ホーム > 学部・大学院 > 教育の基本方針 > カリキュラム・ポリシー


文化政策学部のカリキュラム・ポリシー(教育課程編成及び実施の方針)

本学のカリキュラムは、基本的に以下の3つの学びから構成される。
Ⅰ.現代社会に求められる幅広い教養を学ぶ
Ⅱ.各学部の専門分野ごとの知識や技能を学ぶ
Ⅲ.自らの選んだ課題の解決を通して、Ⅰ、Ⅱで得た知見を総合しつつ創造的な思考力を養う
文化政策学部のカリキュラムは、全学科目(Ⅰ)、学部科目(Ⅰ・Ⅱ)、学科科目(Ⅱ・Ⅲ)、さらに演習(Ⅲ)と卒業論文作成(Ⅲ)で編成される。主に1年次と2年次前期に配置された全学科目は導入教育、教養、必修外国語、実践演習、スポーツ活動、総合の科目群からなり、学部科目は文化・芸術、政策マネジメント、情報・リテラシー、観光、選択外国語の科目群からなる。そして、主に2年次以降に配置された、国際文化学科・文化政策学科・芸術文化学科の学科科目は、それぞれ専門性の高い科目群からなる。3年次には演習、4年次には卒業論文の作成により、文化政策に関わる国内外の諸問題や地域課題への取り組みを通じて、自ら課題を発見し解決する能力を身につける。さらに、各自の関心に応じて多様な知識の幅を広げるために他学部他学科科目を履修することができる(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)。
【知識・理解】

1.1年次の全学科目のうちの教養科目(Ⅰ)、1年次と2年次前期の学部科目(Ⅰ・Ⅱ)、1年次の学科科目のうちの学科基礎科目あるいは学科必修科目(Ⅱ・Ⅲ)によって、文化や芸術に関する基礎的な知識・理解を得る。さらに各学科の学科科目(Ⅱ・Ⅲ)によって、文化政策のそれぞれの専門分野において課題解決のための知識・理解を深める。

【汎用的技能】

2.1年次前期と2年次前期の全学科目のうちの実践演習科目(Ⅲ)、学部科目(Ⅰ・Ⅱ)、学科科目のうちの学科基礎あるいは学科必修科目(Ⅱ・Ⅲ)によって、文化政策に関わるさまざまな課題に取り組むための汎用的な技能を身につける。

【態度・志向性】

3.1年次前期の全学科目のうちの導入教育科目(「文化芸術体験演習」と「学芸の基礎」)、1年次のスポーツ活動によって、自らの体験を通して主体的に学習に取り組む態度や志向性を身につける。また、全学科目のうちの実践演習科目(Ⅲ)によって、地域の課題に積極的に取り組もうとする態度や志向性を身につける。

【総合的な学習経験と創造的思考力】

4.全学科目のうちの実践演習科目(Ⅲ)と1年次から4年次まで体系的に配置された学科科目のうちの専門科目(Ⅱ・Ⅲ)によって、地域の課題や文化政策に関わるさまざまな課題について総合的な学習経験を積み、3年次の演習(Ⅲ)と4年次の卒業論文(Ⅲ)に取り組むことによって、自ら課題を発見し、解決する創造的な思考力を身につける。

デザイン学部のカリキュラム・ポリシー(教育課程編成及び実施の方針)

本学のカリキュラムは、基本的に以下の3つの学びから構成される。
Ⅰ.現代社会に求められる幅広い教養を学ぶ
Ⅱ.各学部の専門分野ごとの知識や技能を学ぶ
Ⅲ.自らの選んだ課題の解決を通して、Ⅰ、Ⅱで得た知見を総合しつつ創造的な思考力を養う
デザイン学部のカリキュラムは、全学科目(Ⅰ)、デザイン共通科目(Ⅰ・Ⅱ)、デザイン専門科目(Ⅱ・Ⅲ)、さらに領域専門演習(Ⅱ・Ⅲ)、総合演習(Ⅲ)、卒業研究・制作(Ⅲ)で編成される。主に1年次と2年次に配置された全学科目は導入教育、教養、必修外国語、実践演習、スポーツ活動、総合の科目群からなり、デザイン共通科目はデザイン基礎、デザイン技法、ユニバーサルデザインの科目群からなる。そして、1年次後期以降に配置されたデザイン専門科目は、デザインフィロソフィー、プロダクト、ビジュアル・サウンド、建築・環境、インタラクション、匠の各領域に関する知識・技能を深める専門性の高い科目群からなる。3年次には領域専門演習、総合演習、4年次には卒業研究・制作により、自ら課題を発見し解決する能力を身につける。さらに、各自の関心に応じて多様な知識の幅を広げるために、他学部科目を履修することができる(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)。
【知識・理解】

1.1年次の全学科目のうちの教養科目(Ⅰ)、1年次と2年次のデザイン共通科目のうちのデザイン基礎(Ⅱ)・ユニバーサルデザイン(Ⅱ)を履修することによって、デザインに関する基礎的な知識・理解を得る。さらにデザイン専門科目(Ⅱ・Ⅲ)によって、デザインのそれぞれの専門分野において課題解決のための知識・理解を深める。

【汎用的技能】

2.1年次と2年次の全学科目のうちの実践演習科目(Ⅲ)、デザイン共通科目のうちのデザイン技法(Ⅱ)によって、デザインに関わるさまざまな課題に取り組むための汎用的な技能を身につける。

【態度・志向性】

3.1年次前期の全学科目のうちの導入教育科目(「文化芸術体験演習」と「学芸の基礎」)、1年次のスポーツ活動によって、自らの体験を通して主体的に学習に取り組む態度や志向性を身につける。また、全学科目のうちの実践演習科目(Ⅲ)によって、地域の課題に積極的に取り組もうとする態度や志向性を身につける。

【総合的な学習経験と創造的思考力】

4.全学科目のうちの実践演習科目(Ⅲ)と1年次から4年次まで体系的に配置されたデザイン専門科目(Ⅱ・Ⅲ)によって、地域の課題やデザインに関わるさまざまな課題について総合的な学習経験を積み、3年次前期の領域専門演習(Ⅱ・Ⅲ)、3年次後期と4年次前期の総合演習(Ⅲ)、4年次の卒業研究・制作(Ⅲ)に取り組むことによって、自ら課題を発見し、解決する創造的な思考力を身につける。