• 新着情報
  • トピックス
  • イベント
  • 学生・卒業生の活躍
新着情報一覧
RSS

トピックス

2014年9月11日

2013(平成25)年度財務情報を公開しました。

トピックス

2014年9月10日

2015(平成27)年度特別選抜(公募制推薦入学試験および社会人・帰国生徒・外国人留学生入学試験)の学生募集要項(願書)の配付を開始しました。

トピックス

2014年9月9日

静岡文化芸術大学において、平成26年8月24日(日)~25日(月)に「第2回二輪デザイン公開講座」が開催されました。

トピックス

学生・卒業生の活躍

2014年9月9日

メディア造形学科の学生3名(植田綾香さん、上野花逢さん、原川朋子さん)が「第12回 全日本 学生フォーミュラ大会」のTシャツのデザインを手掛けました。

学生・卒業生の活躍

イベント情報

2014年9月9日

地域の方々に日本の伝統芸能に触れる機会を提供し、芸術文化への関心を深めていただくため、今年も特別公開講座「薪能」を開催します。このイベントのプロデュースは、本学学生により結成された「薪能プロジェクトチーム」が担当します。屋外の薪の灯りの下で行う「薪能」を、是非お楽しみ下さい。

イベント情報

イベント情報

2014年9月9日

ユニバーサルデザインを理念の一つとしている本学では、身体的、知的特性、年齢、そして文化などを超えて皆が一緒に楽しむことのできる絵本、ユニバーサルデザインの考え方を取り入れた絵本を募集します。形、構成、素材などにとらわれることなく、ぜひ自由な発想で絵本をつくってください。

イベント情報

イベント情報

2014年9月9日

静岡文化芸術大学は、「世界を拓いた3人展」を開催します。 1970年代に、児玉英雄氏、青戸務氏、河岡徳彦氏の3人はドイツのGM系自動車メーカー オペルでカーデザイナーとして活躍しました。デザインのグローバル化が進む中で日本デザイン&日本人デザイナーのアイデンティティが問われている今、3人の足跡と想いを伝える作品と講演を通じて、これからの日本のデザイナーがどうあるべきかを考えます。皆様のお越しをお待ちしております。

イベント情報

イベント情報

2014年9月5日

浜松市武道館にて「第4回めばえの親子じゅうどう教室」を開催します。 講師は、バルセロナ五輪銀メダリストで本学准教授の溝口紀子准教授と、ソウル五輪銅メダリストで全日本柔道連盟理事の北田典子氏。 運動が苦手なお子様、柔道衣を持っていないお子様も大歓迎。昔、柔道をしたことがある女性も大歓迎。子供と一緒に汗をかきましょう!

イベント情報

トピックス

2014年9月4日

静岡文化芸術大学では、一般市民の皆様を対象に、アートやものづくりの楽しさを体験できる「公開工房」を年に2回開催しています。8月末に開催された公開工房では、「銅版画」「石膏デッサン」「モビールづくり」「テキスタイル(手織り)」の4種類の講座が開かれました。今回が初参加の方も大勢いらっしゃいましたが、参加者の皆様によるすばらしいアート作品が創り出されました。次回は平成27年3月に開催される予定です。

トピックス

トピックス

2014年9月11日

2013(平成25)年度財務情報を公開しました。

トピックス

2014年9月10日

2015(平成27)年度特別選抜(公募制推薦入学試験および社会人・帰国生徒・外国人留学生入学試験)の学生募集要項(願書)の配付を開始しました。

トピックス

2014年9月9日

静岡文化芸術大学において、平成26年8月24日(日)~25日(月)に「第2回二輪デザイン公開講座」が開催されました。

トピックス

トピックス

2014年9月4日

静岡文化芸術大学では、一般市民の皆様を対象に、アートやものづくりの楽しさを体験できる「公開工房」を年に2回開催しています。8月末に開催された公開工房では、「銅版画」「石膏デッサン」「モビールづくり」「テキスタイル(手織り)」の4種類の講座が開かれました。今回が初参加の方も大勢いらっしゃいましたが、参加者の皆様によるすばらしいアート作品が創り出されました。次回は平成27年3月に開催される予定です。

トピックス

トピックス

2014年9月1日

施設見学で訪問された小学校の皆さんから、素敵なお礼のお便りを頂きました。 静岡文化芸術大学では、各種団体を対象とした施設見学を受け付けています。 大学の概要やユニバーサルデザインに配慮した本学の施設ついてお話しながら1時間程度、学内をご案内いたします。 毎年、小学生や中高校生など、たくさんの方にお越し頂いています。 静岡文化芸術大学の施設についてご興味があれば、ぜひお問い合わせください。

