ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 文化政策学部 教員紹介 > 藤井 康幸

教員紹介


藤井 康幸

FUJII Yasuyuki
 

教授

文化政策学部 文化政策学科
大学院 文化政策研究科

E-mailアドレス yfj@suac.ac.jp

キーワード:地域活性化、地域の個性、人口減少社会、持続可能都市、セクター協働
出身地 兵庫県西脇市
学歴
東京大学工学部都市工学科卒業(1986年)
University of California, Los Angeles (UCLA), M.A., Urban Planning(1991年)
東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻博士課程単位取得満期退学(2015年)
学位
博士(工学)(東京大学、2017年)
博士論文題目『米国におけるランドバンクによる空き家・空き地問題対処に関する研究』
経歴
清水建設株式会社 地域開発部、神戸支店、ほか(1986年から2001年)
株式会社富士総合研究所/みずほ情報総研株式会社 都市・地域研究室、社会政策コンサルティング部、ほか(2001年から2018年)
静岡文化芸術大学文化政策学部教授(2018年から)
東京大学先端科学技術研究センター 都市環境システム分野 協力研究員(1993年から1995年、兼任)
筑波大学 システム情報工学研究科社会システム工学専攻 非常勤講師(2005年から2008年、兼任)
資格
技術士(建設部門 都市及び地方計画)
AICP(American Institute of Certified Planners、米国認定都市プランナー)
土地区画整理士
宅地建物取引主任者
担当授業分野 都市経営論、地域計画論、創造都市論、公共政策特講、ほか
研究分野 都市・地域計画、まちづくり、創造都市
研究テーマ 個性的で魅力ある都市、持続可能な都市、都市・地域にかかる計画と政策の領域
研究業績

著書・訳書

  • 共著「都市計画が壊した都市景観事例とその課題」、土田旭・都市景観研究会編『日本の街を美しくする-法制度・技術・職能を問い直す』学芸出版社、2006年2月、pp. 182-192.
  • 共著「米国における空き家・空き地問題への対処 — 市場メカニズム活用とランドバンク」、日本建築学会編『都市縮小時代の土地利用計画』学芸出版社、2017年7月、pp. 207-213.
  • 共訳「カリフォルニアのまちづくり‐都市計画の最先端地域から学ぶ」、花木啓祐・藤井康幸、技報堂出版、1994年5月(原著: William Fulton (1991) Guide to California Planning, Point Arena: Solano Press Books)

査読論文

  • 藤井康幸・大方潤一郎・小泉秀樹(2013)『米国ミシガン州ジェネシー郡におけるランドバンクの担う差押不動産、空き家・空き地対策の研究』日本都市計画学会都市計画論文集 Vol. 48 No. 3, pp. 993-998. 2013年10月
  • 藤井康幸・大方潤一郎・小泉秀樹(2014)『米国オハイオ州クリーブランドにおける二層のランドバンクの担う差押不動産対応、空き家・空き地対策の研究』日本都市計画学会都市計画論文集 Vol. 49 No. 1, pp. 101-112. 2014年4月
  • Fujii, Yasuyuki. (2015). Spotlight on the main actors: How land banks and CDCs stabilize and revitalize Cleveland neighborhoods in the aftermath of the foreclosure crisis. Housing Policy Debate, pp. 1-20, published online 5 October 2015.
  • 藤井康幸(2015)『米国デトロイト市におけるランドバンクによる地区を選別した空き家・空き地問題への対処』日本都市計画学会都市計画論文集 Vol. 50 No. 3, pp. 1032-1038. 2015年10月
  • Fujii, Yasuyuki. (2016). Putting the pieces together: How collaboration between land banks and community land trusts can promote affordable housing in distressed neighborhoods. Cities, pp. 1-8, published online 24 February 2016.
  • 藤井康幸(2016)『米国における滞納物件、空き家等の差押後の所有、納税状況の変化とランドバンクの役割:クリーブランド市におけるケーススタディ』日本都市計画学会都市計画論文集 Vol. 51 No. 3, pp. 798-803. 2016年10月

査読なし論文

  • 藤井康幸(2007)『シンガポールの都市国家形成の評価』財団法人計量計画研究所IBSフェローシップ研究

国際会議プロシーディング・口頭発表(アブストラクト審査招待)

