• 新着情報
  • トピックス
  • イベント
  • 学生・卒業生の活躍
  • 入試情報
新着情報一覧
RSS

トピックス

2015年7月31日

7月28日(火)デザイン学部の学生と文化政策学部の学生が、デザイン提案のプレゼンテーションを行いました。今回は、ヤマハ発動機株式会社の外国人デザイナーをお招きして、英語によるプレゼンテーションを行いました。 これは、英語を専門的に学ぶ文化政策学部の学生とデザイン学部の学生が協働することによりデザインと英語教育を融合させた実践演習の一つです。 学生たちは、グローバルに活躍するプロデザイナーからのアドバイスを受け、視野を広げる大変有意義な機会となりました。

トピックス

入試情報

2015年7月31日

2016(平成28)年度静岡文化芸術大学大学院デザイン研究科A日程入学試験 合格者番号を掲載します。

トピックス

2015年7月27日

静岡文化芸術大学では、地域の皆さんの学習意欲、知的好奇心に応え、勉学の機会を拡げることを目的として、授業科目(語学、演習等の科目を除く)を公開し、社会人を受け入れています。

トピックス

2015年7月27日

デザイン学部では、年2回特別研究の発表の場として、研究成果発表会を行っております。 今回は、デザイン学科の3領域からそれぞれ発表がありました。 日時:7月23日(木) 午後4時20分から午後6時 場所: 静岡文化芸術大学301会議室 1.デザインフィロソフィー領域 迫秀樹教授 「卒業生へのUDに関するアンケート結果について」 2.プロダクト領域 高山靖子教授 「専門科目への英語教育導入について」 3.ビジュアル・サウンド領域 長嶋洋一教授 「報告「スケッチング」研究について」

トピックス

トピックス

2015年7月22日

8月8日、9日に開催します「SUACオープンキャンパス2015」の企画内容を公表します。

トピックス

トピックス

2015年7月21日

7月21日(火)に、本学377中講義室でPRESENTATION of 生産造形演習A & English Diploma course collaboration programのプレゼンテーションが行われました。今年もデザイン学部の「生産造形演習A」と文化政策学部の「English Diploma course」の学生がいくつかのチームを編成し、共同でプレゼンテーションをつくり上げました。文化政策学部の学生も、デザインの企画段階から一緒に取り組みました。子供がおもちゃを自主的に片付けることのできる入れ物や、災害時に女性が履き替えることのできる携帯用シューズなど、デザイン学部の学生が英語でプレゼンテーションしました。質疑応答も英語で活発に行われました。

トピックス

イベント情報

2015年7月21日

 静岡文化芸術大学では、地域の皆様に日本の伝統芸能である「能」を身近にお楽しみいただく機会として、今年も特別公開講座「薪能」 を開催します。  今回の演目は「頼政」です。  10月7日(水)には能講座として、学生による「頼政」の解説や、本学学長の熊倉功夫による講演も行われます。能を見るのが初めてという方も、どうぞお気軽にご来場ください。(入場無料)  10月8日(木)には本学の中庭「出会いの広場」に設営する能舞台にて、狂言や能「頼政」の公演が行われます。(有料) 屋外の薪の灯りの下で行う「薪能」を皆様にお楽しみいただければと思います。  なお、これらのイベントのプロデュースは、本学学生により結成された薪能プロジェクトチームが担当します。学生スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。注:雨天時は講堂(屋内)での公演になります。

イベント情報

イベント情報

2015年7月21日

静岡文化芸術大学では、学内の工房を会場に「夏季公開工房」を開催します。今回は「銅版画を制作しよう」「石膏デッサンを描いてみよう」「テキスタイル・手織りに挑戦!」の3講座です。初心者の方にも分りやすく丁寧に指導していきますので、どなたでも安心してご参加いただけます。 あなただけのアート作品に取り組んでみませんか。 ものづくりに没頭できる素敵な時間を皆で楽しみましょう。

イベント情報

トピックス

2015年7月14日

静岡文化芸術大学では、ワーク・ライフ・バランス推進の一環としての連続休暇等の取得促進及び夏季における省エネルギーに資するため、下記のとおり一斉休業を実施し、期間中は業務を休止いたします。 御不便をおかけしますが、御理解と御協力をお願いします。

一覧を見る

トピックス

2015年7月31日

7月28日(火)デザイン学部の学生と文化政策学部の学生が、デザイン提案のプレゼンテーションを行いました。今回は、ヤマハ発動機株式会社の外国人デザイナーをお招きして、英語によるプレゼンテーションを行いました。 これは、英語を専門的に学ぶ文化政策学部の学生とデザイン学部の学生が協働することによりデザインと英語教育を融合させた実践演習の一つです。 学生たちは、グローバルに活躍するプロデザイナーからのアドバイスを受け、視野を広げる大変有意義な機会となりました。