トピックス

トピックス

2014年8月27日

8月21日(木)の「県民の日」に寄せて、キャンパスツアーを開催しました。 浜松市外からも多数ご参加いただき、浜松市内が一望できる南棟の屋上「創造の丘」や、最新の設備が整った工房など、本学独自の学内施設をご案内しました。

トピックス

トピックス

2014年8月13日

「高校と大学の連携・接続のあり方検討委員会」の提言を踏まえ、教育委員会と連携し、県内高校と大学の連携を促進するための取り組みとしてデザイン学部が主体となり実施しました。

トピックス

トピックス

2014年8月12日

本学の海外交流協定締結大学である ・アイルランガ大学(インドネシア) ・ブルゴーニュ大学CIEF(フランス) ・ボローニャ大学(イタリア) へ留学する交流・交換留学生の壮行会が8月7日に執り行われました。 この3校へ本学の学生を派遣するのは今年度が初めてです。 壮行会では根本敏行学部長から留学許可証が授与され、熊倉功夫学長から激励の言葉があった後、国際文化学科4年生久松真衣から留学生を代表して留学の抱負が述べられました。

トピックス

トピックス

2014年8月8日

8月4日~8日、本学の教員・学生とトルコ「イズミル大学」の教員・学生とのデザイン交流会を開催しました。 5日間で両学生がことばの壁を越え、協同してデザインの提案を行いました。 今回、事前にヤマハ株式会社・スズキ株式会社デザイン部の方からレクチャーの後、デザインの提案を行い、8日(最終日)のプレゼンテーション時に両社のデザイナーから大変良いコメントをいただきました。 プレゼンテーションでは、全員が「SUACポロシャツ」を身につけ、心身一体となってプレゼンテーションを行いました。

トピックス

イベント情報

2014年9月9日

地域の方々に日本の伝統芸能に触れる機会を提供し、芸術文化への関心を深めていただくため、今年も特別公開講座「薪能」を開催します。このイベントのプロデュースは、本学学生により結成された「薪能プロジェクトチーム」が担当します。屋外の薪の灯りの下で行う「薪能」を、是非お楽しみ下さい。

イベント情報

イベント情報

2014年9月9日

ユニバーサルデザインを理念の一つとしている本学では、身体的、知的特性、年齢、そして文化などを超えて皆が一緒に楽しむことのできる絵本、ユニバーサルデザインの考え方を取り入れた絵本を募集します。形、構成、素材などにとらわれることなく、ぜひ自由な発想で絵本をつくってください。

イベント情報

イベント情報

2014年9月9日

静岡文化芸術大学は、「世界を拓いた3人展」を開催します。 1970年代に、児玉英雄氏、青戸務氏、河岡徳彦氏の3人はドイツのGM系自動車メーカー オペルでカーデザイナーとして活躍しました。デザインのグローバル化が進む中で日本デザイン&日本人デザイナーのアイデンティティが問われている今、3人の足跡と想いを伝える作品と講演を通じて、これからの日本のデザイナーがどうあるべきかを考えます。皆様のお越しをお待ちしております。

イベント情報

イベント情報

2014年9月5日

浜松市武道館にて「第4回めばえの親子じゅうどう教室」を開催します。 講師は、バルセロナ五輪銀メダリストで本学准教授の溝口紀子准教授と、ソウル五輪銅メダリストで全日本柔道連盟理事の北田典子氏。 運動が苦手なお子様、柔道衣を持っていないお子様も大歓迎。昔、柔道をしたことがある女性も大歓迎。子供と一緒に汗をかきましょう!

イベント情報

イベント情報

2014年8月4日

静岡文化芸術大学では文化芸術セミナー「浜松 楽器の事典~ピアノ編~」を開催します。(文化・芸術研究センター主催) 毎回異なるテーマの「楽器トーク」と「名曲ライブラリー」の2部構成で、6月6日(金)から12月17日(水)まで全5回開催いたします。 第1部は楽器にまつわる様々なトピックスを、毎回異なるテーマでご紹介します。 第2部はピアニストの石井園子さんによる、古今のピアノ作品名曲選を時代順にお届けします。 トークあり、生演奏あり、内容盛りだくさんのイベントです。ぜひご来場ください。

イベント情報

終了イベント

2014年8月4日

静岡文化芸術大学は、第2回「クオーレ・ド・オペラ」プロジェクト公演「ラ・ボエーム」を開催します。 「ラ・ボエーム」はイタリア・ロマン派歌劇におけるヴェルディに続く世代の最大の作曲家プッチーニの代表的な作品です。19世紀末のヴェリズモの影響も多分に受けながら、リアリティをもった作風を完成。旋律の美しさとドラマティックな要素によって世界的に愛好されています。演出はミラノ在住の井田邦明氏。指揮者は昨年に引き続きマッテオ・ヘルファー。(原語上演・日本語字幕付き)

