• 新着情報
  • コンクール開催情報
  • イベント
新着情報一覧
RSS

イベント

2019年12月2日

第9回コンクールポスターデザイン制作プロジェクトの3回目のミーティングが行われました。 今回は、前回ミーティングのラフスケッチを基に検討を重ね、いよいよ配色まで施した案が出てきました。学生たちが、自分の案についてラフスケッチからどうのように発展させてきたか、どういう意図でモチーフを描いたかなどそれぞれに説明をしました。 これに対して、佐井教授から配色や空間の使い方についてなどの具体的なアドバイスや、情報伝達機能を大切にといったポスターの在り方について助言がありました。 横山学長も駆けつけ、それぞれの案について質問などをしながら感想を伝えたうえで、モチーフや色づかいなどにおいて、文化的背景にも配慮しながら組み立てると良い、というお話をしてくださいました。 次回は、選考会前の最後のミーティングです。さらにブラッシュアップされた案がポスターの原寸サイズで出揃います!

イベント

2019年11月11日

第9回静岡国際オペラコンクールへ向けて、ポスターデザイン制作プロジェクトがスタートをきって2週間。第2回目のミーティングが行われました。 短い期間でしたが、参加学生たちは、ポスターのキービジュアルの案などをラフスケッチにして持ち寄り、何をモチーフにしたのか、どんなイメージを表現しようとしているのかなどを一人ずつ説明し合いました。 コンクールの英語愛称が「Mt.Fuji Opera」であり、開催地である静岡県の象徴的存在でもある富士山をモチーフとしてどう表現するか、歌手のドレスやステージの照明などのイメージを取り入れていきたい、など様々なアイディアが飛び交いました。他の人はどんな発想をするのか刺激になるようで、自分の説明でないときもメモをとりながら真剣に発表者の話に聞き入っていました。指導を担当するデザイン学部の佐井教授からアドバイスもあり、次回ミーティングまでにさらに案を深めていく

イベント

2019年11月5日

10月27日(日曜日)静岡会場(しずぎんホールユーフォニア)において、オペラ県民講座が開催されました。来場されたお客様をはじめ、多くの方々に感謝申し上げます。 岸純信氏の解説で、第7回第8回コンクールで入賞した2名の歌手の得意なアリアと二重唱を披露していただきました。アンケートには、「わかりやすい解説があって曲を聴く、とっつきにくいと思っていたオペラがすっと入ってきて、親しみを覚えることができました」「晴れた秋空のように清々しいお声に感激しました」「ブラボー×10,000回」「解説、歌唱、ピアノ、全てがパーフェクト」などのお声がありました。 これにて今年度の県民講座は終了です。ご来場くださった方、会場でお配りしたプログラムは捨てずに、来年夏に開始されるコンクールチケット販売の時までとっておいてくださいね。将来の大オペラ歌手がたくさん集まる第9回静岡国際オペラコンクールにご期待くださ

イベント

2019年10月31日

第9回静岡国際オペラコンクールへ向けて、ポスターデザイン制作プロジェクトがスタートしました! このプロジェクトは、静岡文化芸術大学でデザインを学ぶ学生たちがポスターデザインの制作に取り組むもので、デザイン学部教授の指導のもと、数回のミーティングを通じて個々にデザイン案を練り上げていきます。最後に選考会でプレゼンテーションを行い、最優秀賞に選ばれた作品が第9回コンクールの顔としてポスターをはじめ様々な広報ツールに展開されます。 10月23日、第1回ミーティングを開催。 前回デザインが採用された今野滉平さん(平成29年度卒業生)を講師として迎え、体験談やアドバイスを交えてレクチャーしていただきました。現在もデザイナーとして活躍する先輩の説明に、学生たちは真剣な表情で聞き入っていました。 先輩に触発され、意欲充分の学生たちの今後の取り組み、作品に期待が高まります!

イベント

2019年10月29日

この秋、3回の県民講座に出演し、美声を惜しみなく披露していただいた小堀勇介さんが、10月25日金曜日に本選が行われた第88回日本音楽コンクール声楽部門(主催:毎日新聞社/NHK)で、見事第1位に輝きました! 第88回を数える日本音楽コンクールは、1932年から続く歴史あるコンクールで、第7回から静岡国際オペラコンクールで審査委員長を務める木村俊光氏や、元審査委員長の伊藤京子氏も第1位として名を連ねています。 ますます小堀さんの動向に目が離せなくなりました。今後の更なるご活躍を期待し、みなさまの応援もよろしくお願い致します。​

