ホーム > 新着情報 > トピックス > 2015 > 第5回県民オペラ・ポスターデザインプロジェクト始動!

トピックス


第5回県民オペラ・ポスターデザインプロジェクト始動!

公開日:2015年5月8日
第5回県民オペラ『イリス』のポスターのデザイン制作に、静岡文化芸術大学の学生が取り組みます。5月7日(木)、プロジェクト第1弾としてオリエンテーションを行いました。
演出家 三浦安浩氏
 
デザイン学部・佐井国夫教授
オリエンテーションでは、県民オペラ『イリス』の演出家・三浦安浩氏から、学生に向けて、わかりやすい講演をいただきました。

オペラの成り立ちから始まって、『イリス』が初演された19世紀末のヨーロッパの時代背景や当時のイタリア人から見た未知の国ニッポン・・・難しそうなイメージのオペラが、少し面白くなってきました!

また、『イリス』の作曲家ピエトロ・マスカーニの傑作『カヴァレリア・ルスティカーナ』の迫力あるシーンや着物姿のソリストが歌う『イリス』のクライマックスシーンをDVDで観せていただきました。初めてオペラを観た学生は、その舞台美術やソリストの迫力ある演技や感情を表すダイナミックな演奏・・・オペラが「総合芸術」と言われる所以を実感しました。

引続き、デザイン学部の佐井国夫教授から、ポスターをデザインするためには、まず三浦氏の講演をよく理解してイメージすることが大切、というお話がありました。そして、ポスターデザインの行程として、オリエンテーションで感じたことを学生同士ディスカッションし、その後、ラフデザイン、色等の数回の中間チェックを経て、各自よりよいポスターを創作して行きます、という説明がありました。

これからのポスターデザインプロジェクトに期待しましょう!
 
ページの先頭へ戻る