• 新着情報
  • トピックス
  • イベント
  • 学生・卒業生の活躍
  • 入試情報
新着情報一覧
RSS

トピックス

2016年6月24日

6月23日(木)「演劇文化論」(永井聡子准教授)の授業で、豊松 清十郎先生をお招きし、「文楽」について学びました。 豊松先生は、芸暦47年、女形の人形遣いとして第一線で活躍されています。 授業では、人形の三人遣い(主遣い、左遣い、足遣い)それぞれの動き方や、その三人それぞれが「相手に合わすのではなく、自然に合うことが大切」、「自然に合うこと」で人間らしさを表現できるとのお話をいただきました。 また、人形を実際に動かしていただきながら、人形のいろいろな所作を見せていただけ、学生にも実際に人形を操らせていただき、動きの難しさを体感できました。 学生から、人形遣いによって「命を持ったかのように動きだしだ」や、「人間の動きに見えることに感動する」との感想が述べられました。

トピックス

入試情報

2016年6月23日

2017(平成29)年度大学院デザイン研究科A日程入学試験の出願受付を6月24日(金)から開始します。 出願締切日は7月6日(水)午後5時必着ですので、注意してください。(出願は郵送に限ります、直接持参しても受理しません)

入試情報

学生・卒業生の活躍

2016年6月23日

田子の浦港で整備が進められている「ふじのくに田子の浦みなと公園」において、整備予定の交流拠点施設(以下、シンボルタワー)の基本デザインは、地域との協働により「みなと公園」にふさわしい施設を検討する中で、本学が依頼を受け、基本デザインの提案を空間造形学科有志がおこないました。 2016年1月から3月に三回にわたる知事プレゼンテーションを経て基本デザインを完成させ、現在は実施設計のデザイン監修を行っています。 シンボルタワーのデザインは、原型となるデザイン4案(第1回プレゼンテーション)、原型案の特性を生かした統合3案への展開(第2回プレゼンテーション)、を経て、統合案の発展形としての1案に集約(第3回プレゼンテーション)されました。下部から上部に向けて引き締まった形状のシンボルタワーは、ベースの築山と一体で富士山を模しながら、方位を示す八角形を二重螺旋階段がまわり、内側にも階段を内包し、

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2016年6月23日

本学デザイン学部卒業生、竹田 悠子さんが「第21回トリエンナーレ・ディ・ミラノ」にあわせて行われたビデオコンテストで最優秀賞を受賞しました。「トリエンナーレ・ディ・ミラノ」は、歴史ある国際的な芸術博覧会です。 竹田さんは、本学在学時からクレイアニメーションの制作を行っており、卒業制作「こねこね寿司」は、YouTube Video Award 2010 アニメーション部門で入賞を果たしています。その他にもクレイアニメーションで数々の賞を受賞され、現在は、ミラノ近郊に在住し作品制作を行っています。

学生・卒業生の活躍

イベント情報

2016年6月22日

静岡文化芸術大学の卒業生が、本学の学術交流協定校である米国フィンドレー大学の大学院を修了しました。今回、上田雅美さんの一時帰国の折、フィンドレー大学について、アメリカの大学院での留学生活について、アメリカで働くということ、の3点について、ミニ講演をしていただきます。 関心のある市民のみなさまは、この機会にどうぞキャンパスにお越しください。 【日時】2016年7月6日(水) 午後0時15分から午後0時55分 【会場】静岡文化芸術大学 南棟 280中講義室 【申込】不要 【講師】上田 雅美氏 (新学期からフィンドレー大学アシスタント) 【講演内容】「フィンドレー大学院を卒業して、同大アシスタントに ――アメリカ学部留学、大学院留学、そしてアメリカで働くということ――」 【お問い合せ】鈴木元子研究室 E-mail: suzuki@suac.ac.jp 【主催】ミニ講

