょうか。理論的前提を紹介した上で、日本における外国人市民の増加の歴史的背景を確認していきます。1990年代から進展しつつある多文化共生の諸施策について、基礎自治体の取り組み事例などを紹介しながら、その現状と課題を検討します。静岡県西部地域の先駆的事例が浮き彫りにする21世紀の日本社会の課題について考察します。
市民社会論
エコロジカルデザイン 情報リテラシー応用A 異文化と教育
社会と統計 情報リテラシー応用B
現代の国際社会 プレゼンテーション技法
社会調査論 統計学
法と社会 フィールドワークの手法
現代社会と教育 社会科学の方法
社会学概論 NPO・NGO論
人権論 アートマネジメント概論
外国語 英語コミュニケーション I A 英語コミュニケーション III A  
英語コミュニケーション I B 英語コミュニケーション III B
英語コミュニケーション II A 英語コミュニケーション IV A
英語コミュニケーション II B 英語コミュニケーション IV B
英語表現法 英語上級 会議英語
ポルトガル語コミュニケーション I A ポルトガル語上級 I A ポルトガル語応用
ポルトガル語コミュニケーション I B ポルトガル語上級 I B
ポルトガル語コミュニケーション II A ポルトガル語上級 II A
ポルトガル語コミュニケーション II B ポルトガル語上級 II B
備考 実践的な英語力を身につけると共に、静岡県西部地域でニーズの高いポルトガル語をマスターする。
グローバルな人の移動を視野に入れながら地域における多文化共生の最前線で活躍できる知識とスキルを身につける。

学科コンセプト・学び

menu00 menu01 menu02 menu03 menu04 menu05 menu06 menu07 menu08 menu09 menu10 menu11
concept_image00
  • 1/11
concept_image01

【国際文化学科という名】

学部や学科の名称変化

 現在の日本の大学の学部、学科の名前は多種多様です。

 従来の学部や学科の名称は、法学部、経済学部、文学部など総じて短く、それぞれが拠って立つ基幹的な学問分野を表していました。法学部には法学、経済学部には経済学、そして文学には文学が根幹となり、この根幹を表す名前がつけられていました。

 しかし、最近では、名前は総じて長くなり、そして、カタカナも増えてきました。たとえば、グローバル・コミュニケーション学科やリベラルアーツ学科のように。さらに、従来の考え方とは異なり、学部や学科の名称は単なる名前だという考え方も生まれてきました。


学部名や学科名の考え方

 少し古い数字ですが、2002年の調査では、国際文化学部、国際文化学科を持つ大学は、全国で66を数えておりました。学部名、学科名とそれが対応する学問との関係についていえば、大きく3つの立場に分かれます。

 第1に、「単なる名前」だという考え方です。先に説明したとおりで、学部名、学科名に対応する学問や基盤となる学問分野は存在しないという考え方です。このような大学は時代の変化や状況に応じて、学部名、学科名を次々と変えていくのだと思います。

 第2に、複数の学問分野を組み合わせて一つにまとめるという考え方です。文学、歴史学、社会学、経済学などの複数の柱から、「学際的なアプローチ」を行っていきます。

 第3に、「国際文化学」という新たな学問分野を構築するという考え方です。「国際文化」という名が意味するグローバルやインターナショナルといった観点から、従来にはない新しい教育や研究を行おうとするものです。

  • 2/11
concept_image02

【インターカルチュラリティ】

 ここからは、第3の考え方、新しい学問分野である「国際文化学」とは何かという観点から静岡文化芸術大学の「国際文化学科」の特徴を説明してみましょう。

インターカルチュラリティ=間文化性

 「国際文化学」を英語ではintercultural studies といいます。この英語を構成要素に分解してみると、"inter-"=「間」、"cultural"=「文化」、"studies"=「学」となり、この学問の性格がある程度みえてくるでしょう。  国際文化学とは、文化と文化の「あいだ」におこる現象を対象とする学問といえます。具体例をいくつか挙げてみましょう。外来文化の受容と抵抗、日本発のアニメ・マンガのグローバル化、異なった文化的背景を持つ住民たちで作るコミュニティのあり方、移民文学、翻訳論・通訳論、地域統合と文化的基盤など、研究の射程は多岐にわたります。

 文化と文化の「はざま」に着目する国際文化学の考え方は「インターカルチュラリティ」(interculturality)という概念に集約されます。インターカルチュラリティは日本語で「間文化性」とも訳されます。


インターカルチュラリティという考え方−「構造」「関係」「過程」

 インターカルチュラリティという考え方の重要なポイントは、文化を「構造」「関係」「過程」という三つの角度からとらえるという視点にあります。つまり、「文化を不変」の実体としてみるのではなく、「一定の安定性をもちながら他との関係で時代とともに変わる体系」ととらえる考え方です。文化を「(バランスを保ちながらも)可変的であるもの」としてみる点が特徴です。