トピックス

トピックス

2015年7月27日

静岡文化芸術大学では、地域の皆さんの学習意欲、知的好奇心に応え、勉学の機会を拡げることを目的として、授業科目(語学、演習等の科目を除く)を公開し、社会人を受け入れています。

トピックス

2015年7月27日

デザイン学部では、年2回特別研究の発表の場として、研究成果発表会を行っております。 今回は、デザイン学科の3領域からそれぞれ発表がありました。 日時:7月23日(木) 午後4時20分から午後6時 場所: 静岡文化芸術大学301会議室 1.デザインフィロソフィー領域 迫秀樹教授 「卒業生へのUDに関するアンケート結果について」 2.プロダクト領域 高山靖子教授 「専門科目への英語教育導入について」 3.ビジュアル・サウンド領域 長嶋洋一教授 「報告「スケッチング」研究について」

トピックス

トピックス

2015年7月22日

8月8日、9日に開催します「SUACオープンキャンパス2015」の企画内容を公表します。

トピックス

トピックス

2015年7月21日

7月21日(火)に、本学377中講義室でPRESENTATION of 生産造形演習A & English Diploma course collaboration programのプレゼンテーションが行われました。今年もデザイン学部の「生産造形演習A」と文化政策学部の「English Diploma course」の学生がいくつかのチームを編成し、共同でプレゼンテーションをつくり上げました。文化政策学部の学生も、デザインの企画段階から一緒に取り組みました。子供がおもちゃを自主的に片付けることのできる入れ物や、災害時に女性が履き替えることのできる携帯用シューズなど、デザイン学部の学生が英語でプレゼンテーションしました。質疑応答も英語で活発に行われました。

トピックス

トピックス

2015年7月14日

静岡文化芸術大学では、ワーク・ライフ・バランス推進の一環としての連続休暇等の取得促進及び夏季における省エネルギーに資するため、下記のとおり一斉休業を実施し、期間中は業務を休止いたします。 御不便をおかけしますが、御理解と御協力をお願いします。

トピックス

2015年7月14日

「夢ナビライブ」(主催:株式会社フロムページ、後援:文部科学省)とは高校生と教員、大学が直接出会う合同進学ガイダンスです。本学も7月18日(土)・名古屋会場で開催される夢ナビライブ2015に参加します。 『講義ライブ』では、模擬授業の形式で本学の教員が専門分野の学問の魅力を分かりやすく高校生の皆さんに紹介します。 また、本学入試担当者が学部・学科の特徴や入試制度などの説明を行う『大学説明会』、入試担当者がさまざまな質問にお応えする『大学個別ガイダンス』も行われます。 高校生、受験生、保護者の皆様のご来場をお待ちしています。

トピックス

トピックス

2015年7月13日

 7月10日(金)に、浜松市立湖東中学校で行われた「地域ふれあい講座~先輩に学ぼう~」で、本学デザイン学部生産造形学科2年の荒田海優さんと勝野美葉子さんが講師を勤めました。この講座では、地域から募集した講師が、茶道等の文化体験をはじめ、美術、工作、国際交流などバラエティに富んだ約30もの講義やワークショップを行い、生徒は好きな講座を選択して参加します。  本学の学生は「色彩構成」をテーマにワークショップを行い、中学生29名が参加しました。はじめに、色の特徴についての講義が行われ、「明度」や「彩度」、「捕色関係」などについて説明しました。生徒たちは、色にまつわる耳慣れない言葉に、少し戸惑い気味でしたが、実際に作品を見ながら解説を聞くうちに、様々な色の特徴の理解が深まった様子で、最後に行った色彩構成の実践では、リラックスした表情で作品制作を楽しんでいました。  ワークショップにはアシスタン

トピックス

トピックス

2015年7月10日

8月8日(土)、9日(日)に開催しますオープンキャンパスのポスターとチラシが完成しました。

トピックス
一覧を見る

イベント情報

2015年7月21日

 静岡文化芸術大学では、地域の皆様に日本の伝統芸能である「能」を身近にお楽しみいただく機会として、今年も特別公開講座「薪能」 を開催します。  今回の演目は「頼政」です。  10月7日(水)には能講座として、学生による「頼政」の解説や、本学学長の熊倉功夫による講演も行われます。能を見るのが初めてという方も、どうぞお気軽にご来場ください。(入場無料)  10月8日(木)には本学の中庭「出会いの広場」に設営する能舞台にて、狂言や能「頼政」の公演が行われます。(有料) 屋外の薪の灯りの下で行う「薪能」を皆様にお楽しみいただければと思います。  なお、これらのイベントのプロデュースは、本学学生により結成された薪能プロジェクトチームが担当します。学生スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。注:雨天時は講堂(屋内)での公演になります。