イベント情報

イベント情報

2016年6月17日

第2回 地域スポーツ文化シンポジウム -浜松のスポーツ文化の現在・過去・未来どうする新球場?- 静岡文化芸術大学では、5年ぶりとなる「第2回 地域スポーツ文化シンポジウム」を開催いたします。 今回は浜松のスポーツ文化について、地元のスポーツ関係者、スポーツ文化研究者を招き、浜松のスポーツ文化の形成過程や特徴を踏まえ「スポーツの街はままつ」の文化特性、新球場などのスポーツ文化の社会的意味を考えていきたいと思います。どなたでも聴講可能ですので、是非お申込ください。 【日時】2016年6月30日 木曜日 午後1時から午後2時30分 【場所】静岡文化芸術大学 南278 大講義室 【パネリスト】  太田 誠氏(駒澤大学硬式野球部OB会長)  鈴木 章介氏(浜松商業同窓会会長,1964年東京五輪陸上十種競技日本代表)  村本 宗太郎氏(立教大学大学院) 【ファシリテーター】

イベント情報

イベント情報

2016年6月17日

フェスタ・ジュリ-ナ・ナ・スアック 2016 ブラジルの伝統的な行事 ~ブラジルの伝統的な踊り、料理をSUACで楽しもう~ Festa Julina na SUAC 2016 ・QUADRILHA ・BRINCADEIRAS・COMIDAS TÍPICAS・E MUITO MAIS! 静岡文化芸術大学では、多文化共生分野の研究における地域貢献イベントとして、ブラジルの伝統的なお祭り(6月の祭り)になぞらえた「Festa Julina na SUAC」をキャンパス内で開催します。子供たちをはじめ、地域に暮らすブラジル人の方はもちろん、日本人の方でも(どなたでも)参加できます。 日時:2016年7月9日(土)午前11時から午後4時まで  場所:静岡文化芸術大学 出会いの広場 (雨天時は北棟3階 学生食堂) 入場:無料 事前申込み:不要 主催:静岡文化芸術大学文化・

イベント情報

イベント情報

2016年6月9日

静岡文化芸術大学では、オリンピック・パラリンピック関連講座として、 「リオデジャネイロ大会から東京大会へ」をテーマに公開講座を開催します。 【 開講日 】7月9日(土)、16日(土)、23日(土)  【時  間】受付開始:午後1時       講座開始:午後1時30分から午後3時      (7月16日のみ、午後1時30分から午後3時40分 ) 【会  場】南棟1階176講義室 【受講資格】高校生以上 【募集定員】各講座150名(先着順) 【受 講 料】1講座:1,000円   全講座通し券(3講座分):2,000円        注)高校生無料 【受付期間】2016年6月10日(金)から 注)定員になり次第締め切ります。 【申込方法】下記「お申込みフォーム」または電話、FAXでお申込み下さい。  注)お申込みの際の必要事項は下記の通りです。

イベント情報

トピックス

2016年5月26日

静岡文化芸術大学の専任教員を公募しています。

トピックス
一覧を見る

トピックス

2016年6月24日

6月23日(木)「演劇文化論」(永井聡子准教授)の授業で、豊松 清十郎先生をお招きし、「文楽」について学びました。 豊松先生は、芸暦47年、女形の人形遣いとして第一線で活躍されています。 授業では、人形の三人遣い(主遣い、左遣い、足遣い)それぞれの動き方や、その三人それぞれが「相手に合わすのではなく、自然に合うことが大切」、「自然に合うこと」で人間らしさを表現できるとのお話をいただきました。 また、人形を実際に動かしていただきながら、人形のいろいろな所作を見せていただけ、学生にも実際に人形を操らせていただき、動きの難しさを体感できました。 学生から、人形遣いによって「命を持ったかのように動きだしだ」や、「人間の動きに見えることに感動する」との感想が述べられました。