 国際文化学科の教育課程にみられる学際性は、インターカルチュラリティという国際文化学の文化についての基本認識にも基づくアプローチということができます。

  • 3/11
concept_image03

【インターカルチュラリティ】

1)文化を「構造的」にとらえる

 文化を「構造的」にとらえるというのは、ある時点での文化のもつ安定性に着目することを意味します。これは「文化を静態としてとらえている」ということもできます。世界の様々な言語や文化についての研究や学習は、一定の安定性を前提にして理解が深まります。文化を「構造」としてとらえることで、その文化を「読み解く」ことが可能になります。わたしたちの目には一見「奇異に」映る文化要素、たとえば、「新たに生まれた若者文化」も、その文化の体系の中でどのような役割を果たしているかみていくことで、理解可能なものになっていきます。それぞれの文化には独自の価値と論理が備わっており、文化は「構造的」に成り立っているのです。


2)文化を「過程的」にとらえる

 文化を「過程的」にとらえるというのは、文化が変化する側面に着目することを意味します。文化は時系列に沿って、ある型から別の型に変化していきます。「多文化共生」を例にとって考えてみましょう。多文化共生という考え方は、決して変化しない「固定的」なものではありません。「固定的」で「不変的」であるものをお互いに受け入れていこうとするものでもありません。多文化共生は「共に変化する」ことなのです。「共に変わり合い」「共に変化する」ことこそがこの考え方の要諦なのです。

  • 4/11
concept_image04

【インターカルチュラリティ】

3)文化を「関係的」にとらえる

 文化を「関係的」にとらえるというのは、インターカルチュラリティの「インター」という視点を反映した文化の捉え方です。ここには二つのポイントがあります。

 ひとつは、文化を他の文化との絶えざる交流の相でとらえることです。文化が多様なものとの絶えざる出会いと交流のなかで常に混じり合いながら生まれてきました。この点は文化を理解する上で重要です。

 もうひとつは、文化の「接触状況」についての歴史認識です。この点も文化と理解する上で重要となります。文化と文化の出会いは、常に対等な「文化交流」の場においてなされたわけではありません。文化の接触と変容は、しばしば「支配・操作」対「従属・抵抗」という圧倒的なタテの権力関係の場においてなされてきました。こうした関係を一連の歴史の中で認識し理解していくことは交流にとって必須の要素となります。  学問としての国際文化学のテーマは、文化と文化の交差する「はざま」で起こる現象の解明なのです。

4)「構造」「関係」「過程」の交差領域−カリキュラムを通して説明する

 ここまでは、「構造」「関係」「過程」の三つを独立したものとして考えてきました。

 ここからは、三つの交差領域についてカリキュラムを例にとり説明します。

 「文化を構造的」にとらえるのは言語学であり、多くの地域研究科目です。「文化を構造的、かつ、過程的」にとらえるのは文化人類学です。

 「文化の関係性」をグローバルな視点から解き明かすのは国際社会学や国際関係論です。「文化の構造性と関係性」の交差領域に関わるのが、翻訳や通訳に関する研究です。

 また、「文化の関係性と過程性」については歴史学が重要な知見をもたらしてくれます。この交差領域には文化の接触と変容という国際文化学の最も中心的なテーマが存在しているのです。

  • 5/11
concept_image05

【静岡文化芸術大学の国際文化学科】

教育目標

 インターカルチュラリティという概念は、国際文化学の研究対象のみならず、その教育目標も明示しています。その目標とは、「文化と文化をつなぐ力の育成」と「文化と文化の関係を調整する実践的能力の養成」ということができます。「文化を越えていく力の育成」と「文化を活かす力の育成」とも表現できるでしょう。

 「国際文化」を名乗る学部や学科は、それぞれが全く異なった内容で構成されているわけではありません。「国際文化」の特徴は、キャッチフレーズ的に言えば、「行動する人文科学」です。あるいは、「外国語」+「人文科学」+「フィールドワーク」とも表現できます。

 本学ではインターカルチュラリティという概念が指し示す「文化を越えていく力の育成」と「文化を活かす力の育成」という目標に、「国際性」「地域性」「超域性」「実践性」という点を強調し、目標達成のための教育内容を組み立てております。

  • 6/11
concept_image06

【静岡文化芸術大学の国際文化学科】

1)国際文化学の「国際性」−外国語教育の重視

 「国際性」の基盤となる「外国語教育」の重視です。「文化を越える」うえで、外国語の能力は必須のツールとなる場合もあります。「文化と文化の関係を調整する」ためには、一定程度以上の外国語能力がないと、文字通り「話にならない」わけです。

