ホーム > 新着情報 > トピックス > 2013 > オペラおもしろ講座 浜松会場、大盛況のうちに終了しました

トピックス


オペラおもしろ講座 浜松会場、大盛況のうちに終了しました

公開日:2013年12月12日
来年開催される第7回静岡国際オペラコンクールに先立ち、浜松、静岡、沼津の3会場で開催される「オペラおもしろ講座 オペラって何だろう?~誕生から現在まで~」。

12月8日(日)、浜松公演(静岡文化芸術大学・講堂)は無事終了しました。
当日は満員のお客様を前に、第7回静岡国際オペラコンクール審査委員長・木村俊光氏がオペラの発祥から現代にいたるまでの歴史を、様々なエピソードを交えながら解説。伴奏は髙田絢子さん(新国立劇場オペラ研修所ピアニスト)。
木村氏のユーモアを交えた登場紹介を受けながら、個性豊かな若手声楽家8名が登場。熱のこもった演奏を披露しました。  
カヴァエーリ「魂と肉体の劇」より
テムポ:松中 哲平
 
モーツァルト「フィガロの結婚」より
伯爵夫人:林 よう子
 
モーツァルト「魔笛」より
夜の女王:清野 友香莉
 
ワーグナー「タンホイザー」より
ヴォルフラム:村松 恒矢
 
ヴェルディ「ドン・カルロ」より
左 ドン・カルロ: 菅野 敦 / 右 ロドリーゴ: 村松 恒矢
 
R.シュトラウス「バラの騎士」より
左 オクタヴィアン:藤井 麻美 / 右 ゾフィ:今野 沙知恵
 
プッチーニ「トゥーランドット」より
カラフ:菅野 敦
 
レハール「ほほえみの国」より
スー・チョン殿下:伊藤 達人
 
次の公演は、12月22日(日)しずぎんホール ユーフォニア(静岡市)にて行います。
どうぞお楽しみに!
(静岡公演の受付は定員に達した為終了しています。)
ページの先頭へ戻る