ホーム > 進路・就職 > インターンシップ

インターンシップ


本学では、地域社会や産業界と連携し、「インターンシップ」を独立した授業科目として設定しています。

自らの社会的役割について掴むために

インターンシップとは、実社会での就業体験のことです。3年次夏期休業中の2週間を利用して行われますが、国際展開を図る大手企業、特色ある中小企業、さらには行政機関や公共施設などを実習先として、職場での業務を実体験します。社会人の実務と意識のあり方を知ると同時に、自分自身がどういった社会的役割を果たすべきか、具体的にイメージできるようになります。

インターンシップの流れ

インターンシップの流れの図
履修者は実習中の日報や終了時に作成する実習実績報告書を通して自己の成果を見つめて、今後の自らの進路選択等に役立てていきます。また、大学では充実した 実習となるよう、事前事後の指導を通してサポートしています。

実施概要

学部

実習の目的 実社会での就業体験を通して、専攻分野と社会との関わり、実務と理論の関連などを学び、自らの社会的役割を自覚すること
科目名称等 「インターンシップ」
科目・単位区分・単位数 全学共通科目・選択・2単位
実施形態 事前指導+実習10日間+事後指導
実施プログラムの内容 実習の目的に沿い、業務の枠組み・位置付けが分かるような実務研修
実習実施時期・期間 夏期休暇中(8月、9月)の連続した2週間(実日数10日間)
受講対象学生 全学部学科の3年次
受講人数(定員枠) 150名程度
希望者多数の場合 志望理由書・出身地・志望業種・実習先からの諸条件を考慮し、「学外実習実施部会」が実習先ごとに選考を行う
実習予定先 地域の代表的な企業・特色ある企業・専攻内容と関連の深い企業等、県・市町村等自治体・公共施設
報酬・諸費用 無報酬、交通費・食費等は学生の自己負担

大学院

大学院でも授業科目として設定しています。

  • 文化政策研究科:「インターンシップ」「リサーチプロジェクト」
  • デザイン研究科:「学外実習」「インターンシップⅠ~Ⅳ」
ページの先頭へ戻る