 本学では、学部学科を問わず、全学生が1・2年次に、英語もしくは中国語を必修の外国語として勉強します。そのうえで、文化政策学部の選択外国語として、フランス語、ポルトガル語、韓国語、インドネシア語、イタリア語、ドイツ語を自由に選択して勉強することができます。さらに、国際文化学科だけの専門科目として、英語については「英語表現法」「観光英語」「会議英語」「通訳」「翻訳」といった高度で応用的な授業、そして、中国語と韓国語は上級、フランス語とポルトガル語は上級、応用のクラスが開設されています。加えて、国際文化学科ではGlobal Studies:Global Issues, Culture and Society A・B 、英米文学概論Aなどの授業は、外国人教員によって英語での講義が行われます。

 本学は小さな規模の大学なので、一定の基準での「選択と集中」を行っております。その基準は3つです。第1に「東アジアの重視」です。今日、国際関係の表層においてこそ、日中、日韓の関係には荒波が目立ちます。しかし、そのような時代であるからこそ、歴史、文化、言語の理解は重要なのです。第2には、「文化芸術の深い伝統」をはぐくむ言語の重視です。フランス語、イタリア語、そしてドイツ語の知識は、豊かな文化の宝庫への「鍵」ともなります。第3に、浜松という「地域に深く関わる言語」です。日本でもっとも多くのブラジル人が住む町にある大学として、ポルトガル語教育には力を入れております。一方、地域に根ざす企業の多くは同時にグローバルな経済活動を展開しております。その活動は東アジアにとどまらず、東南アジアに広がっていきます。もとより、ASEAN10カ国すべてをカバーすることはできませんが、文化的な交流も含めて、インドネシア語を選択外国語として本学の学部科目に配しております。

 国際文化学科における外国語教育のもうひとつの特徴は、「言語を通して文化を理解する」ことが明確に意識されている点です。「文化と文化の橋渡しをする」「文化と文化をつなぐ」「文化と文化の関係を調整する」能力を養成する上で大切な土台になります。

  • 7/11
concept_image07

【静岡文化芸術大学の国際文化学科】

2)国際文化学の「地域性」−「歴史、文化、社会」を理解するために

 文化を理解するためには、その文化をはぐくむ地域の歴史や社会と切り離して考えることはできません。本学のカリキュラムでは、このような知見を系統的に得るために、次の科目群が準備されております。

 静岡文化芸術大学で用意されている「外国語科目」に関係の深い「地域」の「歴史、文化、社会」を理解するための科目群です。

 「中国の文化と社会」、「韓国社会文化論」、「東南アジアの文化と社会」「東南アジアの歴史」などは、東アジア、東南アジア地域に関する科目群です。「イタリア文化史」、「フランス文化論」、「イギリス文化論」「西欧・北米文化論」、「西欧近現代史」、「西欧・北米の歴史」、「近現代の中東」、「中東現代史」などは、地中海・西欧・北米に広がる地域の科目群です。特に関係の深い東アジア、東南アジアに関しては、「中国経済論」「アジアビジネス論」など、歴史、社会、文化といったいわゆる「人文系」の枠を超え、「経済」に軸足を置いた「社会科学系」の科目群も配しております。

 ここでは、「日本」の歴史、社会、言語、文化を理解するための科目群も対象となります。「文化と文化をつなぐ」ためには、実はまずもって「自文化」を理解し、それを説明する能力を培わなくてはなりません。「日本文化史」「日本史学A,B」「日本文学史」「日本文学A,B」「日本語研究」「日本語語彙研究」など「日本」についての豊富な専門科目群がこれにあたります。

  • 8/11
concept_image08

【静岡文化芸術大学の国際文化学科】

3)国際文化学の「超域性」−「文化間の関係性」と「間文化性」

 学問としての国際文化学のテーマは、文化と文化の交差する「はざま」で起こる現象の解明にありました。文化と文化の接触と変容を扱った科目群も用意されています。

 文化と文化のさまざまな「関係性」をグローバルな視点から理解し、探究する科目群です。これらの科目の一部は、いわゆる「人文科学」(humanities)の枠を超え、国際系の「社会科学」(social sciences)の一部を取り込んでおります。「国際関係論」「国際紛争論」「比較文化論」「文化交流論」「スポーツ文化論」「国際労働力移動論」「ナショナリズム論」などがこれにあたります。英語で講義される「Global Studies: Global Issues」「Global Studies: Culture and Society A・B」もここに位置します。


 「国際文化学」で「文化」という場合、「広義の文化(小文字の文化)」と「狭義の文化(大文字の文化)」が区別されます。「広義の文化」とは、あらゆる人間集団が持っている生活様式や社会的慣習、価値観、生活体系を意味し、「文化人類学的な意味での文化」と表現されることもあります。それに対し、「狭義の文化」とは、人間の知的、精神的活動が生み出す美術、音楽、文学、演劇などの芸術や教養を意味します。