終了イベント

終了イベント

2014年8月4日

静岡文化芸術大学では、8月21日(木)の「県民の日」に寄せてキャンパスツアーを実施します。 大学生になったつもりで学内を歩きませんか?皆様の参加をお待ちしています。 【県民の日とは?】 8月21日「県民の日」は静岡県の誕生日。 7月から9月にかけて、県内各地で多彩なイベントが開催されます。

終了イベント

終了イベント

2014年8月4日

静岡文化芸術大学では、学内の自由創造工房などを会場に「夏季公開工房」を開催します。今回は「銅版画を制作しよう」「石膏デッサンを描いてみよう」「揺れる彫刻・モビールづくり」「テキスタイル・手織りに挑戦!」の4講座です。 あなたも、“オリジナル作品づくり”に参加しませんか。 (*「銅版画を制作しよう」「石膏デッサンを描いてみよう」 「テキスタイル・手織りに挑戦!」については満員につき、受付を終了させていただきました。)

終了イベント

終了イベント

2014年7月27日

静岡文化芸術大学では、8月2日、3日に「SUACオープンキャンパス2014」を開催します。 「大学ではどんなことを勉強するの?」「大学生活は?」など、授業の仕組みやサークルなどの学生活動のほか、入試や生活面での不安などに関するさまざまな質問にも専門の担当者が個別にわかりやすくお答えしていきます。 また、本学をより知っていただくために、多彩な教授陣による「模擬授業」や「ワークショップ」のほか、学内の施設を案内するキャンパスツアーなども行われます。 開催概要は以下のとおりです。

終了イベント

学生・卒業生の活躍

2014年9月9日

メディア造形学科の学生3名(植田綾香さん、上野花逢さん、原川朋子さん)が「第12回 全日本 学生フォーミュラ大会」のTシャツのデザインを手掛けました。

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2014年8月28日

8月28日(木)から9月7日(日)まで、東京・六本木のアクシスギャラリーで開催される「第9回 金の卵 オールスター デザイン ショーケース」に、本学代表に選ばれた生産造形学科3年の青木知義さんの作品と生産造形学科、空間造形学科3年生5名のポートフォリオを出展します。 8月30日(土)には、青木知義さんが、作品「KAGECAMERA」のプレゼンテーションを行います。

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2014年6月2日

生産造形学科2年有志(現3年)「ロゴ研究会」のメンバーが、ロゴ研究活動の実践としておこなったパッケージデザインが、福井県の和菓子処で商品パッケージとして採用されました。

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2014年4月22日

生産造形学科4年の中島渉さんが「第1回ウェルフェアデザインコンテスト」(特定非営利活動法人 医療ネットワーク支援センター 主催)にて入選しました。

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2014年4月21日

生産造形学科3年の槇野遼馬さんが「CAR SKETCH COMPETITION 2014 Tipo杯」(カーデザインアカデミー 主催)にて入賞しました。

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2014年4月14日

生産造形学科3年の石川聡太さんが、今秋開催の第7回静岡国際オペラコンクール開催告知ポスターデザインの最優秀賞を受賞しました。

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2014年3月7日

生産造形学科3年の石澤真衣さんが「AACポスターコンペ2013」(株式会社アーバネットコーポレーション主催)で入選しました。

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2014年2月26日

「平成25年度デザインパテントコンテスト」(文部科学省、特許庁、日本弁理士会、(独)工業所有権情報・研修館 主催)にて、生産造形学科2年の三浦潤さん、坂友香さん、上窪初奈さん、久田松風子さん、大井秀美さんの作品が応募作品400件の中から意匠登録出願支援対象として選ばれました。

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2014年1月8日

生産造形学科1年の丸尾友里恵さんが、「ayanasきものデザインコンペ 帯の部」(株式会社ayanasu 主催)で金賞を受賞しました。

学生・卒業生の活躍
学部・大学院
  • 文化政策学部
  • 国際文化学科
  • 文化政策学科
  • 芸術文化学科
  • デザイン学部
  • 生産造形学科
  • メディア造形学科
  • 空間造形学科
  • 大学院
  • 文化政策研究科
  • デザイン研究科
  • 2015年4月 SUACが変わります。
  • 学部大学院
  • イベント情報
  • 図書館・情報センター
  • 英語・中国語教育センター
  • 採用情報
  • 静岡国際オペラコンクール
  • 資料請求はこちら
  • アートマネジメントセミナーへのリンク
ページの先頭へ戻る