ホーム > 大学紹介 > キャンパス案内 > キャンパスマップ

キャンパスマップ

出会いの広場

図書館・情報センター

講 堂

自由創造工房

南中央エントランス

創造の丘

学生食堂

事務局

アートワーク


緑と共生する都市型のキャンパス

学習意欲を刺激する最新の設備、ゆとりと憩いを実感できるパブリックスペース、豊かな創造性を育む上で欠かすことのできない「遊び心」あふれる独創的な施設です。

出会いの広場

2階にありながら人工地盤により緑化された、学生と市民の憩いの広場。学生食堂、学生ラウンジ、講義室、図書館・情報センターなどへとつながる、大学の中心的スペースです。

図書館・情報センター

芸術・美術、国際関係、言語に関する資料や視聴覚資料を数多く所蔵。約3,300種類の和・洋雑誌を購入し、最新情報の提供を目指しています。学外の方も利用可能です。
図書館・情報センターサイト

講堂

603名を収容できる講堂は、ブラウン系統で統一され、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。大学の行事、イベントやセミナー、学生の発表の場として利用されています。

自由創造工房

パソコンや手織り機などを使い、制作・創作活動を行うことのできる工房です。ものづくりの魅力を広く伝えるため、公開工房も開催しています。

南中央エントランス

この大学は地域に開かれた大学です。それは建物にも表れています。門も塀もないキャンパスでは、誰でも自由に敷地に入れます。代表的な入口は、この南中央エントランスと西エントランスです。

創造の丘

浜松市内が一望できる屋上庭園は、まさに都会のオアシス。山の尾根、波のうねりを思わせる緩やかな起伏が印象的です。

学生食堂

日替わりランチのほか、パスタ、サラダなどのメニューも充実。市民の皆さんにも開放されています。

事務局

事務局職員が様々な側面から皆さんをサポートします。

体育館

トレーニングルームやシャワー室を完備。授業はもちろん、クラブ・サークル活動でも頻繁に利用されています。

大講義室

いわゆる階段教室の講義室で、219名を収容可能。最新のAV機器を完備し、プレゼンテーションの場としても適しています。

学生ホール

大学からの連絡事項やクラブ・サークル情報、就職情報やイベント情報を伝える掲示スペースと学生がくつろげるラウンジスペースが設けられています。

購買

飲食物から教科書、書籍・雑誌、文房具・画材、日用雑貨まで、豊富な品揃えで学生たちの毎日を支えています。

文化・芸術研究センター

560平方メートルのスペースに、演劇・パフォーマンス・瞑想ができる空間とラウンジからなる文化・芸術の交流拠点です。
文化・芸術研究センター
ART WORK アートワーク 大学内の現代美術作品
写真:Transparent Doubts

「Transparent Doubts」

出会いの広場に展示されたアートワーク。ガラスに囲まれた不思議な空間が、創造性をかき立てることから「瞑想ベンチ」の愛称で呼ばれています。

作家: Jaume Plensa(ジャウメ プレンサ) 1955年スペイン生まれ スペインおよびフランス在住
制作年: 2000年
材質: ガラス、ステンレス、人工皮革、蛍光灯
写真:Furnishing

「Furnishing」

大きさの異なる7つのベンチは、最大のもので高さ1.8m。日常の見なれた風景の中で意外な発見をすることへのインスピレーションを与えてくれます。
 
作家: Inges Idee (Hans Hemmert 他3名によるグループ)
制作年: 2000年
材質: 木
写真:APOLLO PLAN

「APOLLO PLAN」

南中央エントランス近くの池の中に展示されたアートワーク。アンテナ、スピーカー、メガホンなど、情報交換の手段として使用される機器をモチーフにしたステンレス製の作品。人々が交流する開かれたネットワークを象徴しています。
 
作家: 真喜志 奈美 1966年日本生まれ 韓国在住
制作年: 2000年
材質: ステンレス
ページの先頭へ戻る