ホーム > 新着情報 > トピックス > 2012 > 第4回県民オペラ「夕鶴」特別講座(全3回)ご案内

トピックス


第4回県民オペラ「夕鶴」特別講座(全3回)ご案内

公開日:2013年1月23日
第4回県民オペラ「夕鶴」特別講座~夕鶴と日本のオペラの歩んできた道を辿る
(11月12日(月)より受講受付を開始します。)

豪華な講師陣をお迎えし、長年愛され続けるオペラ「夕鶴」の歴史的誕生やその無限の魅力に迫ります。初心者の方だけでなく、オペラファンの方にも楽しんでいただける内容です。

◆ 「夕鶴」特別講座のチラシ、Fax申込書(PDFファイル・191KB)はこちらからダウンロードできます

「夕鶴」特別講座チラシ・Fax申込書.pdf[PDF:191.5KB]

第1回 2013年1月12日(土) 午後1時から・静岡文化芸術大学講堂
「夕鶴の原風景を訪ねて」


講師: 二本松 康宏(静岡文化芸術大学准教授・日本昔話学会代表委員)/ 
松本 なお子(ストーリーテラー)

内容: オペラ「夕鶴」のもととなった民話「鶴の恩返し」。今もなお語り継がれる豊かな伝承の世界へご案内します。
松本なお子さんによる民話の語りもどうぞお楽しみに!
(定員:300名)

第2回 2013年2月3日(日) 午後1時から・静岡文化芸術大学講堂
「日本人の日本人による日本人のためのオペラの誕生~團伊玖磨の目指したオペラ~」


講師: 伊藤 京子(第4回県民オペラ芸術監督、国立音楽大学名誉教授)/ 
中村 敬一(オペラ演出、国立音楽大学客員教授、大阪音楽大学客員教授)

内容:  團伊玖磨氏の指揮のもと長年に渡ってオペラ「夕鶴」の主役「つう」を演じてこられた伊藤京子芸術監督に、團先生と「夕鶴」についてのエピソードや日本オペラの歩んできた歴史について伺います。
(定員:300名)

第3回 2013年2月17日(日) 午後1時から・静岡文化芸術大学音楽室
「オペラ『夕鶴』のアナリーゼ~音楽劇としての魅力~なぜ『夕鶴』は愛され上演を重ねたのか~」


講師: 柴田 真郁 (第4回県民オペラ指揮者)、光岡 暁恵 (ソプラノ歌手、第5回静岡国際オペラコンクール第1位)
ナビゲーター : 中村 敬一 

内容オペラ「夕鶴」の見どころ・聴きどころをソプラノ光岡暁恵さんの歌声と柴田真郁さんのお話とともにピアノ伴奏でお届けします。
※アナリーゼ:楽譜を作品の背景、音符等様々な角度から分析します。
(定員:150名)
◆ 入場料 1講座 500円 注:本公演チケットをお持ちの方は無料

◆ 会場 静岡文化芸術大学(浜松市中区中央)

◆ 全席自由となります。

◆ 2012年11月12日(月)より受講申し込み受付を開始します。先着順、定員に達し次第、受付終了となります。

◆ お申し込み方法
E-mail、はがき、Faxのいずれかで次の必要事項をご記入の上お申し込みください。
希望の講座
氏名
住所、電話番号(複数の場合は代表者のみ)

◆ お申し込み・お問い合わせ先
〒430-8533 浜松市中区中央2-1-1 静岡文化芸術大学内
静岡国際オペラコンクール実行委員会事務局
電話 053-457-6446 Fax. 053-457-6447
E-mail: opera@suac.ac.jp
第4回県民オペラ「夕鶴」公演の詳しい情報についてはこちらをご覧ください。
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です(無償)。Adobe Readerをインストールすることで、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。右のボタンからダウンロードしてください。
Get ADOBE READER(別ウインドウで開く)
ページの先頭へ戻る