• 新着情報
  • トピックス
  • イベント
  • 学生・卒業生の活躍
  • 入試情報
新着情報一覧
RSS

トピックス

2015年7月6日

 7月1日、アクトシティ浜松の大ホールで開催された「浜松市合併10周年記念事業・市制施行104周年記念式典」の第三部「市民交流活動発表」において、文化政策学部 文化政策学科の舩戸ゼミが発表しました。  発表内容は、ゼミで取り組んできた天竜区龍山地域(旧・龍山村)や佐久間地域(旧・佐久間町)についての調査の結果、ならびに今後の浜松の中山間地域づくりの方向性についてです。 今後も、舩戸ゼミでは、浜松の地域づくりに資するような形で、調査結果を発表していきます。

トピックス

トピックス

2015年7月6日

7月3日(金)本学にて、浜松学院中学校3年生の生徒と本学学生による英語ワークショップが行われました。

トピックス

入試情報

2015年7月3日

静岡文化芸術大学ではオープンキャンパス第1日目に実技(鉛筆デッサン)講習会を開催します。 受講には事前の申込みが必要です。 申込みフォームよりお申し込みください。 申込期間 7月6日(月)~7月17日(金) (定員に達し次第、締切ります。) 開催日時 8月8日(土) 午前9時~午後0時30分

入試情報

イベント情報

2015年7月3日

静岡文化芸術大学(芸術文化学科・永井クラス)では芸術文化基礎演習として「文楽ワークショップ」を開催します。 今回のワークショップは、本学の学生向けの授業として企画いたしましたが、講師に公益財団法人文楽協会から豊松清十郎氏をはじめ、人形の部技芸員、太夫技芸員、三味線部技芸員の方々をお迎えできることとなりましたので、市民の皆様にも「文楽の世界」に触れていただく機会として広く開放いたします。 一流の文楽を学び、体験できる数少ない機会ですので、ぜひご参加ください。 文楽とは 正式には「人形浄瑠璃文楽」といい、ユネスコ無形文化遺産に登録された日本が世界に誇る伝統芸能のひとつ。人形遣い、浄瑠璃語り、三味線弾きの三者で成り立つ芝居が特徴。

イベント情報

イベント情報

2015年7月1日

静岡文化芸術大学では、8月21日(金)の「県民の日」に寄せてキャンパスツアーを実施します。 大学生になったつもりで学内を歩きませんか?皆様の参加をお待ちしています。 【県民の日とは?】 8月21日「県民の日」は静岡県の誕生日。 7月から9月にかけて、県内各地で多彩なイベントが開催されます。

イベント情報

入試情報

2015年6月29日

2016(平成28)年度入学者選抜要項の配付を開始しました。

トピックス

2015年6月22日

静岡文化芸術大学は、教員の研究や学生の取り組みを紹介するWEBマガジン「SUAC VOICE」を開設しました。 活躍の場を広げる教員たちの魅力あふれる研究内容や、静岡文化芸術大学で学び、学内にとどまらない多様な活動に挑戦している学生たちの声を、リアルな活動紹介を通してお届けします。ぜひ、ご覧ください。

トピックス

イベント情報

2015年6月19日

初夏の恒例行事となりつつある「SUAC×落語」を昨年に引き続き、桂文治師匠をお迎えして開催します。落語好きな方はもちろん、まだ観たことがない方も大歓迎。皆様のご来場をお待ちしております。 「SUAC×落語」とは 本学学生が主体となり、企画・運営を行っている落語会です。 落語の面白さ、そして「笑う」ということの素晴らしさを伝えたい。そんな思いで始まったこの落語会は、地域の皆様に支えられ、おかげさまで今年で第7回目の開催となります。

