公開講座・公開工房

公開講座

公開講座は、毎年前期と後期にテーマを決めて、開催しています。
毎回、多くの市民の方が受講しています。
令和2年度(2020)

【後期】オンライン公開講座
「手の愉悦~革新する工芸展」を語る&ギャラリートーク

「手の愉悦~革新する工芸」展を語る(収録:2020年10月)

静岡県文化プログラムの県域プログラム・ディレクター 大岡淳氏と、展覧会を創り上げたスペシャリストによるトークセッションを3部構成でご覧いただけます。(YouTubeにてご視聴いただけます。)
1.展覧会の成り立ち

出演:
静岡県文化プログラム県域プログラム・ディレクター
大岡 淳
デザイン学部 教授 藤井尚子
デザイン学部 教授 山本一樹

(内容:29分19秒)

2.手にこだわる作家の仕事場

出演:
静岡県文化プログラム県域プログラム・ディレクター
大岡 淳
陶芸家 山口剛
静岡文化芸術大学非常勤講師 星野順啓
デザイン学部 教授 藤井尚子

内容:31分12秒

3.革新する工芸展を作る

出演:
静岡県文化プログラム県域プログラム・ディレクター
大岡 淳
デザイン学部 教授 藤井尚子
デザイン学部 教授 礒村克郎

内容:32分33秒

「手の愉悦~革新する工芸」展 ギャラリートーク(収録:2020年10月)

工芸作家によるスペシャルギャラリートークを映像でお届けします。
ギャラリートーク/山口 剛(陶芸)

(内容:33分34秒)

ギャラリートーク/稲垣 有里(染織)

(内容:17分49秒)

ギャラリートーク/藤井 尚子(染織)

(内容:17分58秒)

ギャラリートーク/小田 伊織(漆芸)

(内容:21分21秒)

ギャラリートーク/山本 一樹(金工)

(内容:13分39秒)

ギャラリートーク/海野 えり子(ジュエリー)

(内容:23分18秒)

ギャラリートーク/高橋 あずさ(ジュエリー)

(内容:21分45秒)

過去の開催実績は、「静岡文化芸術大学デジタルアーカイブ」よりご覧ください。

公開工房

公開工房は、毎年夏と春に開催しています。
毎回、多くの市民の方が楽しみながら創作活動を体験しています。
令和2年度(2020)
令和2年度(2020)は新型コロナウィルスの感染拡大防止を考慮して、8月に開催を予定した夏季公開工房、3月に開催を予定していた春季公開工房の開催を見送りました。
令和元年度(2019)

【春季】

3月14日(土曜日)、3月15日(日曜日)の開催を予定していましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、開催中止となりました。
春季公開工房2019チラシ画像
タイトル (1)銅版画を制作しよう (2)石膏デッサンを描いてみよう (3)テキスタイル 手織に挑戦!
講師 佐藤 聖徳
デザイン学部 教授
山本 一樹
デザイン学部 教授
種村 興治・桑原 壽子
テキスタイル講師
内容 エッチングによる銅版画に挑戦します。初めての方でも楽しみながら、銅版画を制作できます。 「木炭」または「鉛筆」デッサンのお好きな方を選んでいただき、大学デッサン室で石膏像を描いていきます。理論を交えながら、初めての方にもわかりやすく楽しく参加できます。 材料は糸だけでなく、布を細かく裂いた素材で織ることもできます。お好きな糸を選んで、自分の感性で布を織り上げていく過程を楽しみます。

【夏季】

8月24日(土曜日)、8月25日(日曜日)
夏季公開工房2019チラシ画像
タイトル (1)銅版画を制作しよう (2)石膏デッサンを描いてみよう (3)テキスタイル 手織に挑戦!
講師 佐藤 聖徳
デザイン学部 教授
山本 一樹
デザイン学部 教授
種村 興治・桑原 壽子
テキスタイル講師
内容 エッチングによる銅版画に挑戦します。初めての方でも楽しみながら、銅版画を制作できます。 「木炭」または「鉛筆」デッサンのお好きな方を選んでいただき、大学デッサン室で石膏像を描いていきます。理論を交えながら、初めての方にもわかりやすく楽しく参加できます。 材料は糸だけでなく、布を細かく裂いた素材で織ることもできます。お好きな糸を選んで、自分の感性で布を織り上げていく過程を楽しみます。
夏季公開工房・銅版画制作のようす
銅版画を制作しよう
夏季公開工房・石膏デッサンのようす
石膏デッサンを書いてみよう
夏季公開工房・テキスタイル制作のようす
テキスタイル 手織りに挑戦!
過去の開催実績は、「静岡文化芸術大学デジタルアーカイブ」よりご覧ください。