ホーム > 学部・大学院 > 文化政策学部 > 文明観光学コース(3学科共通)

文明観光学コース

文明観光学コース

世界と日本をつなぎ、観光立国を目指す時代へ。
新しい学問領域から、次世代の人材を育成します。

世界中の人々が、魅力的な出会いを求めて旅をする観光のグローバル化が進む中、観光は日本や地域の経済を活性化させる重要な成長分野になっています。そのような社会に求められているのは、文明という広い視野から観光というもののもつ創造力を捉えようとする新しい学問領域です。
本コースは、その知見に基づいて、新たな観光資源の発掘や文化・芸術を活用した観光事業の開発に携わる人材の育成を目指します。

目指す人物像

新しい観光資源の発掘

名所・旧跡や食・温泉などの観光資源に加え、文化遺産や産業遺産、芸術文化活動など、新しい観光資源の発掘を担える人材を育成します。

観光分野における地域活性化

静岡県内を中心に行うフィールドワークの体験を活かし、地場産業や伝統文化を踏まえ、観光分野における地域活性化を推進できる人材を育成します。

グローバルな視野による貢献

実践的な外国語能力と文化・芸術分野の実務能力を備え、グローバルな視野から地域の観光産業に貢献できる人材を育成します。

コースの仕組みと履修の流れ

本コースは、文化政策学部の3学科すべての学生が履修することができます。
文明観光学コースは、文化政策学部の3学科すべての学生が履修することができます。
1年次   ガイダンスでカリキュラム(必修・選択科目、ゼミ選択など)についての説明を受け、該当する科目を1年次から2年次の間に履修します。
 
2年次   ゼミ説明会や面談などを経た上で、文明観光学ゼミを選択します。
(一定の定員があります)
 
3年次から
4年次
  文明観光学コース専任教員によるゼミに所属し、卒業研究の指導を受けます。

文明観光学コースを履修した学生は、文化政策学部各学科の卒業証書に加え、文明観光学コースの修了証を取得します。

開講科目例

文明と観光

担当教員:横山俊夫 学長 他  開講年次:1年次前期

文明観光学コースの基礎となる必修科目です。まず「文明」と「観光」の概念が多様であることを示して、その上で、現代の世界や日本の諸地域に望ましい「文明」を考えつつ、「観光」について考えます。

観光学概論

担当教員:石本東生 教授  開講年次:1年次前期

世界と日本における観光の発祥から、団体旅行などのマスツーリズムへの発展と課題、その後のオルタナティブ・ツーリズムやサステイナブル・ツーリズムへの展開など、観光の歴史的潮流を広い視野から学びます。

観光地理学

担当教員:青木 健 教授  開講年次:2年次後期
自然環境と社会の関係を解く地理学の視点から、観光について考えます。特に、異なる文化圏の人々が交流し交易した、日本の東海道、ユーラシアのシルクロードなどの街道を取り上げ、観光資源としての魅力を探ります。

履修モデル

このモデルは例を示したものであり、個々の学生の関心により、実際の入学時から2年次頃までの選択科目(全学、学部、学科)、卒業研究のテーマは異なります。
文明観光学コースの履修モデルの図

専任教員

氏名 職位 研究分野
青木 健 教授 イラン学(ゾロアスター教研究、マニ教研究、イスラーム研究)
石本 東生 教授 観光学、観光政策、文化観光、初期ビザンティン史