イベント情報

トピックス

2015年6月19日

6月8日(月)、「静岡文化芸術大学の室内楽演奏会2015 シリーズ 音楽の力」の第一回目となる沖縄音楽レクチャーコンサート「沖縄のうた 命薬(ぬちすぐい)としての音楽」が行われました。当初定員80名での開催を予定しておりましたが、予想をはるかに上回るお問合せをいただき、当日は240名もの方にご来場いただきました。 前半では、沖縄県立芸術大学の久万田晋教授が「沖縄音楽のもつ力」と題して、沖縄に伝統芸能が生まれた歴史的背景等について、スライドを用いてレクチャーが行われました。 後半では、三線奏者で沖縄県立芸術大学大学院生の山田和隆さんと又吉恭平さんが琉球古典音楽から沖縄民謡まで幅広い沖縄伝統の音楽を披露。演奏の合間には、琉球王朝の役人がまとったという装束の説明や、沖縄音楽が生まれた背景、歌詞の意味などの説明もあり、充実したレクチャーコンサートとなりました。 県内在住の沖縄出身の方にも多数

トピックス
一覧を見る

トピックス

2015年7月6日

 7月1日、アクトシティ浜松の大ホールで開催された「浜松市合併10周年記念事業・市制施行104周年記念式典」の第三部「市民交流活動発表」において、文化政策学部 文化政策学科の舩戸ゼミが発表しました。  発表内容は、ゼミで取り組んできた天竜区龍山地域(旧・龍山村)や佐久間地域(旧・佐久間町)についての調査の結果、ならびに今後の浜松の中山間地域づくりの方向性についてです。 今後も、舩戸ゼミでは、浜松の地域づくりに資するような形で、調査結果を発表していきます。

トピックス

トピックス

2015年7月6日

7月3日(金)本学にて、浜松学院中学校3年生の生徒と本学学生による英語ワークショップが行われました。

トピックス

トピックス

2015年6月22日

静岡文化芸術大学は、教員の研究や学生の取り組みを紹介するWEBマガジン「SUAC VOICE」を開設しました。 活躍の場を広げる教員たちの魅力あふれる研究内容や、静岡文化芸術大学で学び、学内にとどまらない多様な活動に挑戦している学生たちの声を、リアルな活動紹介を通してお届けします。ぜひ、ご覧ください。

トピックス

トピックス

2015年6月19日

6月8日(月)、「静岡文化芸術大学の室内楽演奏会2015 シリーズ 音楽の力」の第一回目となる沖縄音楽レクチャーコンサート「沖縄のうた 命薬(ぬちすぐい)としての音楽」が行われました。当初定員80名での開催を予定しておりましたが、予想をはるかに上回るお問合せをいただき、当日は240名もの方にご来場いただきました。 前半では、沖縄県立芸術大学の久万田晋教授が「沖縄音楽のもつ力」と題して、沖縄に伝統芸能が生まれた歴史的背景等について、スライドを用いてレクチャーが行われました。 後半では、三線奏者で沖縄県立芸術大学大学院生の山田和隆さんと又吉恭平さんが琉球古典音楽から沖縄民謡まで幅広い沖縄伝統の音楽を披露。演奏の合間には、琉球王朝の役人がまとったという装束の説明や、沖縄音楽が生まれた背景、歌詞の意味などの説明もあり、充実したレクチャーコンサートとなりました。 県内在住の沖縄出身の方にも多数

トピックス

トピックス

2015年6月15日

本学では、防災意識の高揚を図るため、全学参加型の防災訓練を実施しています。 今回の訓練は、授業中に突発型の地震が発生した後、建物の火災及び損壊が発生し、一部の通路が通行不能になったという想定で行いました。学生の皆さんは、普段通れるはずの通路が通れないことに戸惑いながらも、教職員の誘導のもと、安全に避難することができました。 日 時:6月10日(水) 午前11時30分から午後0時(2限の授業を中断して実施) 参加者:学生、教職員、学校訪問者など約460人 想 定:東海地震、建物の火災及び損壊の発生 避難先:キャンパス中央部の屋上(出会いの広場) ※本学指定の避難先は「東小学校」と「学内の北棟・南棟の屋上」です。今回の避難訓練では、不測の事態が発生し、指定の避難先への避難が不可能となった場合を想定し、あえて別の場所に避難する訓練を実施しました。

トピックス

トピックス

2015年6月4日

国際文化学科 磯田道史教授の著書「天災から日本史を読みなおす」(中央公論新社)が第63回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞しました。

トピックス

2015年6月1日

現在の浜松市は、2005(平成17)年7月1日、旧・浜松市と周辺の11市町村が合併して誕生しました。今年は、その10周年にあたります。そこで、今年の7月1日、アクトシティ浜松の大ホールにおいて「浜松市合併10周年記念式典」が挙行されます。  この式典の第三部「地域交流事業例の紹介」において、文化政策学科の舩戸ゼミが「浜松市の中山間地域の現状と今後の地域づくりに向けて」というテーマで発表することになりました。浜松市は、人口約80万人の政令指定都市ですが、合併によって面積の約7割を山間部分が占め、数多くの中山間地域を有することになりました。よって、今後の浜松のまちづくりを考えるうえにおいて、市内の中山間地域の現状についての把握は必要です。  当日の式典では、昨年度、取り組んだ、天竜区・龍山地域(旧・龍山村)の調査や、現在、取り組んでいる、天竜区・佐久間地域(旧・佐久間町)の調査によるデータ

トピックス

トピックス

2015年5月29日

6月8日(月)、本学自由創造工房で開催を予定しておりました「沖縄のうた 命薬(ぬちすぐい)としての音楽」は、たいへん御好評につき、多くの皆様にご覧いただるよう、場所を本学講堂に変更させていただきます。

トピックス

2015年5月29日

本学に在籍する学生と留学生のみなさんとの交流会を開催しました。母国のよさや将来の夢について語り合いながら、交流を深めました。

トピックス
一覧を見る

イベント情報

2015年7月3日

静岡文化芸術大学(芸術文化学科・永井クラス)では芸術文化基礎演習として「文楽ワークショップ」を開催します。 今回のワークショップは、本学の学生向けの授業として企画いたしましたが、講師に公益財団法人文楽協会から豊松清十郎氏をはじめ、人形の部技芸員、太夫技芸員、三味線部技芸員の方々をお迎えできることとなりましたので、市民の皆様にも「文楽の世界」に触れていただく機会として広く開放いたします。 一流の文楽を学び、体験できる数少ない機会ですので、ぜひご参加ください。 文楽とは 正式には「人形浄瑠璃文楽」といい、ユネスコ無形文化遺産に登録された日本が世界に誇る伝統芸能のひとつ。人形遣い、浄瑠璃語り、三味線弾きの三者で成り立つ芝居が特徴。

イベント情報

イベント情報

2015年7月1日

静岡文化芸術大学では、8月21日(金)の「県民の日」に寄せてキャンパスツアーを実施します。 大学生になったつもりで学内を歩きませんか?皆様の参加をお待ちしています。 【県民の日とは?】 8月21日「県民の日」は静岡県の誕生日。 7月から9月にかけて、県内各地で多彩なイベントが開催されます。

イベント情報

イベント情報

2015年6月19日

初夏の恒例行事となりつつある「SUAC×落語」を昨年に引き続き、桂文治師匠をお迎えして開催します。落語好きな方はもちろん、まだ観たことがない方も大歓迎。皆様のご来場をお待ちしております。 「SUAC×落語」とは 本学学生が主体となり、企画・運営を行っている落語会です。 落語の面白さ、そして「笑う」ということの素晴らしさを伝えたい。そんな思いで始まったこの落語会は、地域の皆様に支えられ、おかげさまで今年で第7回目の開催となります。

イベント情報

イベント情報

2015年6月9日

静岡文化芸術大学ギャラリーにて、内山咲子イラストレーション展「Sakiko Uchiyama Illustration Exhibition 2015」を開催します。 多摩美術大学でイラストレーションを学び、現在はデザインの第一線で活躍中の内山咲子さんの展覧会を行います。イラストレーションが視覚伝達にどのような効果をもたらすのか、また、他の広告やパッケージ等幅広いデザインの領域との共通点をご紹介していきます。 【日時】 2015年7月4日(土)から7月12日(日)  午前10時から午後6時(最終日は午後1時まで) 【会場】     静岡文化芸術大学 西ギャラリー 【料金】 無料 【お問い合わせ】 静岡文化芸術大学 地域連携室 tel: 053-457-6105