イベント

2019年10月24日

10月20日(日)沼津会場(沼津市民文化センター小ホール)において、オペラ県民講座が開催されました。来場されたお客様をはじめ、多くの方々に感謝申し上げます。

イベント

2019年10月24日

オペラ県民講座には多くの方からお申込をいただき、誠にありがとうございます。 10月24日12時をもちまして全ての会場の申込受付を終了致しました。

イベント

2019年10月11日

10月6日(日)浜松会場(静岡文化芸術大学講堂)において、オペラ県民講座が開催されました。来場されたお客様をはじめ、多くの方々に感謝申し上げます。

イベント

2019年10月11日

この秋、3回の県民講座に出演される小堀勇介さんが、12月23日にアクトシティ浜松大ホールでの第九公演でテノールソロを務めます。 目覚しい活躍を続けている小堀さんを、改めてご紹介する必要はないでしょう。その美声をご堪能ください。 来年は楽聖ベートーヴェン生誕250年の記念の年。「歓び」を歌い上げる第九とともに年を越し、新たな年を迎えられてはいかがでしょうか。

コンクール開催情報

2019年9月12日

第9回静岡国際オペラコンクール応募要項を発表します。応募要項の詳細につきましては、下記のURLを御参照ください。

コンクール開催情報

2019年1月7日

 静岡文化芸術大学では、静岡国際オペラコンクール実行委員会事務局に勤務する非常勤職員を募集しています。  オペラコンクールの成功に向けて、私たちと一緒に働いてみませんか。  国際的な業務に関心のある方、英語力に自信のある方のご応募をお待ちしています。    募集締切:平成31年1月31日(木)  募集内容や応募方法の詳細については、下のリンクから静岡文化芸術大学のホームページにアクセスし、募集要項をご覧ください。

コンクール開催情報

2018年7月20日

第6回コンクール(2011年)で最高位ならびに三浦環賞を受賞した、ソプラノ・吉田珠代さんが、第12回岩城宏之音楽賞(主催:公益財団法人石川県音楽文化振興事業団)を受賞しました。岩城宏之音楽賞は、故岩城宏之(オーケストラ・アンサンブル金沢永久名誉音楽監督)の遺志を受けて、北陸三県(富山・福井・石川)に縁を持ち現在優れた音楽活動を行っている音楽家を顕彰し、支援する目的で2007年に創設された音楽賞です。なお吉田珠代さんは、今年9月8日土曜日に、石川県立音楽堂コンサートホールにて行われる「岩城宏之メモリアルコンサート」において、ユベール・スダーン指揮オーケストラ・アンサンブル金沢の演奏のもと、ソリストとして出演する予定です。

コンクール開催情報

2018年4月2日

第8回静岡国際オペラコンクールの模様を収録したテレビ番組及び1位から3位までの入賞者の本選での演奏の映像をユーチューブにて公開致しました。下記のURLから御覧ください。

コンクール開催情報

2018年3月5日

2017年11月に開催された第8回コンクールのフォトギャラリーを作成しました。ぜひ御覧ください。

コンクール開催情報

2018年1月17日

第8回静岡国際オペラコンクールの模様を収録したテレビ番組の放送日が決まりましたので、お知らせします。ぜひ御覧ください。 1 SBS(静岡放送) 平成30年2月4日(日)深夜25:50-26:44(5日午前1:50-2:44) 2 CBC(中部日本放送) 平成30年2月9日(金)深夜26:39-27:33(10日午前2:39-3:33)

コンクール開催情報

2017年11月19日

本選結果をお知らせします。 (画像を追加しました。12月15日)

コンクール開催情報

2017年11月17日

本選の出場順をお知らせします。

コンクール開催情報

2017年11月16日

本選出場者をお知らせします。

イベント

2019年12月2日

第9回コンクールポスターデザイン制作プロジェクトの3回目のミーティングが行われました。 今回は、前回ミーティングのラフスケッチを基に検討を重ね、いよいよ配色まで施した案が出てきました。学生たちが、自分の案についてラフスケッチからどうのように発展させてきたか、どういう意図でモチーフを描いたかなどそれぞれに説明をしました。 これに対して、佐井教授から配色や空間の使い方についてなどの具体的なアドバイスや、情報伝達機能を大切にといったポスターの在り方について助言がありました。 横山学長も駆けつけ、それぞれの案について質問などをしながら感想を伝えたうえで、モチーフや色づかいなどにおいて、文化的背景にも配慮しながら組み立てると良い、というお話をしてくださいました。 次回は、選考会前の最後のミーティングです。さらにブラッシュアップされた案がポスターの原寸サイズで出揃います!