トピックス

トピックス

2016年6月16日

平成28年6月15日(水)課外、様々な業界で活躍する卒業生による「キャリア支援セミナー」を2会場で開催しました。 「金融・保険業界を学ぶ」では、浜松信用金庫と日本生命保険相互会社で活躍するOGが、仕事のやりがいや大変なことなどを自分の体験を基に後輩にわかりやすく説明しました。また、自分が体験した就職活動での会社を選んだ軸やこだわりをアドバイスしました。 「広告・IT業界を学ぶ」では、エイエイピーと日本情報産業(NII)でがんばっているOBから、業界で求められる能力やスキルについて話を聞きました。また、仕事で楽しいこと・つらいことなど卒業生だから聞ける質問も多く出ました。参加した学生は、卒業生の実体験の話から自分の将来や就職について参考にしていました。 仕事で毎日忙しい中を、後輩のために時間を作ってくれた先輩に「感謝」です。

トピックス

トピックス

2016年6月16日

6月15日(水)、中日新聞と本学が共同で実施する「新聞カフェ」の第3回目を開催しました。 今回のテーマは「18歳選挙権」。今年入学した1年生も直接関わるテーマでもあり、討論のメンバーはその1年生をはじめ、2年生、3年生と幅広い学年から、のべ12名が参加しました。 参加した学生の政治や選挙への関心は最初、まちまちでした。しかし討論が進むにつれて議論が活発になり、さまざまな観点から政治や選挙について考える機会となりました。 会の終盤では、同世代の若者が政治に興味を持つためにどうすればよいかといった議論をもとに、家庭や学校で政治について話す機会を増やす必要性などの意見が提出されました。  今回の議論を受け新聞カフェでは、実際の選挙を終えた後に、再度、「18歳選挙権」について議論を重ねたいと考えています。新聞カフェは、静岡文化芸術大学の学生であれば誰でも参加できる会ですので

トピックス

トピックス

2016年6月15日

6月14日(火)本学の文化・芸術研究センターで、学友会主催による「横山学長と語る会」を開催しました。 学友会が定期的に企画・運営している「先生と語る会」で、今回はこの4月に着任された横山学長に御登壇いただきました。 いつもは、講義室で行っているこの会ですが、今回は、より身近に話をお聞きしたいとの学生の希望から、文化・芸術研究センターで開催しました。 テーマは、「文明と国際交流」。これまでの研究者としての体験談をはじめ、本学に初めて来た時の印象や学生に期待することなど、和やかにお話していただきました。 また、学生からは、主に自身の研究分野に関する質問が多くだされ、それに対する考え方やアドバイスをいただきました。 詳しい内容は、広報誌「碧い風(秋号)」に掲載する予定です。

トピックス

トピックス

2016年6月9日

5月31日、中国や韓国、インドネシアからの留学生、日本人学生、教職員が40名ほど集まり、留学生交流会が行われました。根本敏行副学長の日本語・中国語・英語の3カ国語による歓迎の言葉に続いて、留学生一人ひとりが日本のよさ、母国のよさ、趣味、特技を日本語で発表しました。その後の歓談では、学年や国籍をこえて、日本での暮らしの相談や将来の話を通して交流しました。

トピックス

トピックス

2016年6月9日

本学では、防災意識の高揚を図るため、全学参加型の防災訓練を実施しています。 今回の訓練は、授業中に突発型の地震が発生し、建物の損壊及び火災が発生したとの想定で実施しました。また、訓練をより実践的なものとするため、通路の通行不能や怪我人の発生など突発的な要素も盛り込みました。学生の皆さんは、普段通れるはずの通路が通れないことに戸惑いながらも、教職員の誘導のもと、安全に避難先へ避難することができました。 日 時:6月8日(水) 午前11時30分から午後0時(2限の授業を中断して実施) 参加者:学生、教職員、学校訪問者など約700人 想 定:東海地震、建物の損壊及び火災の発生 避難先:浜松市立東小学校グラウンド