イベント情報

イベント情報

2015年6月5日

静岡文化芸術大学では、文化・芸術研究センターの地域交流事業として、平成27年度前期公開講座を開催します。 赤いキャップのキッコーマンしょうゆ卓上瓶をはじめ、ヤマハのオートバイ、新幹線など数々のデザインを手がけ、日本を代表するインダストリアルデザイナーであった榮久庵憲司は、2014年にデザインのノーベル賞とも称されるコンパッソ・ドーロ国際功労賞をアメリカのアップル社やイタリアのジョルジュ・アルマーニと並んで受賞、その高い国際的評価を得ながら今年2月8日永眠されました。本学の創設に携わり初代デザイン学部長であった榮久庵憲司の世界を様々な視点で見つめます。 ※要事前予約

イベント情報

終了イベント

2015年6月22日

現在、静岡文化芸術大学ギャラリーにて、生産造形学科3年による企画展「食展」を開催しています。 みなさんは「食」ときいて何を思い浮かべますか?飯ごう炊飯のカレーライス?お母さんの肉じゃが?給食で苦手だった牛乳? しかし、食を見る角度を五感に切り替えると実に多様な食の姿が見えてきます。目で、耳で、鼻で、舌であるいは手で感じる食。「食展」ではデザイン学部生産造形学科3年19名がそんな多様な食の姿をさまざまな方法で表現しました。 まじめに、たのしく、ちょっとおかしく表現された19品の食を存分に味わってみてください。

終了イベント

終了イベント

2015年6月9日

静岡文化芸術大学では、外国につながる子どもの教育や関連する課題に関心のある方を対象として、「第10回 多文化子ども教育フォーラム ~ブラジルと日本の学校文化の比較~」を開催します。 【日  時】    2015年7月4日(土) 午後1時30分から午後4時30分まで 【会  場】    静岡文化芸術大学 南棟2階 南280中講義室 【対  象】    外国につながる子どもの教育や関連する課題に関心のある方 【申込み】    不要 【参加費】    無料 【主  催】    静岡文化芸術大学 【プログラム】 ・報告1 坂柳言衣(豊橋市立南陽中学校教諭)  「日本とブラジルにおける日系人の子どもの教育比較」   ・報告2 安藤クリスチーナ氏(ブラジル人保護者・EASブラジル人学校)  「日本の小・中・高からブラジルの大学進学へ」 ・報告3 カルドーゾ カロ

終了イベント

終了イベント

2015年5月27日

現在、静岡文化芸術大学ギャラリーにて、大学公認クラブ「Enjoy Arts Project」による企画展「5・7・5展」を開催しています。 Enjoy Arts Projectでは、3月中旬から5月上旬まで「さわやかな季節にふさわしい前向きな句を詠もう」をテーマに、本学学生から俳句を募集しました。今回の企画展では、こうして集まった個性豊かな俳句を、純白のTシャツにプリントして展示しています。学生のさわやかな作品から初夏を感じてみませんか? Enjoy Arts Projectとは? 2006年に発足した静岡文化芸術大学公認クラブ。「アートを楽しむ」をコンセプトにアートイベントの企画・運営を行っています。

終了イベント

終了イベント

2015年5月12日

今年から、静岡文化芸術大学の室内楽演奏会の中で、「音楽の力」と題したシリーズのコンサートを開催します。音楽は人々の心に響くだけでなく、それが街や人々に活気を与え、創造する力となったり、生きる力になったり、時には権力をおびやかすような存在にもなります。このように音楽の力は多様です。そんなシリーズの第1回目として、沖縄の長い苦難の歴史の中で誕生し、人々の生きる力となった「沖縄のうた」をとり上げます。  沖縄はかつて日本から独立した琉球王国として繁栄しましたが、1609年の薩摩藩の侵略により、幕藩体制の中に取り込まれ、明治以降は近代の日本に編入され、その中でさまざまな苦しみを経験してきました。昭和20年には太平洋戦争の戦場となり、その後、米軍の支配という過酷な運命を享受してきたのです。こうした歴史の延長上に今の沖縄があります。  「沖縄のうた」は、古典から民謡も含め、その歌詞はそ

