ホーム > 新着情報 > トピックス > 2013 > オペラおもしろ講座 沼津会場にてフィナーレを迎えました

トピックス


オペラおもしろ講座 沼津会場にてフィナーレを迎えました

公開日:2013年12月25日
来年開催される第7回静岡国際オペラコンクールに先立ち、県下3会場で開催の「オペラおもしろ講座 オペラって何だろう?~誕生から現在まで~」。

12月22日(日)、沼津会場(沼津市民文化センター小ホール)の公演をもちまして無事フィナーレを迎えました。
ナビゲーター・木村俊光氏(第7回静岡国際オペラコンクール審査委員長)の軽妙な語りで講座がスタート。オペラの語源は?発祥はどんなものだったのか?意外と知られていない史実を分かりやすく解説していきました。
ヘンデル「セルセ」より
セルセ:伊藤 達人
 
沼津会場ではソプラノ、テノールの登場が増えたプログラムとなりました。
モーツァルト「フィガロの結婚」より
スザンナ:種谷 典子
 
モーツァルト「魔笛」より
タミーノ:小堀 勇介

 
有名作曲家の知られざるエピソードの数々に客席からは笑いも。
今年、生誕200年を迎えたワーグナー&ヴェルディの歌曲、ドン・カルロの男声2重唱と見どころが続き、会場は大いに盛り上がりました。
ロッシーニ「セヴィリアの理髪師」より
フィガロ:小林 啓倫
 
ウェーバー「魔弾の射手」より
アガーテ:飯塚 茉莉子
 
ワーグナー「タンホイザー」より
エリザベート: 原 璃菜子
 
ヴェルディ「ドン・カルロ」より
左 ドン・カルロ:日浦 眞矩 / 右 ロドリーゴ:小林 啓倫
 
講座もいよいよ終盤、感動的なアリアの連続。
グノー「ファウスト」より
ファウスト:岸浪 愛学
 
R. シュトラウス「バラの騎士」より
テノール歌手:伊藤 達人
 
プッチーニ「トゥーランドット」より
リュー:飯塚 茉莉子
 
レハール「ほほえみの国」より
スー・チョン殿下:日浦 眞矩
 
客席からのアンコールに、歌手全員の合唱で応えました。
3会場とも大変多くのお客様をお迎えし、オペラおもしろ講座は無事終了いたしました。
ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。
そして来年11月には第7回静岡国際オペラコンクールが開催されます。
開催期間:11月8日(土)~20日(木)

静岡県で開催される3年に1度の世界的声楽コンクールにぜひご来場ください。

第7回コンクールの詳しい情報はこちらをご覧ください
 
ページの先頭へ戻る