トピックス

トピックス

2016年6月9日

平成28年6月8日(水)課外、国際文化・芸術文化学科向け「キャリア支援セミナー」を開催しました。国際文化学科向けでは、世界で活躍するために必要な能力や人物像を外部講師をお招きして講義を行ないました。前半は、「航空業界を学ぶ」としてECCエアライン学院による航空業界の仕事の種類や必要な能力を業界で活躍された講師が実体験を例に学生にわかりやすく説明しました。後半は、ジェトロ浜松の藤本所長による、「世界で活躍する人材とは」を熱く語っていただき、参加した学生は、目を輝かせて耳を傾けていました。芸術文化学科向けセミナーでは、県内の文化施設で活躍する本学の卒業生をお招きして、文化施設で働くための能力ややりがいなどを後輩に話しました。

トピックス

トピックス

2016年6月8日

6月6日お昼休み、英語・中国語教育センターで、クレープパーティが行われました。学生たちが、自分が自慢できる地場産品や好きなものを一品持ち寄り、英語や中国語を使って交流をしました。普段、英語・中国語教育センターを利用していない学生や、言語に苦手意識のある学生、利用したいが中に入りづらい学生が、センターを利用するいいきっかけとなりなりました。また、本イベントは英語履修者と中国語履修者とが合同で行う初めての企画であり、今後の活動に期待が高まります。

トピックス

トピックス

2016年5月26日

静岡文化芸術大学の専任教員を公募しています。

トピックス
一覧を見る

イベント情報

2016年6月22日

静岡文化芸術大学の卒業生が、本学の学術交流協定校である米国フィンドレー大学の大学院を修了しました。今回、上田雅美さんの一時帰国の折、フィンドレー大学について、アメリカの大学院での留学生活について、アメリカで働くということ、の3点について、ミニ講演をしていただきます。 関心のある市民のみなさまは、この機会にどうぞキャンパスにお越しください。 【日時】2016年7月6日(水) 午後0時15分から午後0時55分 【会場】静岡文化芸術大学 南棟 280中講義室 【申込】不要 【講師】上田 雅美氏 (新学期からフィンドレー大学アシスタント) 【講演内容】「フィンドレー大学院を卒業して、同大アシスタントに ――アメリカ学部留学、大学院留学、そしてアメリカで働くということ――」 【お問い合せ】鈴木元子研究室 E-mail: suzuki@suac.ac.jp 【主催】ミニ講

イベント情報

イベント情報

2016年6月17日

第2回 地域スポーツ文化シンポジウム -浜松のスポーツ文化の現在・過去・未来どうする新球場?- 静岡文化芸術大学では、5年ぶりとなる「第2回 地域スポーツ文化シンポジウム」を開催いたします。 今回は浜松のスポーツ文化について、地元のスポーツ関係者、スポーツ文化研究者を招き、浜松のスポーツ文化の形成過程や特徴を踏まえ「スポーツの街はままつ」の文化特性、新球場などのスポーツ文化の社会的意味を考えていきたいと思います。どなたでも聴講可能ですので、是非お申込ください。 【日時】2016年6月30日 木曜日 午後1時から午後2時30分 【場所】静岡文化芸術大学 南278 大講義室 【パネリスト】  太田 誠氏(駒澤大学硬式野球部OB会長)  鈴木 章介氏(浜松商業同窓会会長,1964年東京五輪陸上十種競技日本代表)  村本 宗太郎氏(立教大学大学院) 【ファシリテーター】

イベント情報

イベント情報

2016年6月17日

フェスタ・ジュリ-ナ・ナ・スアック 2016 ブラジルの伝統的な行事 ~ブラジルの伝統的な踊り、料理をSUACで楽しもう~ Festa Julina na SUAC 2016 ・QUADRILHA ・BRINCADEIRAS・COMIDAS TÍPICAS・E MUITO MAIS! 静岡文化芸術大学では、多文化共生分野の研究における地域貢献イベントとして、ブラジルの伝統的なお祭り(6月の祭り)になぞらえた「Festa Julina na SUAC」をキャンパス内で開催します。子供たちをはじめ、地域に暮らすブラジル人の方はもちろん、日本人の方でも(どなたでも)参加できます。 日時:2016年7月9日(土)午前11時から午後4時まで  場所:静岡文化芸術大学 出会いの広場 (雨天時は北棟3階 学生食堂) 入場:無料 事前申込み:不要 主催:静岡文化芸術大学文化・