 「狭義の文化」である音楽、美術、演劇、文学などを通じての「つながり、広がり」は「間文化性」の重要な構成要素です。「美術史(日本・東洋)I」、「美術史(西洋)I」、「音楽史I」といった芸術文化学科で開講されている科目群、さらには、「漢文学I・II」「英米文学史」「英米文学概論A・B」「日本文学作品研究」など一連の「文学」関連科目がこれにあたります。

  • 9/11
concept_image09

【静岡文化芸術大学の国際文化学科】

4)国際文化学の「実践性」−間文化活動

 多くの国際文化学関連の学部、学科では、「現場に出ること」「現場で学ぶこと」の意義を強調し、それぞれの地域に根差した「間文化活動」のフィールドワーク科目を工夫して設置しております。

 私たち「静岡文化芸術大学文化政策学部国際文化学科」は、「文化政策学部」(the Faculty of Cultural Policy and Management)という実践志向の強い学部を構成する学科であることにより、「現場で学ぶ」科目群を特に重視し、カリキュラムの根幹に据えております。そもそも「文化政策」の「政策」とは、その英訳(Policy and Management)に明らかなように、狭い意味での政策(policy)のみならず、「なんとかやりくりして実現すること」(management)を含む広い概念です。文化政策学部においては「フィールドワークの手法」「ファシリテーション技法」「プレゼンテーション技法」などの現地調査、企画・運営面での技法科目の基礎を学びます。全学的には、「地域連携実践演習」「テーマ実践演習」「テーマリサーチプロジェクト」などの科目で企画、調査、連携、実践の体験学習に取り組みます。

 国際文化学の教育目標は、文化と文化の間の関係を調整する実践的能力の育成にありました。国際文化学科では、領域に重なりはありますが、次のような間文化的な分野での授業科目を配し、実践活動のための諸制度を整備しております。

  • 10/11
concept_image10

【静岡文化芸術大学の国際文化学科】

活動内容

1)多文化共生系科目

 すでに触れたように、静岡文化芸術大学のある静岡県浜松市は日本で最も多くのブラジル人が住む町です。2012年度には「多文化共生都市ヴィジョン」を策定し、「多文化共生社会」の実現に向けた先駆的な取り組みを展開しております。本学における間文化活動の多くが、この浜松という地域に根差した「多文化共生」にかかわっております。学部科目として「多文化共生論」「NPO・NGO論」、そして、学科の専門科目として「多文化とエスニシティ」「国際労働力移動論」を配し、「現場での学び」を支えております。


2)日本語教員養成課程

 多文化共生分野でも特に重視するのが日本語教員養成課程です。「日本語教授法」「日本語文法」「日本語研究」「企業と言語教育」「日本語教育の実践と応用」など充実した学科専門科目が資格認定を支えております。日本語教員養成課程の本学ならではの特徴は、ブラジル人学校と連携し、本学の学生がブラジル人学校の生徒を教えながら、日本語教授法を実践的に学習する授業方法にあります。

  • 11/11
concept_image11

【静岡文化芸術大学の国際文化学科】

活動内容

3)グローバル・キャリアデザイン

 間文化活動はローカルな現場に根差した活動だけでなく、グローバルな舞台でも展開していきます。フィンドレー大学(米国)、ウェールズ大学トリニティ・セント・デイヴィッド(英国)、浙江大学城市学院(中国)、湖西大学校(韓国)、ブルゴーニュ大学(フランス)、アイルランガ大学(インドネシア)、ボローニャ大学(イタリア)、上海工程技術大学(中国)などとの留学協定は、グローバル人材育成のためのひとつのステップです。イギリス、中国、フランス、インドネシアへの短期の語学研修は単位としても認定されます。

 学科専門科目「グローバル・キャリアデザイン概論」では、国境を越え、さまざまな分野で活躍する現役の「グローバル人材」を招き、国境を越えて働くための力の育成とキャリアパス形成のためのノウハウを学びます。グローバルな舞台に向けて実際に一歩踏み出すための跳躍台になる授業です。

4)Intercultural Activities

 以下、ここ数年、国際文化学科の学生を中心に行われている「間文化活動」(インターカルチュラル・アクティビティ)のいくつかを紹介します。これらの活動の多くは、2015年以降、全学科目「実践演習」として単位認定されていくことが想定されます。

 ■ちぇれめいえ(世界とつながる[バングラデシュ]参照) [世界とつながる]へ

 ■ハビタット(世界とつながる[ネパール]参照) [世界とつながる]へ

 ■FESTA JULINA NA SUAC(世界とつながる[ブラジル]参照) [世界とつながる]へ

 ■ピヨピヨクラス:就学前支援活動(国際文化学科でスキルアップ[英語科教職課程の特色]参照)

  [国際文化学科でスキルアップ]へ

ピックアップゼミ

国際文化学科でスキルアップ     ※このほか、司書教諭等の資格もとれます

日本語教員養成課程の特色

 静岡文化芸術大学には、全学部の学生が取得できるものとして、日本語教員養成課程があります。本学の日本語教員養成課程は、他の大学にない特徴的な点として、1~2年間、毎週授業を担当する点があげられます。