終了イベント
イベント情報を見る

学生・卒業生の活躍

2015年4月2日

本学のデザイン同好会「Omnis Design Group」の学生が、JAとぴあ浜松の遠鉄ラッピング電車のデザインを手掛けました。このラッピング電車は、JAとぴあ浜松が設立20周年を記念して企画したもので、図柄のデザインを同好会が作成したものです。 デザインコンセプトは「花咲く笑顔」。赤電で親しまれる車両には、浜松名産のジャガイモやエシャロット、ガーベラ等の農作物がカラフルに描かれています。

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2015年3月24日

メディア造形学科4年の神谷克麻さんと長澤哲朗さんが「JVMA Creative Award 2015」(一般社団法人 日本自動販売機工業会 主催)で審査員特別賞を受賞しました。

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2015年3月24日

ふじのくに地域・大学コンソーシアムが実施する「平成26年度ゼミ学生地域貢献推進事業」の成果発表会が2月23日(月)、静岡県総合研修所・もくせい会館(静岡市葵区)で開催されました。 この発表会では、事業の採択を受けた県内11の大学が参加し、20のゼミによる報告が行われました。 この事業には、本学文化政策学部 舩戸ゼミが「浜松市天竜区龍山地区における地域づくりの方策の研究」というテーマで採択され、3年生の石倉達也君がゼミ代表として、一年間にわたる龍山調査の概要と結果について成果発表を行いました。

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2015年3月24日

2月27日(金)の夜(午後7時~9時30分)、本学文化政策学部 舩戸ゼミが1年間取り組んできた、浜松市天竜区龍山町(旧・龍山村)の調査の現地報告会を龍山森林文化会館で開催しました。 当日は、龍山以外にお住まいの方々も含め150名近くの参加がありました。教員と学生5人の発表に対して、会場から色々な質問が出され、活発な意見交換が行われました。 今回の調査報告をもとにして、舩戸ゼミ生5人が分担して執筆する「龍山で生きる」というルポルタージュ記事が3月下旬から5回にわたって朝日新聞静岡版に連載される予定です。 今後も、舩戸ゼミは、龍山だけでなく、浜松の中山間地域と深くかかわっていく予定です。

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2015年3月6日

空間造形学科4年の山本涼介さんが、静岡県が県内の学生とその保護者を対象に配布している「親子で話そう!!静岡県のケータイ・スマホルール」のデザインを担当しました。また、「親子で話そう!!静岡県のケータイ・スマホルール」は、各市長教育委員会を通じて、静岡県下の小学5年生と中学2年生全員に配布されています。また、県内の携帯等販売店に設置されている機器の購入時を捉えた保護者に対する効果的な啓発を図るための卓上型啓発物にも、山本さんのデザインが採用されています。

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2015年2月26日

「平成26年度デザインパテントコンテスト」(文部科学省、特許庁、日本弁理士会、(独)工業所有権情報・研修館 主催)にて、生産造形学科2年の磯部 亜紗佳さん、東田 祐治さんの作品が応募作品279件の中から優秀作品として意匠登録出願支援対象に選ばれました。

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2015年2月24日

メディア造形学科3年の坂下由季さんと生産造形学科4年の石川聡太さんが、「第4回JAGDA静岡グラパ賞」(主催 公益財団法人日本グラフィックデザイナー協会静岡地区)で入賞しました。

学生・卒業生の活躍

2015年1月9日

「自助具デザインプロジェクト(JDP)」の個性豊かな作品11点を浜松市役所に展示しています。 自助具とは、身体の不自由な人の日常生活を支援するために特別に工夫された道具のことであり、市販の福祉用具とは異なり、使用者の身体状況に合わせて一品ずつ制作されます。 また、「自助具デザインプロジェクト(JDP)」とは、「より美しくデザインされた自助具を地域の方々に提供しよう」という目的で誕生したデザイン学部の学生有志によるボランティア組織です。身体の不自由な方一人ひとりにあわせてデザインし、依頼者が納得いくまで調整します。毎年、学内外の作品の展示会も行なっています。