イベント情報

イベント情報

2016年6月17日

SUAC夏の風物詩「SUAC×落語」 今年も、桂文治師匠をお迎えして開催します。 落語好きの方はもちろん、落語をご観になったことのない方でも大歓迎です。 皆様のご来場お待ちしております。 「SUAC×落語」とは 本学学生が主体となって、企画や運営を行う落語会です。 落語の面白さ、そして「笑う」ということの素晴らしさを伝えたい。そんな思いで始まったこの落語会は、地域の皆様に支えられ、おかげさまで今年で8回目の開催となります。

イベント情報

イベント情報

2016年6月13日

静岡文化芸術大学では、芸術文化学科のカリキュラムである「芸術文化基礎演習」(担当:芸術文化学科 永井聡子准教授)の一環で、二十五絃筝奏者で作曲家の中井智弥氏 による二十五絃筝コンサートを開催します。 このコンサートは、芸術文化学科 永井聡子准教授が企画・プロデュ―スを行い、授業を履修している2年生15名が運営にあたっています。  中井智弥氏による本学での二十五絃筝コンサートは、昨年に引き続き2回目となります。大学図書館を会場として開催された前回の企画「NONOMIYA-野宮-」は大変ご好評を いただきました。  今回はギャラリーに会場を移し、二十五絃筝に加えて三味線の演奏も交えてお送りします。中井智弥氏が「源氏物語」を題材に創るオリジナル楽曲の心うつ世界観をどうぞお楽しみください。 (入場無料・予約不要) 皆様のご来場を心よりお待ちしております。

イベント情報

イベント情報

2016年6月9日

静岡文化芸術大学では、オリンピック・パラリンピック関連講座として、 「リオデジャネイロ大会から東京大会へ」をテーマに公開講座を開催します。 【 開講日 】7月9日(土)、16日(土)、23日(土)  【時  間】受付開始:午後1時       講座開始:午後1時30分から午後3時      (7月16日のみ、午後1時30分から午後3時40分 ) 【会  場】南棟1階176講義室 【受講資格】高校生以上 【募集定員】各講座150名(先着順) 【受 講 料】1講座:1,000円   全講座通し券(3講座分):2,000円        注)高校生無料 【受付期間】2016年6月10日(金)から 注)定員になり次第締め切ります。 【申込方法】下記「お申込みフォーム」または電話、FAXでお申込み下さい。  注)お申込みの際の必要事項は下記の通りです。

イベント情報

イベント情報

2016年6月2日

第3回目の静岡文化芸術大学の室内楽演奏会シリーズ「音楽の力」。今回はフォークシンガーの高石ともや氏をお招きし、トークコンサート「時代に抗う作曲家たち」を開催します。 1960年代後半、日米安保闘争、ベトナム反戦運動などが大学生を中心に大きな運動として日本各地に広がっていきました。すでにアメリカではピート・シーガーやジョン・バエズをはじめとしたフォークシンガーたちが、社会運動の中で「音楽の力」を発揮するのは普通のことでしたが、この時代、日本でもフォークシンガーたちもまた、歌を通して「社会」に対する思いを語り始めます。そして多くの若者たちも、それを歌うことで社会に立ち向かったのです。あのとき若者たちが訴えたかったことは何だったのでしょうか?そして、その歌は社会を変えたのでしょうか? 今回の室内楽演奏会2016 シリーズ「音楽の力」は、そんな時代の「音楽の力」について、フォークシンガー

