ホーム > 学部・大学院 > 大学院 > 文化政策研究科

文化政策研究科 定員10名


文化の力を形にし、社会に提供できる人材を

人間社会において、文化は人を動かし、束ねる大きなエネルギー源です。また、様々な示唆と知恵を人間に与えてくれる集合体でもあります。こうした文化の力を、人間の未来社会のために形にする営みが「文化政策」とも言えます。私たちは、文化・芸術創造や組織運営のあり方を探求し、「文化政策」をプロジェクトや政策として提案できるプロフェッショナルな人材を育成します。
文化政策研究科は、日本で唯一、AAAE(Association of Arts Administration Educators)の正会員となっている大学院です。

特色と研究専門領域

文化・芸術の専門的な研究を通して、文化・芸術の力を形にし、社会に提供できる人材を育成しています。下にある4つの研究専門領域の一つを選び、領域横断的、学際的なアプローチで実践的な研究を展開していきます。学部からの進学者の他に、他大学、社会人、留学生など多様な学生が集まり、相互に刺激的な環境で研究できます。
アートマネジメント   楽団、劇団、美術館などの民間非営利芸術団体及び公立文化施設の運営などに関する研究を行う。中間支援組織や文化に関わる様々な非営利団体の運営等も含まれる。
 
芸術・文化産業政策   民間非営利芸術団体の支援政策、営利の文化産業を含む創造的産業の振興政策などに関する研究を行う。これらのための人材育成、ネットワーク形成、中間支援等も含まれる。
 
まちづくりと自治体政策   まちづくりと地域活性化、コミュニティ政策、自治体改革、行政評価などに関する研究を行う。自治体と市民団体、NPO等との連携・協働等も含まれる。
 
市民社会と多文化共生   多文化共生とまちづくり、コミュニティ運営(NPO、市民活動等)、国際協力NGOなどに関する研究を行う。

カリキュラム構成の特色

文化政策研究科におけるカリキュラムは、修士論文作成に向けて以下の3つの段階で構成されています。

1.基礎科目

方法論を学び修士論文の構想づくりを進めるための「文化政策研究の方法」と、4つの研究専門領域における現場感覚を養う「文化政策特論」から構成されます。

2.基幹専門科目

各分野の概論的な知識を習得し、合わせて学術的な系譜を知るための「特講科目」と、各教員の研究分野に即した専門的な内容を学ぶ「専門科目」から構成されます。

3.演習科目

演習Ⅰ(M1)と演習Ⅱ(M2)から構成されます。演習Ⅰは異なる教員による2つの演習が必修となっています。これにより、研究専門領域を超えた複数教員による多角的な視野からの研究指導が行われます。演習を通じた修士論文に向けての本格的な研究指導のもと、論文提出までに3回にわたって行われる研究科全体の発表会を経て、論文を完成させていきます。
カリキュラム構成の概念図。基礎科目・基幹科目・演習科目のステップを経て、修士論文に取り組むことが示されています。

修士論文テーマ例(例)

  • 「音楽のまち・かわさき」の現状と課題 -行政・財団・市民-
  • 失われた風景文化を再現する東海道宿場町の試み -ケヴィン・リンチの思想から-
  • 郊外型設置の公立ミュージアムに関する実証研究 -来館者数に着目して-
  • 文化遺産建造物を活かした創造産業の創造性促進 -日本の事例にもとづく台湾の政策課題の検討-
  • 日本のオーケストラに関する公的支援制度の研究 -ハイブリッド型支援制度の可能性-
  • 地方圏の子どもたちに向けた芸術ワークショップの拡充 -公共文化施設におけるファシリテーターとの関係構築-
  • 歴史まちづくり法による城下町の風致 -担い手のつながりに着目して
  • 中国型文化政策としての文化創意園区 -上海「M50」に見る変容と課題-

修士論文は「静岡文化芸術大学学術リポジトリ」をご参照ください。

静岡文化芸術大学学術リポジトリ
文化政策研究科サイトの表紙画像

文化政策研究科Webサイト

文化政策研究科の修士論文、修了生などを紹介しています。
学科・研究科Webサイトは、各学科・研究科の教員によって管理・運営されています。