ホーム > 新着情報 > トピックス > 2010 > オペラおもしろ講座 三島公演 開催!

トピックス


オペラおもしろ講座 三島公演 開催!

公開日:2010年12月16日
静岡国際オペラコンクールセミナー オペラおもしろ講座 「どうしてヒロインは死んじゃうの?!」は、浜松・静岡に続き、三島公演が12月11日(土)三島市民文化会館小ホールで行われました。
最終公演の模様を写真とともにお届けします。
◆第1部
平野 昭先生(静岡文化芸術大学教授)が登場。
「どうしてヒロインは死んじゃうの?!」なんてタイトルを「どうして」設定しちゃったんだろう・・・と先生をも悩ませる今回のテーマ。

「フランス革命以降、宮廷音楽が徐々に衰え、パトロンを失った芸術家はヒロインが死ぬオペラを創ることで民衆を惹きつけようとしたのでは?」と、オペラが創られた時代背景に触れながら解説しました。

また、オペラの終幕で死んでしまうヒロインを紹介しながら、「オペラの華やかな恋愛の世界では、死ぬことで愛の救済を求めているのかもしれません。」と平野先生。

結核で命を落としたヒロイン、ヴィオレッタやミミに話が及ぶと、
「今の時代なら死ななくてもすんだのに・・・。でも死ななきゃドラマにならない!」と、平野先生の独特な視点からユーモアたっぷりなお話を伺うことができました。
◆第2部
おまちかね「ヒロインの名アリア集コンサート」は、小林教子さん(沼津市在住)が「ハバネラ」(カルメンより)を歌いながら客席通路からステージへ登場。続いて百瀬美樹さん(富士宮市在住)による「宝石の歌」です。
プログラムははフランスオペラからイタリアオペラへ。大野浩嗣さん(沼津市在住)のピアノ伴奏にあわせ、お二人とも衣装を替えての登場です。
美しい響きと、情感あふれる歌声で聴衆を魅了しました。
◆ヒロインの名アリア集
1 ハバネラ / ビゼー「カルメン」  小林教子
2 宝石の歌 / グノー「ファウスト」  百瀬美樹
3 私の名はミミ / プッチーニ「ラ・ボエーム」  小林教子
4 歌に生き、愛に生き / プッチーニ「トスカ」  小林教子
5 ある晴れた日に / プッチーニ「蝶々夫人」 小林教子
6 慕わしい人の名は / ヴェルディ「リゴレット」 百瀬美樹
7 神よ、平和を与えたまえ / ヴェルディ「運命の力」 小林教子
8 ああ、そは彼の人か 花から花へ / ヴェルディ「椿姫」 百瀬美樹
多くのお客様の御来場、誠にありがとうございました。
さて、来年11月はいよいよ第6回静岡国際オペラコンクールが開催されます。
3年に1度のチャンス!是非、オペラ歌手たちの真剣さあふれるステージを観にいらしてください。
ページの先頭へ戻る