イベント情報

終了イベント

2016年6月2日

静岡文化芸術大学では、今年度第2回目となる「日仏女子柔道シンポジウム ”女性指導者の活躍推進とコーチングを考える"」を下記のとおり開催します。 どなたでも聴講可能ですので、是非お申込ください。 1 日  時  平成28年6月16日(木) 午後1時から午後2時半まで 2 場  所  静岡文化芸術大学 南278大講義室 3 聴講対象  本学学生及び一般の聴講希望者 4 聴   講   無料 ※一般の方の聴講は、事前の申し込みが必要です。 【申込方法】  EメールまたはFAXにて、住所、氏名、年齢、電話番号を お知らせください。(電話でのお申込はお受けできません) 【申込み先】  E-mail:suacsports@yahoo.co.jp         FAX:053-457-6158 (国際文

終了イベント

終了イベント

2016年5月25日

  静岡文化芸術大学では「PHOTO GRAPHICS 授業作品展」を開催します。昨年度(2015年)後期の授業で課題として撮影した作品を展示発表します。履修を終えた学生の成果品を情報発信することで、今後、履修を検討している学生へ向けての判断材料となり、モチベーションを高めることにつながると考えます。 展示の運営準備は、受講生の有志を中心に構成され、写真展示開催までに必要なプロセスであるポスター制作、フライヤー制作、写真印刷などをトータル的に運営してもらうことで、展示という行為自体の経験値を高めることも今回の企画の目的の一つとしています。  本展示会では、写真の基礎を徹底的に学んだ学生が作り出した、被写体の立体的な表現とライティングの表現手法に重点を置いた作品をご覧いただけます。 【開催日】2016年6月9日(木)から6月15日(水) 午前10時から午後7時 【会  場】静岡

終了イベント
イベント情報を見る

学生・卒業生の活躍

2016年6月23日

田子の浦港で整備が進められている「ふじのくに田子の浦みなと公園」において、整備予定の交流拠点施設(以下、シンボルタワー)の基本デザインは、地域との協働により「みなと公園」にふさわしい施設を検討する中で、本学が依頼を受け、基本デザインの提案を空間造形学科有志がおこないました。 2016年1月から3月に三回にわたる知事プレゼンテーションを経て基本デザインを完成させ、現在は実施設計のデザイン監修を行っています。 シンボルタワーのデザインは、原型となるデザイン4案(第1回プレゼンテーション)、原型案の特性を生かした統合3案への展開(第2回プレゼンテーション)、を経て、統合案の発展形としての1案に集約(第3回プレゼンテーション)されました。下部から上部に向けて引き締まった形状のシンボルタワーは、ベースの築山と一体で富士山を模しながら、方位を示す八角形を二重螺旋階段がまわり、内側にも階段を内包し、

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2016年6月23日

本学デザイン学部卒業生、竹田 悠子さんが「第21回トリエンナーレ・ディ・ミラノ」にあわせて行われたビデオコンテストで最優秀賞を受賞しました。「トリエンナーレ・ディ・ミラノ」は、歴史ある国際的な芸術博覧会です。 竹田さんは、本学在学時からクレイアニメーションの制作を行っており、卒業制作「こねこね寿司」は、YouTube Video Award 2010 アニメーション部門で入賞を果たしています。その他にもクレイアニメーションで数々の賞を受賞され、現在は、ミラノ近郊に在住し作品制作を行っています。

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2016年5月24日

米国オハイオ州フィンドレー市にあるフィンドレー大学大学院で英語教授法を学んでいた上田雅美さん(国際文化学科7期卒業生)が先日修士論文の発表も終わり、無事に卒業しました。 フィンドレー大学と本学は2007年3月に学術交流協定を締結しましたが、同年8月から、上田雅美さんは1年間の交流留学を体験しています。そのときに〝将来ここの大学院で勉強したい〟と決心して帰国、本学を卒業後、一旦社会に出て数年間働き、海外の大学院留学のための準備をしました。 フィンドレー大学院留学中は、Travel the Globe: Experiencing Different Cultures at The University of Findlayというイベントでも、日本に関するプログラムの責任者になるなど大活躍をしました。オハイオ州の日本人学校でも教えております。 また今後は、アメリカの新学期がはじ