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2014年12月22日

生産造形学科3年の学生と磯村研究室で「広島が生んだデザイン界の巨匠 榮久庵憲司の世界展」(11月17日から12月23日まで開催、主催 広島県立美術館、テレビ新広島、GKデザイン機構、中国新聞社)に模型を展示してきました。 広島県立美術館で開催された「広島が生んだデザイン界の巨匠 榮久庵憲司の世界展」に展示されている平和大通りLRT構想の模型(4.5m×1.2m)は、生産造形学科3年生の学生と磯村研究室が制作し、現地で展示作業をしたものです。磯村教授がGKデザイン総研広島在籍時に担当したプロジェクトを基に学生ワークショップにより、夏休みから制作を開始し、現地で組み立てたものです。学生メンバーは、県立美術館という公の場でプロのデザイナーたちと肩を並べて組み立てや展示を行い、貴重な体験となりました。 制作物は、研究科長特別研究「地方都市におけるトランジットモールのデザイン –広島市平

学生・卒業生の活躍
一覧を見る

入試情報

2015年7月3日

静岡文化芸術大学ではオープンキャンパス第1日目に実技(鉛筆デッサン)講習会を開催します。 受講には事前の申込みが必要です。 申込みフォームよりお申し込みください。 申込期間 7月6日(月)~7月17日(金) (定員に達し次第、締切ります。) 開催日時 8月8日(土) 午前9時~午後0時30分

入試情報

入試情報

2015年6月29日

2016(平成28)年度入学者選抜要項の配付を開始しました。

入試情報

2015年6月18日

6月20日(土)に愛知県体育館で開催される「Benesse進学フェア2015」(主催:進研アド)に参加します。 本学入試担当者が学部・学科の特徴や入試制度などさまざまな質問に個別にお答えします。 また、当日の特別プログラム「人気の仕事・キーワードから選ぶ大学」にて本学文化政策学部文化政策学科の教員が講演し、文化政策学科の学びの中でどのように公務員として必要な能力が身につくかについてご説明します。将来の職業として公務員に興味をお持ちの高校生の方、ぜひ聞きに来てください。 高校生、受験生、保護者の皆様のご来場をお待ちしています。

入試情報

入試情報

2015年6月5日

2016大学案内が完成しました。 大学案内には、学部・学科の概要や特色、卒業後の進路・就職に関するサポート、国際交流、キャンパスライフなどに関する情報が満載です。 資料請求は以下のページよりお願いいたします。

入試情報

入試情報

2015年5月29日

入試室が、「静岡文化芸術大学入試室公式LINE@」をはじめました。大学の入試情報や進学説明会情報、学生生活の様子などを配信していきます。ぜひ、「友だち追加」をして下さい。

入試情報

入試情報

2015年5月20日

5月24日(日)にツインメッセ静岡で開催される「大学フェア2015」(主催:テレビ静岡)に参加します。 本学入試担当者が学部・学科の特徴や入試制度などさまざまな質問に個別にお答えします。 また、在学生が学生相談員として受験勉強の方法や学生生活、授業などの質問にお答えします。 高校生、受験生、保護者の皆様のご来場をお待ちしています。

入試情報

入試情報

2015年4月28日

静岡文化芸術大学は、各地で開催される進学相談会に参加します。本学について詳しくご説明いたしますので、ぜひご来場ください。

入試情報

入試情報

2015年2月13日

2015(平成27)年度一般選抜(前期日程・後期日程)の確定志願者数を 本学ホームページ、携帯サイトにて公開しています。

一覧を見る
学部・大学院
  • 文化政策学部
  • 国際文化学科
  • 文化政策学科
  • 芸術文化学科
  • デザイン学部
  • デザイン学科
  • 大学院
  • 文化政策研究科
  • デザイン研究科
  • SUAC VOICE WEBマガジン
  • 学部大学院
  • イベント情報
  • 文化・芸術研究センター
  • 図書館・情報センター
  • 英語・中国語教育センター
  • 採用情報
  • 静岡国際オペラコンクール
  • 大学案内資料請求
  • アートマネジメントセミナーへのリンク
  • 碧風祭
  • 静岡文化芸術大学公式YouTubeチャンネル
  • 入試室ライン
ページの先頭へ戻る