●日本語教員養成課程で学んでいる鈴木恵理(SUZUKI Eri)さん 3年生
 日本語教員養成課程を受講して3年目に入りました。現在、私は、日本語教育の実践として、1年間会話クラスを担当しています。
 2年生までに学んだ基礎的理論を前提にして実践を行うのですが、実際に教えるという経験を通して、教える側も多くのことを学びます。たとえば、テキストを使ってそのまま教えた場合、授業自体は成立するのですが、これでは形だけの授業で、学習者にとっての学びが実践的かつ効果的なものになっているのかという不安や悩みに突き当たります。「いかに実践に近づけるか」は会話クラスにとって大事なことです。また、学習者が効果の高い方法で、効率も良く学べているのかを常に考えます。SUACでは、自分が学んできた学習経験だけに頼るのではなく、研究と理論を学ぶことで自分自身の方法と授業案を確認します。理論から実践へ、実践から理論と相互補完して学ぶことができるのは、大学ならではの学びです。
 留学生との学習を通して学ぶことがたくさんあります。学習者の文化を知ることはもちろん、私たちの使う日本語の仕組み、また、私たちの日本文化(企業文化、社会的常識、そして、生活文化)を再発見することもあります。

日本語教員養成課程の授業風景1 日本語教員養成課程の授業風景2 日本語教員養成課程の授業風景3

国語科教職課程の特色

 国際文化を学びながら、国語科教員免許を取得できる。これがSUACの教職課程の特徴です。国語に関する科目が充実している大学はたくさんあります。SUACでは、国際文化学の中で日本を捉える視点から、日本文学、日本語学、そして、教育学を学ぶことができます。多文化共生を目指すといった新しい日本社会のあり方と、その社会における学校教育という視点は本学ならではの特徴だといえます。

●国語の教師としての仕事 髙橋由多(TAKAHASHI Yuta)さん 卒業生(社会人1年目)
 国語の教師としての仕事。それは、「国語」という科目を教えるプロであると私は考えています。
 SUACでは、日本文学、日本語学、教育学などについて学ぶことができます。ですが、正直に言うと、この講義だけではそれらを専門的に学んできた人たちに太刀打ちできませんし、SUACで行われる講義だけで十分かと言われると、そうではないかもしれません。あくまで個人的な考えですが、これは事実だと思います。
 しかし、SUACに通った学生が魅力的な国語の教師になれないというわけではないと、私は思います。SUACでは、国際文化を学ぶことができます。多文化共生について学ぶことができます。浜松という土地柄を生かした外国人児童と関わるボランティアの紹介もたくさんあります。今後、国際化が進んでいく中で、このような知識、経験がある教師に魅力がないのでしょうか。
 確かにSUACで国語の教師を目指すことは難しいことかもしれません。文学的知識、古典文法、文章の内容読解、日本語学、教育学など、それらを専門的に学んできた人には、SUACの講義だけでは到底かないません。しかしそれらは、自らの努力で補える範囲ではないでしょうか。SUACで学ぶことのできる国際文化や多文化共生、ボランティアを通じたそれらの実践は、他の大学では決してできない、SUAC独自の魅力だと思います。
 従来の「日本文学やその知識」を教える国語の教師とイメージが違うかもしれません。ですが、「国語」は文章読解をするだけの科目ではありません。話すこと・聞くことや伝統的な言語文化について教えることも「国語」の教師としての仕事です。日本という文化、言語を多角的にとらえ、他国の文化、言語との比較ができ、ボランティアなどの経験を踏まえた「国語」は、生徒にとっても魅力的なものです。
 難しい一面もあります。努力しなければならないこともあります。ですが、SUACでは、他大学にはない、SUACならではの「国語」の教員を目指せると思います。

国語科教職課程の授業風景1 国語科教職課程の授業風景2 国語科教職課程の授業風景3

英語科教職課程の特色

 浜松市内にある中学校や小学校での、学習支援活動や外国語学習の授業見学など学外に出て教育現場から学ぶ機会が数多く用意されているのが本学の特色といえます。最近ではどの大学でも、教職課程では主に「理論」と「実践」の両面から学ぶ制度になっています。1年生と2年生前期までの「理論的学び」から、2年後期からの「実践的学び」へというように、知識と経験を積んでいくことになります。

 SUACは規模の小さな大学ですが、教職に関して言えば、この少人数であることが大きなメリットとなります。ある講義では、教育現場で実際に起きている問題に対して視覚教材を通して現場を知り、その解決や対応方法についてグループディスカッションを行います。印象や感想、そして、自分の経験から出た意見を、徐々に教育理論や教育原理に則って本質的な解釈へと修正していき、現場に適した解決策を講じていきます。

