ホーム > 新着情報 > トピックス > 2012 > 第4回県民オペラ「夕鶴」特別講座 第3回が開催されました

トピックス


第4回県民オペラ「夕鶴」特別講座 第3回が開催されました

公開日:2013年2月22日
第4回県民オペラ「夕鶴」公演に先立ち開催されてきましたオペラ「夕鶴」特別講座、ついに最終回が2月17日(日)に静岡文化芸術大学・音楽室にて行われました。講座は演出の中村敬一氏と指揮の柴田真郁氏によるオペラ「夕鶴」の楽譜分析から始まりました。
フルスコア(オーケストラのすべてのパートが載っている楽譜)を実際に見ながら、「夕鶴」特有の和音階を用いたモチーフについて分かりやすく解説してくださいました。
楽譜分析のあとは、ソプラノ光岡暁恵さんによる、つうのアリア「与ひょう、あたしの大事な与ひょう」が披露されました。
休憩をはさみ、後半は中村氏、柴田氏に加え光岡さん、急きょ飛び入りで与ひょう役のテノール水船桂太郎さんも参加してくださいました。楽しくアットホームな雰囲気の中、稽古でのエピソード、今回の上演にあたっての思いを語ってくださいました。
オペラ「夕鶴」特別講座に参加してくださった皆様、ありがとうございました。
3月10日(日)の上演をどうぞお楽しみに!
第4回県民オペラ「夕鶴」公演の詳しい情報についてはこちらをご覧ください。
ページの先頭へ戻る