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2016年3月31日

 文化政策学科3年生の舩戸ゼミでは、昨年5月から今年1月までの毎週末、浜松市の中山間地域である、天竜区佐久間町の山香地区と城西地区を訪問し、自治会の代表者や自治会組織である「組」や「班」の代表者の方たち70人に聞き取り調査をしました。  また、山香地区の全227世帯、城西地区の全325世帯を対象に、アンケート調査も実施しました。  このような調査を通じて、浜松の中山間地域の集落の現状や課題を明らかにし、その課題解決ができるような地域づくりの方策を研究してきました。

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2016年3月28日

磐田市からの依頼で、2015年10月から磯村研究室6名の学生が、磐田市こども憲章のモニュメントのデザインワークショップ活動を開始しました。 磐田市こども憲章は、子どもたちの健やかな成長を育むために、小中高校生のワークショップ等により、市民の意見や言葉を集約して制定されました。ワークショップはその思いをつなぎ、憲章を市民に表現するモニュメントを学生の手で実現しようとするものです。 磐田市へのヒアリングや駅前広場の調査から始まったワークショップは、デザイン検討、市長への中間報告・最終プレゼンテーション、実施デザイン、メーカーとの協議、現場施工とプロセスを踏み、磐田駅北口広場整備のオープン3月12日に合わせてお披露目されました。

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2016年3月9日

生産造形学科の学生が、修善寺温泉街の観光アピールに向けたデザイン案を、伊豆市役所にて菊地市長ら市の幹部に提案しました。 発表したのは、生産造形学科2年の有志でつくる「ロゴ研究会」のメンバー6人。県内でも有数の温泉地である修善寺温泉をテーマに昨年の9月と12月に現地調査を行いながら、同温泉街の散策コース「恋の橋めぐり」を多くの観光客に楽しんでもらうための案内看板やお土産などのデザインを提案しました。また、メンバーとは別に、同市出身で、同じく生産造形学科2年の勝野美葉子さんもデザイン案を発表しました。 発表後、市長からは、若い層に向けた温泉街のアピールが求められるなか今回の提案は興味深く、前向きに検討したいとのコメントをいただきました。

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2016年3月4日

本学の文化政策学部国際文化学科3年の林典子さんが、平成27年夏に内閣府の青年交流事業の試験に合格し、この約40日間、「シップ・フォー・ワールド・ユース・リーダーズ」に参加して、今月、無事帰国しました。 この次世代グローバルリーダー事業は、「世界各地から集まった外国青年とのディスカッションや文化交流を通して、相互理解を深め、有識者によるセミナーの受講や参加青年が自主活動を企画することによって、異文化対応能力やコミュニケーション力を高め、リーダーシップやマネジメント力の向上を図り、併せて参加青年の国際的視野を広げ、国際協調の精神を育てることにより、国際化の進展する各分野でリーダーシップを発揮することができる青年を育成することを目的とする」ものです。

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2016年3月2日

空間造形学科がデザイン作成(基本構想)及び基本設計を担当した森町拠点防災倉庫が竣工し、静岡県森町から感謝状を頂きました。 空間造形学科有志がデザイン作成及び基本設計を担当した、静岡県周智郡森町に建設の「森町拠点防災倉庫」が完成し、2016年2月6日に竣工式が執り行われました。竣工式では、村松藤雄町長より感謝状を頂きました。 空間造形学科では、2014年度に防災拠点倉庫のデザイン作成と基本設計業務を受託し、その後引き続いて、実施設計・現場監理段階においてもデザイン監修に関わってきました。 今回完成した「森町拠点防災倉庫」は、大規模な災害発生時には緊急物資集積所として災害応急対策の拠点となり、平常時には備蓄倉庫及び消防団の車庫として活用され町と地域の防災力の向上に寄与するものです。それら利用目的をふまえ、拠点防災倉庫のデザインは、独特の敷地形状の有効利用をはかり、倉庫としての機能性を十分