イベント情報

イベント情報

2015年7月21日

静岡文化芸術大学では、学内の工房を会場に「夏季公開工房」を開催します。今回は「銅版画を制作しよう」「石膏デッサンを描いてみよう」「テキスタイル・手織りに挑戦!」の3講座です。初心者の方にも分りやすく丁寧に指導していきますので、どなたでも安心してご参加いただけます。 あなただけのアート作品に取り組んでみませんか。 ものづくりに没頭できる素敵な時間を皆で楽しみましょう。

イベント情報

イベント情報

2015年7月1日

静岡文化芸術大学では、8月21日(金)の「県民の日」に寄せてキャンパスツアーを実施します。 大学生になったつもりで学内を歩きませんか?皆様の参加をお待ちしています。 【県民の日とは?】 8月21日「県民の日」は静岡県の誕生日。 7月から9月にかけて、県内各地で多彩なイベントが開催されます。

イベント情報

終了イベント

2015年7月3日

静岡文化芸術大学(芸術文化学科・永井クラス)では芸術文化基礎演習として「文楽ワークショップ」を開催します。 今回のワークショップは、本学の学生向けの授業として企画いたしましたが、講師に公益財団法人文楽協会から豊松清十郎氏をはじめ、人形の部技芸員、太夫技芸員、三味線部技芸員の方々をお迎えできることとなりましたので、市民の皆様にも「文楽の世界」に触れていただく機会として広く開放いたします。 一流の文楽を学び、体験できる数少ない機会ですので、ぜひご参加ください。 文楽とは 正式には「人形浄瑠璃文楽」といい、ユネスコ無形文化遺産に登録された日本が世界に誇る伝統芸能のひとつ。人形遣い、浄瑠璃語り、三味線弾きの三者で成り立つ芝居が特徴。

終了イベント

終了イベント

2015年6月22日

現在、静岡文化芸術大学ギャラリーにて、生産造形学科3年による企画展「食展」を開催しています。 みなさんは「食」ときいて何を思い浮かべますか?飯ごう炊飯のカレーライス?お母さんの肉じゃが?給食で苦手だった牛乳? しかし、食を見る角度を五感に切り替えると実に多様な食の姿が見えてきます。目で、耳で、鼻で、舌であるいは手で感じる食。「食展」ではデザイン学部生産造形学科3年19名がそんな多様な食の姿をさまざまな方法で表現しました。 まじめに、たのしく、ちょっとおかしく表現された19品の食を存分に味わってみてください。

終了イベント

終了イベント

2015年6月19日

初夏の恒例行事となりつつある「SUAC×落語」を昨年に引き続き、桂文治師匠をお迎えして開催します。落語好きな方はもちろん、まだ観たことがない方も大歓迎。皆様のご来場をお待ちしております。 「SUAC×落語」とは 本学学生が主体となり、企画・運営を行っている落語会です。 落語の面白さ、そして「笑う」ということの素晴らしさを伝えたい。そんな思いで始まったこの落語会は、地域の皆様に支えられ、おかげさまで今年で第7回目の開催となります。

終了イベント

終了イベント

2015年6月9日

静岡文化芸術大学では、外国につながる子どもの教育や関連する課題に関心のある方を対象として、「第10回 多文化子ども教育フォーラム ~ブラジルと日本の学校文化の比較~」を開催します。 【日  時】    2015年7月4日(土) 午後1時30分から午後4時30分まで 【会  場】    静岡文化芸術大学 南棟2階 南280中講義室 【対  象】    外国につながる子どもの教育や関連する課題に関心のある方 【申込み】    不要 【参加費】    無料 【主  催】    静岡文化芸術大学 【プログラム】 ・報告1 坂柳言衣(豊橋市立南陽中学校教諭)  「日本とブラジルにおける日系人の子どもの教育比較」   ・報告2 安藤クリスチーナ氏(ブラジル人保護者・EASブラジル人学校)  「日本の小・中・高からブラジルの大学進学へ」 ・報告3 カルドーゾ カロ