  • Fujii, Yasuyuki. “Housing market and the activities of land banks in socioeconomically distressed neighborhoods in Cleveland, Ohio, the United States”. Shrinking Cities: Implications for Housing and the Built Environment, Research Committee on Housing and Built Environment – Research Committee 43, XVIII ISA World Congress of Sociology. Yokohama, Japan. July 16, 2014.
  • Fujii, Yasuyuki. “Second best ways to repurpose abandoned and vacant properties without a land bank”. The ACSP 54th Annual Conference. Philadelphia, United States. October 30, 2014.
  • Fujii, Yasuyuki. “The partnering government and utilization of land banks”. The ACSP 55th Annual Conference. Houston, United States. October 24, 2015.

官公庁からの受託調査研究報告書におけるテーマ
(2001年から2018年、抜粋)

地域拠点都市、国際拠点都市、公共事業・サービスにおける公共と民間のパートナーシップ、米国のコミュニティ開発・アフォーダブル住宅供給、スローライフ、社会変化と都市政策、中心市街地活性化、都市再生、構造改革特区と対日投資促進、地方都市の再生戦略、集落コミュニティ、高齢社会、MICE、マンション建替、マンションコミュニティ、テレワーク、インバウンド観光、医療観光、コミュニティビジネス、防災政策
所属学会・団体 日本都市計画学会、日本都市学会、日本都市社会学会、日本テレワーク学会、日本文化政策学会、American Planning Association/American Institute of Certified Planners
社会的活動 認定特定非営利活動法人日本都市計画家協会、世田谷トラストまちづくり、ふじのくに大学コンソーシアムゼミ事業(藤枝蓮華寺池公園・旧東海道商店街誘客)、浜松市環境審議会委員、浜松市行政区画等審議会委員、日本都市計画学会中部支部幹事

 

メッセージ

都市計画とまちづくりは、対比のなかなか難しい用語です。都市計画は、基本的には行政用語です。一方、もっぱら平仮名で表記されるようになったまちづくりは、都市の物的な事項ほか、地域社会の様々な事項を扱う市民主体の取組を指すようになりました。しかしながら、都市計画とまちづくりは、決して相反するものではありません。行政、市民ほかの関係者の協力のもとで、ハードとソフトの両面から良いまちにするという共通目標に向かって進められていくべきといえます。
計画は、英語にするとプラン、あるいは、動態的にプランニングとなります。当然に、計画して終わりではなく、実施と実施後の修正が必要となります。また、都市を広くとらえると地域となり、都市・地域計画と呼ばれたりします。
 
都市・地域計画、まちづくりは間口が広く、かつ、対象や重点分野は時代の要請に応じて変化することが特徴的です。例えば、現在では、地球環境は都市・地域計画、まちづくりにおいて避けて通ることのできない議題となり、社会的包摂は、計画と実施において考慮すべき重要な事項といえます。同時に、都市・地域計画、まちづくりにおいては、関連する異なるセクターの協働が肝要となります。ここでいうセクターとは、行政、市民・住民、企業等です。大学や学校も加えてもいいと思います。どのセクターが発案、主導しようが、他の様々なセクターとのやりとりは必然となります。
 
都市・地域計画、まちづくりにおいては、スケール感と時間軸を意識しつつ、取り組むことが必要になります。例えば、地区や近隣コミュニティの問題と、広域的な緑地の保全では、スケールが異なり、アプローチは異なってきます。比較的、短期間に物事を決めて実施すべき事項もあれば、合意形成、また実施に時間を要するような事項もあることでしょう。
 
創造都市については、実践、理論の両面で今後の進展の期待されている新しいトピックで、地域の文化、内発的な取組といったキーワードでとらえていきたいと、私自身、楽しみにしています。
 
未来の社会はますます複雑となることでしょう。そこでは、グローカルなものの考え方、対話、提案、他者理解といったスキルが重要となります。都市・地域、まちづくり分野の学習や経験は、こうした考え方やスキルを養うに適したものに思います。湧き出る好奇心と豊かな発想をもって、授業や演習に参加していただくことを期待します。