イベント

2019年11月11日

第9回静岡国際オペラコンクールへ向けて、ポスターデザイン制作プロジェクトがスタートをきって2週間。第2回目のミーティングが行われました。 短い期間でしたが、参加学生たちは、ポスターのキービジュアルの案などをラフスケッチにして持ち寄り、何をモチーフにしたのか、どんなイメージを表現しようとしているのかなどを一人ずつ説明し合いました。 コンクールの英語愛称が「Mt.Fuji Opera」であり、開催地である静岡県の象徴的存在でもある富士山をモチーフとしてどう表現するか、歌手のドレスやステージの照明などのイメージを取り入れていきたい、など様々なアイディアが飛び交いました。他の人はどんな発想をするのか刺激になるようで、自分の説明でないときもメモをとりながら真剣に発表者の話に聞き入っていました。指導を担当するデザイン学部の佐井教授からアドバイスもあり、次回ミーティングまでにさらに案を深めていく

イベント

2019年11月5日

10月27日(日曜日)静岡会場(しずぎんホールユーフォニア)において、オペラ県民講座が開催されました。来場されたお客様をはじめ、多くの方々に感謝申し上げます。 岸純信氏の解説で、第7回第8回コンクールで入賞した2名の歌手の得意なアリアと二重唱を披露していただきました。アンケートには、「わかりやすい解説があって曲を聴く、とっつきにくいと思っていたオペラがすっと入ってきて、親しみを覚えることができました」「晴れた秋空のように清々しいお声に感激しました」「ブラボー×10,000回」「解説、歌唱、ピアノ、全てがパーフェクト」などのお声がありました。 これにて今年度の県民講座は終了です。ご来場くださった方、会場でお配りしたプログラムは捨てずに、来年夏に開始されるコンクールチケット販売の時までとっておいてくださいね。将来の大オペラ歌手がたくさん集まる第9回静岡国際オペラコンクールにご期待くださ

イベント

2019年10月31日

第9回静岡国際オペラコンクールへ向けて、ポスターデザイン制作プロジェクトがスタートしました! このプロジェクトは、静岡文化芸術大学でデザインを学ぶ学生たちがポスターデザインの制作に取り組むもので、デザイン学部教授の指導のもと、数回のミーティングを通じて個々にデザイン案を練り上げていきます。最後に選考会でプレゼンテーションを行い、最優秀賞に選ばれた作品が第9回コンクールの顔としてポスターをはじめ様々な広報ツールに展開されます。 10月23日、第1回ミーティングを開催。 前回デザインが採用された今野滉平さん(平成29年度卒業生)を講師として迎え、体験談やアドバイスを交えてレクチャーしていただきました。現在もデザイナーとして活躍する先輩の説明に、学生たちは真剣な表情で聞き入っていました。 先輩に触発され、意欲充分の学生たちの今後の取り組み、作品に期待が高まります!

イベント

2019年10月29日

この秋、3回の県民講座に出演し、美声を惜しみなく披露していただいた小堀勇介さんが、10月25日金曜日に本選が行われた第88回日本音楽コンクール声楽部門(主催:毎日新聞社/NHK)で、見事第1位に輝きました! 第88回を数える日本音楽コンクールは、1932年から続く歴史あるコンクールで、第7回から静岡国際オペラコンクールで審査委員長を務める木村俊光氏や、元審査委員長の伊藤京子氏も第1位として名を連ねています。 ますます小堀さんの動向に目が離せなくなりました。今後の更なるご活躍を期待し、みなさまの応援もよろしくお願い致します。​

イベント

2019年10月24日

10月20日(日)沼津会場(沼津市民文化センター小ホール)において、オペラ県民講座が開催されました。来場されたお客様をはじめ、多くの方々に感謝申し上げます。

イベント

2019年10月24日

オペラ県民講座には多くの方からお申込をいただき、誠にありがとうございます。 10月24日12時をもちまして全ての会場の申込受付を終了致しました。

イベント

2019年10月11日

10月6日(日)浜松会場(静岡文化芸術大学講堂)において、オペラ県民講座が開催されました。来場されたお客様をはじめ、多くの方々に感謝申し上げます。

イベント

2019年10月11日

この秋、3回の県民講座に出演される小堀勇介さんが、12月23日にアクトシティ浜松大ホールでの第九公演でテノールソロを務めます。 目覚しい活躍を続けている小堀さんを、改めてご紹介する必要はないでしょう。その美声をご堪能ください。 来年は楽聖ベートーヴェン生誕250年の記念の年。「歓び」を歌い上げる第九とともに年を越し、新たな年を迎えられてはいかがでしょうか。

  • 第8回静岡国際オペラコンクールフォトギャラリー
  • イリスフォトギャラリー
  • 第7回コンクールフォトギャラリー
  • 公式フェイスブックページ
  • 公式ツイッター
  • 静岡国際オペラコンクール公式チャンネル
  • 静岡文化芸術大学
  • World Federation of International Music Competitions
ページの先頭へ戻る