終了イベント

終了イベント

2015年6月9日

静岡文化芸術大学ギャラリーにて、内山咲子イラストレーション展「Sakiko Uchiyama Illustration Exhibition 2015」を開催します。 多摩美術大学でイラストレーションを学び、現在はデザインの第一線で活躍中の内山咲子さんの展覧会を行います。イラストレーションが視覚伝達にどのような効果をもたらすのか、また、他の広告やパッケージ等幅広いデザインの領域との共通点をご紹介していきます。 【日時】 2015年7月4日(土)から7月12日(日)  午前10時から午後6時(最終日は午後1時まで) 【会場】     静岡文化芸術大学 西ギャラリー 【料金】 無料 【お問い合わせ】 静岡文化芸術大学 地域連携室 tel: 053-457-6105

終了イベント

終了イベント

2015年6月5日

静岡文化芸術大学では、文化・芸術研究センターの地域交流事業として、平成27年度前期公開講座を開催します。 赤いキャップのキッコーマンしょうゆ卓上瓶をはじめ、ヤマハのオートバイ、新幹線など数々のデザインを手がけ、日本を代表するインダストリアルデザイナーであった榮久庵憲司は、2014年にデザインのノーベル賞とも称されるコンパッソ・ドーロ国際功労賞をアメリカのアップル社やイタリアのジョルジュ・アルマーニと並んで受賞、その高い国際的評価を得ながら今年2月8日永眠されました。本学の創設に携わり初代デザイン学部長であった榮久庵憲司の世界を様々な視点で見つめます。 ※要事前予約

終了イベント
イベント情報を見る

学生・卒業生の活躍

2015年7月10日

発展途上国の製品を適正価格で継続的に購入し、途上国の労働者の生活向上と自立を目指すフェアトレードの意識を高めようと、本学で2つの同好会が、今年で2回目となる食べるボランティア「タベボラ」を開きました。 フェアトレード・地産地消の普及活動をする「りとるあーす」と料理好きが集まる「SUAC kitchen」がコラボし、大学内に3日間カフェをオープンしました。今回はデザイン学部も加わり、黒板におしゃれなメニューを書いたり、浜松で採れた野菜などをわかりやすく展示しました。見た目もカラフルな野菜が乗ったオープンサンド、インドやドミニカ産の紅茶やコーヒー、小さなシフォンケーキもついて300円。 最終日には下澤嶽教授(国際文化学科)が「国際フェアトレード認定ラベル」やフェアトレードの歴史などを解説しました。 大学の学生、教職員などで大いに賑わった3日間でした。

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2015年7月10日

生産造形学科2年(現在は3年)の学生有志「ロゴ研究会」は、ロゴ研究活動の実践として、神戸市のイタリアンレストランのリーフレットとショップカードをデザインしました。

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2015年4月2日

本学のデザイン同好会「Omnis Design Group」の学生が、JAとぴあ浜松の遠鉄ラッピング電車のデザインを手掛けました。このラッピング電車は、JAとぴあ浜松が設立20周年を記念して企画したもので、図柄のデザインを同好会が作成したものです。 デザインコンセプトは「花咲く笑顔」。赤電で親しまれる車両には、浜松名産のジャガイモやエシャロット、ガーベラ等の農作物がカラフルに描かれています。

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2015年3月24日

メディア造形学科4年の神谷克麻さんと長澤哲朗さんが「JVMA Creative Award 2015」(一般社団法人 日本自動販売機工業会 主催)で審査員特別賞を受賞しました。

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2015年3月24日

ふじのくに地域・大学コンソーシアムが実施する「平成26年度ゼミ学生地域貢献推進事業」の成果発表会が2月23日(月)、静岡県総合研修所・もくせい会館(静岡市葵区)で開催されました。 この発表会では、事業の採択を受けた県内11の大学が参加し、20のゼミによる報告が行われました。 この事業には、本学文化政策学部 舩戸ゼミが「浜松市天竜区龍山地区における地域づくりの方策の研究」というテーマで採択され、3年生の石倉達也君がゼミ代表として、一年間にわたる龍山調査の概要と結果について成果発表を行いました。

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2015年3月24日

2月27日(金)の夜(午後7時~9時30分)、本学文化政策学部 舩戸ゼミが1年間取り組んできた、浜松市天竜区龍山町(旧・龍山村)の調査の現地報告会を龍山森林文化会館で開催しました。 当日は、龍山以外にお住まいの方々も含め150名近くの参加がありました。教員と学生5人の発表に対して、会場から色々な質問が出され、活発な意見交換が行われました。 今回の調査報告をもとにして、舩戸ゼミ生5人が分担して執筆する「龍山で生きる」というルポルタージュ記事が3月下旬から5回にわたって朝日新聞静岡版に連載される予定です。 今後も、舩戸ゼミは、龍山だけでなく、浜松の中山間地域と深くかかわっていく予定です。

