ホーム > 新着情報 > トピックス > 2001 > <終了イベント>2002年3月10日(日)開催・第1回県民オペラ「蝶々夫人」(原語上演)

トピックス


<終了イベント>2002年3月10日(日)開催・第1回県民オペラ「蝶々夫人」(原語上演)

公開日:2002年3月10日
第3回静岡国際オペラコンクール(2002年11月開催)のプレイベントとして、第1回県民オペラ「蝶々夫人」の公演が行われました。
蝶々夫人役には、第2回コンクールで三浦環特別賞を受賞した斉藤紀子さん(二期会会員)を、またピンカートン役には、松浦 健さん(藤原歌劇団団員・静岡県出身)を迎え、他のキャストについては、静岡県在住または静岡県出身者からオーディションを行い決定しました。

また、公演用のポスターのデザイン画も公募し、106点の応募作品の中から、2点が選ばれ、ポスターとプログラムにそれぞれ使用しました。約半年間の音楽練習・立ち稽古を経て、2002年3月10日(日)に行われた公演には、会場を埋めた聴衆から惜しみない拍手が送られ、感動のうちに幕がおりました。
公演日:2002年3月10日(日) 午後2時開演

会場:グランシップ 中ホール・大地

指揮:鈴木織衛
演出:中村敬一
蝶々夫人:斉藤紀子
ピンカートン:松浦 健
シャープレス:下村信幸
スズキ:佐藤典子
ゴロー:桑原啓郎
ボンゾ:初鹿野 剛
神官:田代和久
ヤマドリ:牛尾次郎
ケイト:須山和代
ヤクシデ:鷲見誠一

オーケストラ:静岡県プロオーケストラ連盟

ページの先頭へ戻る