●英語の教師としての仕事 解田智子(TOKITA Chiko)さん 卒業生(社会人1年目)
 大学を卒業して1年目は磐田市のふるさと先生採用枠で中学校臨時講師として働きました。昨年、教員採用試験に合格し、今年度からは沼津市の中学校教員として働いています。現在、担任は持っていませんが、1年生に英語を教えています。
 新しい環境の中、新しい生徒たちと過ごす毎日は、もちろんうまくいかないことも多くあります。自分の行動や指導が正しかったのか、どうしたら生徒が英語を使いたくなるような授業を作れるのか。そんなことを考えながらも日々の忙しさに目の前のことで手一杯になっているのが現状です。そのような中でも、生徒が向けてくれる笑顔や何気ない会話の中の言葉に救われています。もちろん、同僚の先生方にも毎日助けられながら、アドバイスをいただきながら働いています。
 大変な毎日ですが、それでも自分で選んだ道だから、頑張ろうという気持ちになります。大学時代、自分が納得するまで相談に乗ってくれ、学ぶ機会を作ってくださった先生との出会いがなければ今の自分はいないと思います。感謝の気持ちを忘れずにこれからも頑張っていきたいです。

本学教職課程の授業風景1 本学教職課程の授業風景2 本学教職課程の授業風景3 本学教職課程の授業風景4

英語・中国語センター(中国語)

 SUACでは「英語・中国語教育センター」として、英語と並んで、中国語教育にも力を入れ、中国語コミュニケーション能力の向上をサポートしています。グローバル人材育成のための役割を担っています。

●英語・中国語教育センターで中国語を学ぶ小塚大智(KOZUKA Taichi)さん 3年生
 私が中国留学を決意したのは、大学で三人の中国出身の先生方に出会ったことです。大学入学当時、私の中国の方々に対してのイメージというのは決していいものではありませんでした。それはメディアで報道される中国関連のニュースの影響からか、同級生の皆も同じような考えを持っていました。しかし、この三人の先生方は私の今までの中国に対してのイメージを180度変えてくれました。この出会いをきっかけに、より多くの中国の方々と接してみたい、中国という国をもっと知りたいと思うようになりました。
 中国留学中は本当に多くの方々にお世話になりました。最もお世話になったのがルームメイト李さんのご家族です。中国での長期休みの期間、私は一人で寮に残るつもりでしたが、それを見かねた李さんが、私を家に泊めてくれました。ご家族の皆さんも快く歓迎してくれ、様々の場所に連れて行ってくれました。こんなにも優しい方々に出会えた自分は非常に幸せだと思います。
 中国語力は、非常に向上したと感じています。日本語学科のルームメイトと過ごすことで、普段の生活からも多くのことを学ぶことができました。私は中国留学始まって二ヶ月でHSK五級を取得し、現在は最上級のHSK六級の取得と中国語スピーチコンテストに向けて頑張っています。
 中国留学を経て、今まで以上に積極性という部分が成長したと感じています。外国という地で全てのことが初めての経験だった私にとって、様々なものに対しての好奇心というのがより一層増しました。これは帰国後も変わらず、日本という地でも自分が今まで経験したことのないものへの好奇心から、様々なイベントなどにも積極的に参加するようになりました。中国留学で得た多くのものを今後の残り少ない大学生活で活かしていきたいと思います。

英語・中国語センターの活動の様子1 英語・中国語センターの活動の様子2 英語・中国語センターの活動の様子3 英語・中国語センターの活動の様子4

海外留学・外国語スピーチコンテスト1

 SUACでは、多様な異文化に対する理解を深め、新たな人や世界との出会いを引き寄せるために、海外留学をサポートしています。また、外国語を学ぶにあたって学問的知識にとどまらず、実践の場で必要なスキルを身につけるために、外国語スピーチコンテストへの参加を推奨しています。

●2015年度第9回全日本学生イタリア語弁論大会で優勝した
 塚本帆名未(TUKAMOTO Honami)さん 4年生
 私は大学3年次後期より一年間休学して、イタリアのフィレンツェ大学へ私費留学しました。留学中は大学と並行して語学学校に通い、イタリア人向けの日本語の授業のティーチングアシスタントをするなど語学力向上に努めました。
 大学の授業では、自分の卒業論文のテーマでもあり、日本では専門的に学ぶことが難しいアグリツーリズム(農村観光政策)についての授業やイタリア語の言語学の授業を履修し、大学の単位習得に励みました。また、卒業論文研究の為に実際に農村地域を訪れ、幾つかの民家への宿泊や収穫祭や食の見本市に参加など自分の足で現地調査をしました。帰国後挑戦した、全日本学生イタリア語弁論大会では優勝という成績を頂き、自分自身の成長を実感しました。
 私のように私費留学の道だけでなく、SUACにはボローニャ大学との協定もあるので、イタリアへ留学したい気持ちがあれば様々な方法で誰でも挑戦できます。一番大切なことは、語学+何かを学んでくることだと思います。同じ場所への同じ期間の留学でも、その質を左右するのは自分次第です。自分だけの留学を通じ、たくさんの素敵な経験に出会ってみて下さい。