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2016年2月23日

平成27年度デザインパテントコンテスト(主催:文部科学省、特許庁、日本弁理士会、(独)工業所有権情報・研修館)が行なわれ、デザイン学部生産造形学科2年の安井健人さんの作品が、応募作品269件の中から優秀作品として「意匠登録出願支援対象」に選出されました。

学生・卒業生の活躍
一覧を見る

入試情報

2016年6月23日

2017(平成29)年度大学院デザイン研究科A日程入学試験の出願受付を6月24日(金)から開始します。 出願締切日は7月6日(水)午後5時必着ですので、注意してください。(出願は郵送に限ります、直接持参しても受理しません)

入試情報

入試情報

2016年6月15日

進学説明会に下記の日程で参加します。 本学入試担当者が学部・学科の特徴や入試制度、卒業後の進路などさまざまな質問に個別にお答えします。 皆様のご来場をお待ちしています。

入試情報

入試情報

2016年6月15日

2017大学院案内、大学院学生募集要項が完成しました。 入手を希望される方は、大学事務局にて直接受け取るか、下記資料請求ページから郵送による資料請求も受け付けております。

入試情報

入試情報

2016年6月10日

2017大学案内が完成しました。 大学案内には、学部・学科の概要や特色、卒業後の進路・就職に関するサポート、国際交流、キャンパスライフなどに関する情報が満載です。 資料請求は以下のページよりお願いいたします。

入試情報

入試情報

2016年5月19日

5月22日(日)にツインメッセ静岡で開催される「大学フェア2016」(主催:テレビ静岡)に参加します。 本学入試担当者が学部・学科の特徴や入試制度などさまざまな質問に個別にお答えします。 また、在学生が学生相談員として受験勉強の方法や学生生活、授業などの質問にお答えします。 高校生、受験生、保護者の皆様のご来場をお待ちしています。

入試情報

入試情報

2016年4月15日

静岡文化芸術大学は、各地で開催される進学相談会に参加します。本学について詳しくご説明いたしますので、ぜひご来場ください。

入試情報

入試情報

2015年12月8日

平成29年度入学試験(現高校2年生対象)より、文化政策学部国際文化学科の英語公募制推薦入学試験の出願資格について、外部の英語資格検定で本学の定める基準を満たしている場合、出願条件が緩和されます。 詳細は下記をご覧ください。

入試情報

2015年11月19日

静岡県内の国公立4大学(静岡大学、浜松医科大学、静岡県立大学、本学)の共催による、受験生・保護者の皆様を対象とした願書配布会、進学相談会を開催します。 会場では各大学の大学案内パンフレットや学生募集要項(願書)を配布します。 また、入試に関する個別相談コーナーも設置し、ご質問にお答えします。 各会場とも事前申し込みは不要、入退場自由ですので、直接会場にお越しください。

入試情報

2015年10月30日

2016(平成28)年度学部入試 公募制推薦入試、社会人入試、帰国生徒入試(文化政策学部)、外国人留学生入試(文化政策学部)の出願受付を11月2日(月)から開始します。

一覧を見る
学部・大学院
  • 文化政策学部
  • 国際文化学科
  • 文化政策学科
  • 芸術文化学科
  • デザイン学部
  • デザイン学科
  • 大学院
  • 文化政策研究科
  • デザイン研究科
  • 3分でわかるスアック
  • 学部大学院
  • イベント情報
  • 文化・芸術研究センター
  • 図書館・情報センター
  • 英語・中国語教育センター
  • 採用情報
  • 静岡国際オペラコンクール
  • 大学案内資料請求
  • エグゼクティブプログラム
  • SUAC VOICE
  • SUAC! for YOUへのリンク
  • 静岡文化芸術大学公式YouTubeチャンネル
  • 入試室ライン
ページの先頭へ戻る