ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 文化政策学部 教員紹介 > 森山 一郎

教員紹介


森山一郎

森山 一郎

MORIYAMA Ichiro
 

文化政策学科長 教授

文化政策学部 文化政策学科
大学院 文化政策研究科

E-mailアドレス i-mori@suac.ac.jp

キーワード:マーケティング戦略、小売流通、地域産業、地域ブランド
出身地 東京都
学歴 慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了(1992年)
千葉商科大学大学院政策研究科博士課程単位取得満期退学(2008年)
学位 修士(経営学)、博士(政策研究)
経歴 株式会社ダイエー(1983年から1995年)
ディズニーストア・ジャパン株式会社(1995年から1997年)
日本コカ・コーラ株式会社(1997年から2008年)
浜松大学ビジネスデザイン学部(2008年から2013年)
静岡文化芸術大学准教授(2014年)、教授(2016年から)
担当授業分野 経営学、マーケティング論 など
研究分野 マーケティング論、流通論
研究テーマ マーケティング戦略、流通システム、地域ブランディング
研究業績 著書
  • 『やさしく学べる経営学』(共著、創成社、2018年)
  • 『1からの流通システム』(共著、中央経済社、2018年)
  • 『やさしく学ぶ経営学』(共著、創成社、2015年)
  • 『消費変質―エディターシップ時代の到来』(共著、同文舘出版、2015年)

論文・解説
  • 「インターナル・マーケティングによる需要創造-長坂養蜂場の事例から-」
  • 『静岡文化芸術大学研究紀要』第18巻,2018年3月
  • 「ダイエーにおける牛肉事業の展開プロセスとその意義-垂直統合が競争優位をもたらす要因」,『流通研究』,第18巻2号, 2016年3月
所属学会・団体 日本商業学会、日本マーケティング学会、日本流通学会、
日本ダイレクトマーケティング学会、慶應義塾経営管理学会
社会的活動 静岡市大規模小売店舗立地審議会 会長
静岡市商業環境形成審査会 委員
浜松市中央卸売市場開設運営協議会 会長
浜松市遠州産地振興協議会 委員

 

メッセージ

地域企業の市場創造に向けて

研究テーマはおもに2つです。まず、われわれの生活と密接な関係を持っている「小売流通」の研究。小売業を起点とした市場創造のあり方について検討しています。そして、浜松における地域産業の研究。マーケティングや地域ブランディングの観点から、先進的・試行的な取り組みについて調査・分析しています。
このような研究テーマは、これまでの実務経験から生まれてきたものです。教員になる前は、小売企業やメーカーで経営企画・販売企画などの仕事に携わってきました。これらを通じて、企業が生き残るためには、市場(顧客)と真摯に向き合い、その不満やニーズを探り、それを自社の製品・サービス・売場に反映させる取り組みを繰り返していく必要性を強く認識したことが、マーケティングを中心とした経営問題に関心を持つきっかけになりました。
教育面では、基本的なセオリーの習得に力を入れて取り組みます。基本的なセオリーが頭に入っていてこそ、世の中の事象についてさまざまな観点から分析・検討することができます。セオリーを手がかりに、社会の動きをみつめ、そこに新たなニーズの種を見出していく・・・そのような人材を育てたいと考えています。
学生や地域企業の皆さんと、組織における有効な市場創造・市場適応のあり方を考え、それを実践していくことが目標です。