外国語スピーチコンテスト・国際文化交流活動1−1 外国語スピーチコンテスト・国際文化交流活動1−2 外国語スピーチコンテスト・国際文化交流活動1−3 外国語スピーチコンテスト・国際文化交流活動1−4

フェアトレード活動

 浜松市が全国で4番目の「フェアトレードタウン」認定される中、全国初のフェアトレード大学に認定された本学においても、積極的なフェアトレード活動を推進しています。

●フェアトレード活動に参加した山口裕司(YAMAGUCHI Yuji)さん 4年生
 大学1年生の時に、友人から聞いて知った「フェアトレード」。活動の幅を広げることはできないだろうか?そんな相談から、もっと効率的に、誰でも親しめるような方法で伝えることはできないだろうかと考えました。
 もともと料理が得意だった創立者は、カフェという方法を提案しました。食べることとボランティアすること・・・食べるボランティア!その友人が放った言葉です。これが TABEBORA 創立のきっかけです。フェアトレード商品(コーヒー、紅茶、ココア、その他食品、衣類)を仕入れて、カフェのメニューの一部に使用し、お客様に食べていただくことでボランティアに参加できる。カフェというツールを使って、自然に啓発することが形にできました。
 2014年7月まずは大学の中から。そして大反響を得て、大学を飛び出し2015年12月に浜松まちなかにぎわい協議会の協力を得て1号店を開き、2016年11月にシェアオフィスDexiの協力とクラウドファンディングで支援していただいた方々の協力を得て2号店をオープンさせました。1号店、2号店ともに最大の目的は「フェアトレードを啓発すること」です。その目的を全うするために、両店舗の特徴を最大限に活かして活動をしております。
 TABEBORAという活動を通して、メンバー自身もフェアトレードに詳しくなっていき、卒業してメンバーが入れ替わって、どんどん啓発されていく。そのような循環の継続により、大学生から大きな啓発をしていきたいと考えております。

フェアトレード活動・国際文化交流活動2-1 フェアトレード活動・国際文化交流活動2-2 フェアトレード活動・国際文化交流活動2-3 フェアトレード活動・国際文化交流活動2-4

English recommendation

● Admission via the English recommendation system

SUAC also offers admission through an English recommendation system. The examination evaluates students based upon their writing (an English essay), and interviews in both English and Japanese. After entering SUAC, students are able to study French, Italian, Chinese and Korean among other languages. As for general studies, students can learn about international cultures as seen from various aspects such as language, culture, and history.

 Danielle Santos

I have always had a strong interest in languages and different cultures. So when I had to decide which university I would enter, I chose SUAC. I knew that here I would be able to study what I was interested in. Another point that encouraged me to choose this university was the admission via the English recommendation system. As I was interested in languages, English was the subject I did the best at in high school. Therefore, through this system, it was easier for me to enter the university.

At SUAC I continued studying English, and at the same time I started learning Korean and Italian. At this time I’m taking Portuguese classes, where we practice translating Japanese essays into Portuguese.

“Multiculturalism” is one of the studies I learned about after entering the university. I grew up experiencing both Japanese and Brazilian cultures at the same time, so I found the topic of multiculturalism to be very interesting.

|


As part of the study activities, I had a chance to take part in a debate in Portuguese, where some SUAC Brazilian students debated about education with Brazilian parents who have their children at Japanese schools. I also participated in a workshop at Minami-no-Hoshi Elementary School, where SUAC students taught children about different cultures by introducing them to foreign festivals and music. Another event related to this field of study that we had recently is the “Festa Julina na SUAC” which means the traditional festival in Brazil.

The main purpose of this event was to give foreign students and their parents a chance to to visit a Japanese university, and show them that it’s not impossible to study at a Japanese university.

In the fall semester of my second year, I went to Korea as an exchange student from my university. I started to learn Korean, because its characters are completely different from what I'm accustomed to seeing, and I really wanted to know how to read them. When I was in Korea I not only learned their language but also I realized that there are many differences between countries. My biggest surprise was the foreigners living there.

For the first time I noticed that foreigners exist in every country, and that they also have problems like foreigners in Japan. Until then, foreigners for me were those living in Japan; especially Brazilians. After this experience I became more interested in immigration studies. Why do people move from their own country knowing that they will experience difficulties? I’m now studying why people immigrate, and the problems they encounter.