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2015年3月6日

空間造形学科4年の山本涼介さんが、静岡県が県内の学生とその保護者を対象に配布している「親子で話そう!!静岡県のケータイ・スマホルール」のデザインを担当しました。また、「親子で話そう!!静岡県のケータイ・スマホルール」は、各市長教育委員会を通じて、静岡県下の小学5年生と中学2年生全員に配布されています。また、県内の携帯等販売店に設置されている機器の購入時を捉えた保護者に対する効果的な啓発を図るための卓上型啓発物にも、山本さんのデザインが採用されています。

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2015年2月26日

「平成26年度デザインパテントコンテスト」(文部科学省、特許庁、日本弁理士会、(独)工業所有権情報・研修館 主催)にて、生産造形学科2年の磯部 亜紗佳さん、東田 祐治さんの作品が応募作品279件の中から優秀作品として意匠登録出願支援対象に選ばれました。

学生・卒業生の活躍

学生・卒業生の活躍

2015年2月24日

メディア造形学科3年の坂下由季さんと生産造形学科4年の石川聡太さんが、「第4回JAGDA静岡グラパ賞」(主催 公益財団法人日本グラフィックデザイナー協会静岡地区)で入賞しました。

一覧を見る

入試情報

2015年7月31日

2016(平成28)年度静岡文化芸術大学大学院デザイン研究科A日程入学試験 合格者番号を掲載します。

入試情報

2015年7月3日

静岡文化芸術大学ではオープンキャンパス第1日目に実技(鉛筆デッサン)講習会を開催します。 受講には事前の申込みが必要です。 申込みフォームよりお申し込みください。 申込期間 7月6日(月)~7月17日(金) (定員に達し次第、締切ります。) 開催日時 8月8日(土) 午前9時~午後0時30分

入試情報

入試情報

2015年6月29日

2016(平成28)年度入学者選抜要項の配付を開始しました。

入試情報

2015年6月18日

6月20日(土)に愛知県体育館で開催される「Benesse進学フェア2015」(主催:進研アド)に参加します。 本学入試担当者が学部・学科の特徴や入試制度などさまざまな質問に個別にお答えします。 また、当日の特別プログラム「人気の仕事・キーワードから選ぶ大学」にて本学文化政策学部文化政策学科の教員が講演し、文化政策学科の学びの中でどのように公務員として必要な能力が身につくかについてご説明します。将来の職業として公務員に興味をお持ちの高校生の方、ぜひ聞きに来てください。 高校生、受験生、保護者の皆様のご来場をお待ちしています。

入試情報

入試情報

2015年6月5日

2016大学案内が完成しました。 大学案内には、学部・学科の概要や特色、卒業後の進路・就職に関するサポート、国際交流、キャンパスライフなどに関する情報が満載です。 資料請求は以下のページよりお願いいたします。

入試情報

入試情報

2015年5月29日

入試室が、「静岡文化芸術大学入試室公式LINE@」をはじめました。大学の入試情報や進学説明会情報、学生生活の様子などを配信していきます。ぜひ、「友だち追加」をして下さい。

入試情報

入試情報

2015年5月20日

5月24日(日)にツインメッセ静岡で開催される「大学フェア2015」(主催:テレビ静岡)に参加します。 本学入試担当者が学部・学科の特徴や入試制度などさまざまな質問に個別にお答えします。 また、在学生が学生相談員として受験勉強の方法や学生生活、授業などの質問にお答えします。 高校生、受験生、保護者の皆様のご来場をお待ちしています。

入試情報

入試情報

2015年4月28日

静岡文化芸術大学は、各地で開催される進学相談会に参加します。本学について詳しくご説明いたしますので、ぜひご来場ください。

入試情報

入試情報

2015年2月13日

2015(平成27)年度一般選抜(前期日程・後期日程)の確定志願者数を 本学ホームページ、携帯サイトにて公開しています。

一覧を見る
学部・大学院
  • 文化政策学部
  • 国際文化学科
  • 文化政策学科
  • 芸術文化学科
  • デザイン学部
  • デザイン学科
  • 大学院
  • 文化政策研究科
  • デザイン研究科
  • 学部大学院
  • イベント情報
  • 文化・芸術研究センター
  • 図書館・情報センター
  • 英語・中国語教育センター
  • 採用情報
  • 静岡国際オペラコンクール
  • 大学案内資料請求
  • アートマネジメントセミナーへのリンク
  • SUAC VOICE
  • 碧風祭
  • 静岡文化芸術大学公式YouTubeチャンネル
  • 入試室ライン
ページの先頭へ戻る