ホーム > 大学紹介 > 静岡文化芸術大学基金

静岡文化芸術大学基金


ご寄附のお願い


静岡文化芸術大学 学長 横山俊夫

日ごろ、静岡文化芸術大学の教育研究の推進、また学生の様々な活動に対しましてご支援を賜り、あつくお礼を申し上げます。

本学は、平成12(2000)年の開学以来、豊かな人間性と的確な時代認識を持ち、国際社会の様々な分野で活躍できる人材を養成するとともに、開かれた大学として地域社会および国際社会の発展への貢献に努めてまいりました。この間、大学院の開設や文明観光学コース、匠領域の新設など、本学の教育研究活動を順次拡充し、今後も、ここ浜松の地が生んだユニークな大学として、その使命を全うすべく歩んでまいります。

こうした中、平成29(2017)年、本学は、学生の留学や地域貢献活動支援をはじめ、国内外の学会での研究発表奨励などをさらに積極的に展開するため、「静岡文化芸術大学基金」を設けました。そして、翌30年から、この基金には既に多くの皆様からご寄附を賜っております。そのご厚意に深く感謝を申し上げますとともに、頂戴いたしましたご寄附は、基金運営委員会の慎重な審査のもと、有効な使途に使わせていただいております。

今後も、皆様からのご厚意がさらに積み重なり、本基金が、本学学生の大きな飛躍の土台となること、また、本学の研究が広がりと深みを増すための基盤となることを願っております。 皆様におかれましては、この基金の趣旨をご理解いただき、引き続き格別のご支援を賜りますようお願い申し上げます。