卒業生の主な進路・
卒業生の声


国際文化学科 最近4年間の卒業生の主な進路(平成27年、28年、29年、30年)

株式会社オルトス、中部国際空港旅客サービス株式会社、株式会社不二、株式会社リビングサーラ、株式会社キャタラー、株式会社トップシーン、株式会社シップス、株式会社ユタカ技研、福井県庁(小中学校事務)、中央自動車工業株式会社、天星製油株式会社、株式会社秀英予備校、株式会社ミサワホーム静岡、スズキ株式会社、蒲郡信用金庫、ヤマハ発動機株式会社、静清信用金庫、社会福祉法人天竜厚生会、静岡鉄道株式会社、豊橋市役所、塩尻市役所、日本生命保険相互会社 浜松支社、エヌ・ティ・ティ・システム開発株式会社、浜松市教育委員会(講師・英語)、エンケイ株式会社、中部ガス株式会社、ヤマハモーターパワープロダクツ株式会社、東京地下鉄株式会社、はごろもフーズ株式会社

静岡県公立中学校教員(英語2名)、磐田市公立中学校講師(英語1名)、浜松市公立中学校講師(英語1名)、岐阜県公立中学校教員(英語1名)、菊川市公立中学校常勤講師(英語1名)、静岡県庁(行政)、掛川市役所、菊川市役所、湖西市役所、豊橋市役所、静岡県警察本部2名、全日本空輸株式会社、株式会社JR東海ツアーズ、株式会社エイチ・アイ・エス、スズキ株式会社、ヤマハ発動機株式会社2名、鈴与海運株式会社、愛知海運株式会社、マーク・ジェイコブスジャパン株式会社、NCA Japan株式会社、株式会社OCS、有限会社春華堂、エンケイ株式会社、プライムアースEVエナジー株式会社、静甲株式会社、株式会社遠鉄ストア、静岡ダイハツ販売株式会社、株式会社安心堂、株式会社清水銀行、株式会社八十二銀行、浜松信用金庫、岡崎信用金庫、焼津信用金庫、豊川信用金庫、静清信用金庫、静岡県厚生農業協同組合連合会(JA静岡厚生連)、岡三証券株式会社、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、明治安田生命保険相互会社、株式会社イーオン、静岡大学大学院、静岡文化芸術大学大学院、香川大学大学院、広島大学大学院、首都大学東京大学院、筑波大学大学院

静岡県公立中学校教諭(英語2名)、静岡県公立中学 校教諭(国語1名)、磐田市公立中学校教諭(英語2名)、袋井市公立中学校教諭(国語1名)、静岡県庁3名(行政)、藤枝市役所、富士市役所、日本航空株式会社、エミレーツ航空、東海旅客鉄道株式会社(JR東海)、静岡鉄道株式会社、スズキ株式会社、ヤマハ発動機株式会社2名、鈴与株式会社、中部ガス株式会社、株式会社静岡中央銀行、浜松信用金庫2名、遠州信用金庫、掛川信用金庫、蒲郡信用金庫2名、豊橋信用金庫、日本生命保険相互会社2名、第一生命保険株式会社、住友生命保険相互会社2名、株式会社赤阪鐵工所、セキスイハイム東海株式会社、株式会社ミサワホーム静岡、株式会社朝日メディアブレーン、イオンリテール株式会社、エンケイ株式会社、カリツー株式会社、共和レザー株式会社2名、小島プレス工業株式会社、株式会社JALナビア、シロキ工業株式会社、株式会社中央図研、株式会社中京医薬品、社会福祉法人天竜厚生会、株式会社TOKAIホールディングス、トランスコスモス株式会社、三井造船システム技研株式会社、株式会社八神製作所、静岡大学大学院、静岡文化芸術大学大学院、東京大学大学院

静岡県公立中学校教諭(英語)、愛知県公立中学校教諭(英語)、埼玉県公立中学校教諭(国語)、 岐阜県公立中学校国語常勤講師、静岡県庁2名(行政)、静岡県警、静岡市消防局、浜松市役所、長浜市役所、スズキ6名、ヤマハ発動機2名、 矢崎総業、千代田工業(自動車部品)、エンシュウ2名、ハーモ、NAITO、マキテック、アビックヤマダ、河合楽器製作所2名、日星電気、 セキスイハイム東海、ANA2名、中部国際空港旅客サービス、ドリームスカイ名古屋、東京モノレール、鈴与マテリアル、アオキトランス、 名鉄観光サービス、JR東海ツアーズ、松屋銀座、遠鉄ストア、スズケン、赤ちゃん本舗、ホンダカーズ静岡、清水銀行、静銀ビジネスクリエイト2名、 静岡県信用農業協同組合、浜松信用金庫、掛川信用金庫、蒲郡信用金庫、JAとぴあ浜松、JAぎふ、静銀ティーエム証券、日本郵便、 ラビアンローゼ、マイナビ、TOKAI、遠鉄システムサービス、東京アカデミー、遠鉄自動車学校

voice1

※学生の学年表記は取材当時のものです。