ホーム > 学部・大学院 > 教育の特色

教育の特色  What Makes the Education at SUAC Special


「教養と感性」「知識と能力」を身につける。

文化の力、デザインの力で社会貢献し、実務型の人材を養成することを目指しています。すべての学生が学部・学科の枠を越え、幅広い教養と独創的な感性を育むカリキュラムを学びの基礎としています。
6つの学びの特色
1. SUAC生としての基礎づくり

導入教育

SUACの導入教育の概念図。文化芸術体験演習と学芸の基礎をともに学んで、SUAC生としての個性を身につけます。

SUACならではの体験科目と専門教育につながるリテラシー科目で学びの基礎を身につけます。

文化芸術体験演習

少人数編成で、日本の伝統文化などの体験を通して、知性と感性を養います。
授業内容/茶道 4回 狂言 4回 写真 2回 俳句 2回

学芸の基礎
学びの基礎となるリテラシー(読み、書き、情報活用能力)を身につけ、論文作成やプレゼンテーション等、社会で役立つ実践的スキルを 磨きます。
SUACの教養教育の概念図。伝統的な学問分野「人文科学・社会科学・自然科学」に、SUACの特性である「芸術・デザイン」を加えた教養教育を実現しています。
2. バランスのとれた知識を

教養教育

幅広くものごとを捉える視野の広さを身につけます。先人たちの世界観や方法論に加え、最先端の研究事例を学び、実社会とのつながりを踏まえた授業を展開します。伝統的な学問分野「人文科学・社会科学・自然科学」に、SUACの特性である「芸術・デザイン」を加え、特色のある教養教育を実現します。専門分野との関連性を踏まえた俯瞰的な教育を行うこと。これがSUAC独自の専門教養です。
3. 充実した学びの中で専門性を深める

専門教育

文化政策学部では、学部学生が共通して履修できる「学部科目」をさらに充実。文化・芸術、政策・マネジメント、情報・リテラシー、観光分野をより幅広く学ぶことができます。デザイン学部では2015年度に学科を再編。広い視野でデザインの世界を理解した上で、より深く専門性を追求していきます。
SUACの実践教育の概念図。1年次の「テーマリサーチプロジェクト」と「地域連携実践演習」、2年次の「テーマ実践演習」をもとに、地域志向の卒業研究・卒業制作を行います。
4. 社会の中で役立つ力を

実践教育

卒業後の進路開拓にもつながる実践的なカリキュラム。実社会の課題を見つけ解決する方法を学ぶ「テーマリサーチプロジェクト」、現場に飛び込み体験を通して地域課題への理解を深める「地域連携実践演習」、リサーチを踏まえた自らのテーマをもって現場で主体的に実践・提案する「テーマ実践演習」の科目があります。
SUACの外国語教育の概念図。「スキル向上」「異文化理解」「学習支援」の3つの柱から成り立っています。
5. 国際的に活躍するために

外国語教育

国際社会で力を発揮するためには実践的な語学能力と幅広い文化的知識が必要です。英語と中国語の特任講師が常駐する「英語・中国語教育センター」と連携し、外国語教育を強化し、各種検定・語学留学が単位として認められます。フランス語、イタリア語、インドネシア語、ポルトガル語、韓国語などが学べる充実した環境が整っています。
また、デザイン学部の学生が制作した作品について、文化政策学部の学生と共同で、英語プレゼンテーションを実施するなど学部の垣根を越えた連携プロジェクトも行っています。
6. ひとり一人に目の行き届いた4年間

少人数教育

語学や情報処理など、多くの科目で少人数のクラス編成による教員と学生の対話、コミュニケーションを重視した環境を用意しています。一人ひとりの学生を尊重し、個々の自由な発想を導き出す、きめ細かな指導を行っています。このような少人数教育により学生は学びを深め、専門性を高めることができます。
文化政策学部×デザイン学部。コラボレーションによる豊かな学び
文化政策かけるデザインの図。文化政策学部の円とデザイン学部の円が重なり、2学部の融合性を表現しています。
静岡文化芸術大学の学生たちは、専門分野を深めていく学びだけではなく、学部や学科、学年の枠を超えて、様々な企画やプロジェクトに取り組んでいます。実践演習のような授業としてのプログラムはもちろん、学生たちが自主的に活動するユニットが多いのも本学の特長です。様々なコラボレーションを通して、自分とは違う感性に触れ、今まで知らなかった考え方に出会う。お互いを刺激し合う創造的な学びが、たくさん待っています。

1.OMOTENASHI BLUES

企業×SUAC×イズミル経済大学(トルコ)

文化的背景、専門性、性格、身体能力、あらゆる個性を融合した国際デザインチーム
イズミル経済大学デザイン学部生とともにビジネスデザイン提案のプレゼンをしている画像
デザイン学部生と文化政策学部生が、トルコ・イズミル経済大学のデザイン学部生とともにそれぞれの視点や専門性を生かしながら、トルコ・ボドルム地域の新しい価値を創出するボートチャータービジネスのデザイン提案を行いました。1週間のワークショップでは言葉だけでなくスケッチやアクションを使った熱い意見交換が繰り広げられ、エーゲ海クルーズ体験とともに忘れられない思い出となり、両学学生の間に深い絆が生まれました。今回で4回目となるこのワークショップは、開始前からトルコの全国メディアで取り上げられ、ワークショップ中の様子もテレビや新聞などで報じられました。

2.SUAC映画祭

ゆりの木通り商店街×鴨江アートセンター×東海調理製菓専門学校×SUAC

上映作品ごとに、おやつ&ワークショップを展開。映画の世界を巡って新たな発見や交流を
suac映画祭。デザイン学部の学びを活かした看板やレイアウトの画像。
異文化理解と地域交流を目的に始まったSUAC映画祭。日本ではあまり流通しない国・地域の映画上映に加え、上映後に毎回、映画にちなんだおやつ付きのワークショップやトークイベントを行うのが特徴です。文化政策学部の異文化や地域社会、文化に関する学びと、デザイン学部の空間づくりやグラフィックデザインの学び等を活かして、企画・運営の全てを両学部の学生が行っています。商店街、文化施設やアーティスト、専門学校等、様々な方の協力を得て活動しており、映画祭を通して地域の活動を知ってもらい、交流から新たな活動が生まれることを目指しています。

3.TABEBORA

学生有志×浜松市役所(協力)

店舗ブースはデザイン学部の学生の手づくり。文化政策学部の学生の発案をみんなでカタチに
タベボラ。スタッフの学生がフェアトレードのコーヒーを淹れている画像。
JR浜松駅前地下広場に、毎週日曜日に出現する「TABEBORA」は、学生たちが運営するオープンカフェ。「TABEBORA」とは“食べること”と“ボランティア”の造語で、フェアトレード店から購入したコーヒーや紅茶を淹れながら、お客様との会話を通して、フェアトレードへの理解や国際協力の輪を広げています。浜松市への協力交渉や、店舗ブースの制作、会計、料理等、すべて学生たちで役割分担。利益が出ない価格設定で運営し、集まったお金は経費やイベント費用にしています。日本初のフェアトレード大学に認定されたSUACならではの活動です。